(C)shin1k

2019年3月3日、中山競馬場で弥生賞(GⅡ/芝2000m)が行われる。JRAは開催に際し、出走馬と枠順を確定した。

今回は発表された出走馬と枠順・馬番の一覧を見ていく。また、過去のデータを振り返り、有利な枠や不利な枠の傾向を探っていこう。

果たしていい枠を引いたのは? 枠順に泣く有力馬はいるのか? 枠順発表の結果、浮上してくる穴馬とは?

なお、特別な注釈がない限り、データは過去10年のものとする。


2019年:弥生賞の出走馬・枠順

(C)shin1k

1枠1番 ラストドラフト 牡3 / 56kg ルメール騎手 戸田厩舎
2枠2番 ニシノデイジー 牡3 / 56kg 勝浦騎手 高木厩舎
3枠3番 カントル 牡3 / 56kg Mデムーロ騎手 藤原英厩舎
4枠4番 サトノラディウス 牡3 / 56kg 武豊騎手 国枝厩舎
5枠5番 シュヴァルツリーゼ 牡3 / 56kg 石橋脩騎手 堀厩舎
6枠6番 ヴァンケドミンゴ 牡3 / 56kg ミナリク騎手 藤岡厩舎
7枠7番 ラバストーン 牡3 / 56kg 江田照騎手 大江原厩舎
7枠8番 ブレイキングドーン 牡3 / 56kg 福永騎手 中竹厩舎
8枠9番 ナイママ 牡3 / 56kg 柴田大騎手 河津裕厩舎
8枠10番 メイショウテンゲン 牡3 / 56kg 池添騎手 池添兼厩舎

過去の枠順傾向は?

1枠 ( 1- 0- 0- 9/10 )
勝率 10.00% │ 単勝回収値 17
複勝率 10.00% │ 複勝回収値 11

2枠 ( 0- 2- 2- 7/11 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値 0
複勝率 36.40% │ 複勝回収値 180

3枠 ( 1- 2- 4- 4/11 )
勝率 9.10% │ 単勝回収値 264
複勝率 63.60% │ 複勝回収値 158

4枠 ( 1- 1- 3- 8/13 )
勝率 7.70% │ 単勝回収値 48
複勝率 38.50% │ 複勝回収値 171

5枠 ( 0- 1- 1-14/16 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値 0
複勝率 12.50% │ 複勝回収値 58

6枠 ( 2- 0- 0-16/18 )
勝率 11.10% │ 単勝回収値 125
複勝率 11.10% │ 複勝回収値 31

7枠 ( 1- 4- 0-15/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値 8
複勝率 25.00% │ 複勝回収値 52

8枠 ( 4- 0- 0-16/20 )
勝率 20.00% │ 単勝回収値 45
複勝率 20.00% │ 複勝回収値 24

2019年のレース展望

(C)raracame15c

人気が予想されるラストドラフトは1枠1番、ニシノデイジーは2枠2番、カントルは3枠3番に入った。

弥生賞は過去10年の成績を見ると内枠有利の傾向にある。特に1〜4枠は複勝率が50%オーバーという極めて優秀な成績だ。

ただし、中山競馬場の路盤改修後の成績を見てみると、7枠8枠が複勝率ベースでいうと2、3位(10番人気以内が対象)になっている。内枠が不利になったというわけではないものの、少なくとも改修前ほど外枠が不利という傾向にはないということだ。

もっとも、先週の中山記念は1枠1番のウインブライトが1着、3枠3番のラッキーライラックが2着に激走した。一方、外枠に入ったエポカドーロやスワーヴリチャードは着内に入れず。

よって、例年の傾向としては「フラット」と頭に入れつつ、当週の馬場状態を見ながら優劣をつけていくのが良さそうだ。

おすすめの記事