(C)MAZIMICKEY

2018年5月13日、東京競馬場でヴィクトリアマイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。リスグラシュー、アエロリット、ミスパンテール、アドマイヤリード、ソウルスターリング、レッツゴードンキ、デンコウアンジュ、カワキタエンカらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

古馬牝馬限定のGIは従来秋のエリザベス女王杯しかなかったが、春シーズンにもGIをということでレース体系が整備され2006年に第1回が行われたのがヴィクトリアマイルだ。ステップレースとして様々な路線から来る馬も多く、最も多いのはGⅡ・阪神牝馬Sであるものの、それ以外にもGⅠ・高松宮記念のようにスプリント路線からやドバイからの遠征帰りが挑戦するなど多士済々といったメンバー構成になりやすいレースである。

また、2013年・2014年はヴィルシーナが2015年・2016年はストレートガールが連覇していて、昨年2017年の優勝馬アドマイヤリードが今年も連覇するかどうかも注目のポイントとなっている。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

7つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。(対象データ:2008年~2017年に行われたヴィクトリアマイル)


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系以外は消し!
ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!
ポイント4 レース間隔5-9週以外は消し!
ポイント5 前走6番人気以下は消し!
ポイント6 前走1400m組は消し!
ポイント7 関東馬は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

上記でも触れたように三連単の配当で見ると荒れる年のほうが圧倒的に多いのがヴィクトリアマイルの特徴だ。ただし、それでも、人気別に集計した場合、単勝8番人気以下になるような極端な人気薄の馬の成績は奮わない。

馬名人気予想オッズ
アエロリット24.9
アドマイヤリード45.6
エテルナミノル16179.9
カワキタエンカ926.8
クインズミラーグロ18335.4
ジュールポレール1031.2
ソウルスターリング610.8
デアレガーロ1364.8
デンコウアンジュ822.4
ミスパンテール35.5
メイズオブオナー15164.3
ラビットラン1239.7
リエノテソーロ17200.0
リスグラシュー13.0
レーヌミノル1133.4
レッツゴードンキ510.1
レッドアヴァンセ720.6
ワントゥワン14113.8

人気薄・単勝8番人気以下の出走馬は……

エテルナミノル
カワキタエンカ
クインズミラーグロ
ジュールポレール
デアレガーロ
デンコウアンジュ
メイズオブオナー
ラビットラン
リエノテソーロ
レーヌミノル
ワントゥワン

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系以外は消し!

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系のみが活躍しているといっても過言ではない。ディープインパクトやフジキセキ、タニノギムレットに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するようなマイルから中距離で特に目立ちヴィクトリアマイルは絶好の舞台と言える。

馬名父・血統分類
アエロリットニアークティック系
アドマイヤリードロイヤルチャージャー系
エテルナミノルネイティヴダンサー系
カワキタエンカロイヤルチャージャー系
クインズミラーグロロイヤルチャージャー系
ジュールポレールロイヤルチャージャー系
ソウルスターリングニアークティック系
デアレガーロロイヤルチャージャー系
デンコウアンジュニアークティック系
ミスパンテールロイヤルチャージャー系
メイズオブオナーロイヤルチャージャー系
ラビットランナスルーラ系
リエノテソーロネイティヴダンサー系
リスグラシューロイヤルチャージャー系
レーヌミノルロイヤルチャージャー系
レッツゴードンキネイティヴダンサー系
レッドアヴァンセロイヤルチャージャー系
ワントゥワンロイヤルチャージャー系

父・ロイヤルチャージャー系以外の馬は……

アエロリット
エテルナミノル
ソウルスターリング
デンコウアンジュ
ラビットラン
リエノテソーロ
レッツゴードンキ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

馬産地について注目をすると、本来クラシック戦線で中心となる中距離では社台グループが現在の日本競馬界を席巻しているが、マイル路線・牝馬路線ではその傾向は薄れ、ヴィクトリアマイルでは特に社台ファームの成績が芳しくない。

馬名生産牧場
アエロリットノーザンファーム
アドマイヤリードノーザンファーム
エテルナミノルフジワラフアーム
カワキタエンカ木田牧場
クインズミラーグロ富田牧場
ジュールポレール社台コーポレーション白老ファーム
ソウルスターリング社台ファーム
デアレガーロノーザンファーム
デンコウアンジュ磯野牧場
ミスパンテール三城牧場
メイズオブオナーケイアイファーム
ラビットランAlexander Groves Matz LLC
リエノテソーロOak Bluff Stables LLC
リスグラシューノーザンファーム
レーヌミノルフジワラフアーム
レッツゴードンキ清水牧場
レッドアヴァンセノーザンファーム
ワントゥワン社台ファーム

社台ファーム生産馬は……

ソウルスターリング
ワントゥワン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 レース間隔5-9週以外は消し!

レース間隔からポイントを探すとヴィクトリアマイルの前、5-9週で一度出走した馬のほうが優秀な成績を残している。はじめからヴィクトリアマイルに挑戦する前提で陣営がスケジュールを立てじっくりと調整を進めてきた実力馬が結果を出せていることがわかる。

馬名レース間隔
アエロリット11
アドマイヤリード5
エテルナミノル5
カワキタエンカ3
クインズミラーグロ5
ジュールポレール5
ソウルスターリング5
デアレガーロ12
デンコウアンジュ3
ミスパンテール5
メイズオブオナー9
ラビットラン5
リエノテソーロ7
リスグラシュー5
レーヌミノル7
レッツゴードンキ7
レッドアヴァンセ5
ワントゥワン5

レース間隔5-9週以外の馬は……

アエロリット
カワキタエンカ
デアレガーロ
デンコウアンジュ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走6番人気以下は消し!

比較的各馬の実力関係が事前にはっきりわかる牝馬路線では、前走でもある程度人気が上位に支持されていることが多く、前走でも人気がなかった馬がヴィクトリアマイルで好走する例は少ない。

馬名前走人気
アエロリット5
アドマイヤリード3
エテルナミノル12
カワキタエンカ1
クインズミラーグロ13
ジュールポレール5
ソウルスターリング2
デアレガーロ4
デンコウアンジュ4
ミスパンテール4
メイズオブオナー3
ラビットラン6
リエノテソーロ13
リスグラシュー1
レーヌミノル7
レッツゴードンキ3
レッドアヴァンセ11
ワントゥワン8

前走6番人気以下の馬は……

エテルナミノル
クインズミラーグロ
ラビットラン
リエノテソーロ
レーヌミノル
レッドアヴァンセ
ワントゥワン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント6 前走1400m組は消し!

前走距離の視点で見た時にやはりマイルが適距離の馬の活躍が目立つ。マイル前後の距離では1400mから延長した馬がヴィクトリアマイルでは対応できていないことがわかる。

馬名前走距離
アエロリット1800
アドマイヤリード1600
エテルナミノル1600
カワキタエンカ1800
クインズミラーグロ1600
ジュールポレール1600
ソウルスターリング1600
デアレガーロ1400
デンコウアンジュ1800
ミスパンテール1600
メイズオブオナー1600
ラビットラン1600
リエノテソーロ1200
リスグラシュー1600
レーヌミノル1200
レッツゴードンキ1200
レッドアヴァンセ1600
ワントゥワン1600

前走1400mのレースに出走した馬は……

デアレガーロ

ここではこの馬が消える。

ポイント7 関東馬は消し!

西高東低と言う長らく競馬界で常識となっている東西の能力差が、関東で行われるGⅠという関東馬にとっての地の利を凌駕するほどにあり、関東馬は実力・人気共に兼ね備えた馬しか結果を残せていない。

馬名所属調教師
アエロリット関東菊沢隆徳
アドマイヤリード関西須貝尚介
エテルナミノル関西本田優
カワキタエンカ関西浜田多実
クインズミラーグロ関西野中賢二
ジュールポレール関西西園正都
ソウルスターリング関東藤沢和雄
デアレガーロ関東大竹正博
デンコウアンジュ関西荒川義之
ミスパンテール関西昆貢
メイズオブオナー関西藤原英昭
ラビットラン関西角居勝彦
リエノテソーロ関東武井亮
リスグラシュー関西矢作芳人
レーヌミノル関西本田優
レッツゴードンキ関西梅田智之
レッドアヴァンセ関西音無秀孝
ワントゥワン関西藤岡健一

関東馬は……

アエロリット
ソウルスターリング
デアレガーロ
リエノテソーロ

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

アドマイヤリード
ミスパンテール
リスグラシュー

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事