重馬場も?マイルCS2017が道悪になったら…雨に強い血統・種牡馬データ一覧


(C)Yusuke Tsutaya

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

しかし、天気予報はあいにくの雨。稍重(やや重)、重馬場、不良馬場といった道悪の中で開催される可能性がある。

では、馬場が渋ったときに台頭してくる馬とは、どんな馬なのか? 強調できる血統を分析していくことにしよう。


出走予定馬の重馬場実績は?

着別度数
ダノンメジャー3- 1- 0- 2/ 6
ムーンクレスト2- 2- 3- 3/10
サングレーザー2- 1- 1- 0/ 4
エアスピネル2- 0- 0- 0/ 2
アメリカズカップ2- 0- 0- 0/ 2
サトノアラジン1- 1- 1- 2/ 5
マルターズアポジー1- 1- 0- 1/ 3
レッドファルクス1- 0- 1- 2/ 4
ジョーストリクトリ1- 0- 0- 2/ 3
ウインガニオン1- 0- 0- 2/ 3
レーヌミノル1- 0- 0- 1/ 2
ブラックムーン1- 0- 0- 1/ 2
グランシルク0- 2- 2- 2/ 6
イスラボニータ0- 2- 0- 1/ 3
ガリバルディ0- 1- 1- 4/ 6
ヤングマンパワー0- 1- 0- 1/ 2
ペルシアンナイト0- 0- 1- 1/ 2
クルーガー0- 0- 1- 0/ 1
勝率複勝率単回値複回値
ダノンメジャー50.0%66.7%201141
ムーンクレスト20.0%70.0%110138
サングレーザー50.0%100.0%200160
エアスピネル100.0%100.0%325140
アメリカズカップ100.0%100.0%1245260
サトノアラジン20.0%60.0%32100
マルターズアポジー33.3%66.7%173223
レッドファルクス25.0%50.0%12595
ジョーストリクトリ33.3%33.3%1703266
ウインガニオン33.3%33.3%31090
レーヌミノル50.0%50.0%2040240
ブラックムーン50.0%50.0%16575
グランシルク0.0%66.7%098
イスラボニータ0.0%66.7%0116
ガリバルディ0.0%33.3%038
ヤングマンパワー0.0%50.0%0105
ペルシアンナイト0.0%50.0%065
クルーガー0.0%100.0%0780

集計期間:2013.12.21 ~ 2017.10.29

※やや重、重馬場、不良馬場が対象

エアスピネルは2戦2勝。前回の富士ステークスでも強さを見せた。またサングレーザーは4回走ってすべて馬券圏内に入ってきている。

一方、イスラボニータは3回走って勝利はゼロ。またサトノアラジンは不良馬場だった前走の天皇賞秋で惨敗を喫している。

道悪で強調できる種牡馬は?

種牡馬着別度数
ディープインパクト45- 54- 66-546/711
キングカメハメハ30- 35- 29-364/458
ステイゴールド30- 32- 32-393/487
ダイワメジャー28- 31- 33-330/422
アドマイヤムーン21- 18- 9-175/223
ハービンジャー19- 26- 25-230/300
マンハッタンカフェ19- 22- 28-225/294
フジキセキ10- 6- 13- 88/117
スウェプトオーヴァーボード4- 4- 4- 77/ 89
スニッツェル1- 1- 2- 21/ 25
ジョーカプチーノ1- 1- 0- 5/ 7
ゴスホークケン1- 1- 0- 5/ 7
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.3%23.2%7675
キングカメハメハ6.6%20.5%8461
ステイゴールド6.2%19.3%7976
ダイワメジャー6.6%21.8%11285
アドマイヤムーン9.4%21.5%15980
ハービンジャー6.3%23.3%115101
マンハッタンカフェ6.5%23.5%9683
フジキセキ8.5%24.8%11092
スウェプトオーヴァーボード4.5%13.5%5157
スニッツェル4.0%16.0%2238
ジョーカプチーノ14.3%28.6%730198
ゴスホークケン14.3%28.6%7495

集計期間:2013. 1.14 ~ 2017.11.11


※芝1600〜2400m
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※やや重、重馬場、不良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

ディープインパクトやキングカメハメハといったクラシック血統はパフォーマンスを下げる傾向に。一方、ハービンジャーやマンハッタンカフェ、フジキセキやダイワメジャーは高い回収率を記録している。このあたりに注目していくのも面白いだろう。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る