マイルCS2017の予想分析…サトノアラジン春秋マイル王へ!2つの期待と不安


(C)Ko-Mei

2017年11月19日、京都競馬場において秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップ(GⅠ/芝1600m)が行われる。

2014年皐月賞馬イスラボニータ、前哨戦の富士ステークスを快勝し急遽武豊騎手からムーア騎手に乗り替わりが発表されたエアスピネル、スプリンターズステークス連覇のレッドファルクス、個性派逃げ馬マルターズアポジー。

これらの強豪達が多数出走し、大混戦が予想される今年のマイルチャンピオンシップ。

今回は春のマイル王安田記念馬であるサトノアラジンにフォーカス。好走への期待と不安を挙げていこう。


期待① 前走内容とローテーション

前走は10月29日に東京競馬場芝2000mで行われたGⅠ天皇賞(秋)だったが、史上最悪の馬場とも言われた状況でキタサンブラックと武豊騎手が神がかり的な騎乗で勝利する中、サトノアラジンはいいところなく8.6秒差の最下位18着に沈んだ。

ただし、雨を極端に嫌がるサトノアラジンはパドックの段階から走る気が失せていたという話もある。

鞍上の川田騎手もレース後に「少しでも雨が降ると良くない馬」とコメントしている。

とはいえ、これだけの着差や今回の追い切り後の川田騎手のコメント「全く走ることができなかったので馬券を買ってくれていたお客さんには申し訳ない」からも必ずしも本気で走っておらず余力を残してレースをこなしたと思われる。

実際、厩舎サイドによれば、天皇賞(秋)のレース後の疲れはないとのことで、当初、この秋は3戦の予定としていたところを急遽変更し、マイルチャンピオンシップの後は昨年と同様に12月10日の香港マイルに向かうことになった。


また、前走天皇賞(秋)組は過去10年間で18頭が出走し3勝3着1回と前走レース別では最多勝利となっていて、3着以内の4頭はすべて過去にGⅠ連対経験のある馬となっていてサトノアラジンは条件に該当することからも期待が持てる。

期待② 血統

サトノアラジンの血統は父ディープインパクト、母マジックストームである。

ディープインパクト産駒は過去10年で32頭出走し、3勝2着2回3着2回と好走し、ここ5年連続で3着以内に入っている。

種牡馬別成績の中でも出走頭数が断トツに多いことから(2位がダンスインザダークの11頭)も、ディープインパクト産駒の活躍が期待できるレースと言うことができる。

不安① 年齢

年齢別では、古馬の充実期を迎える4歳が過去10年で3勝、5歳が4勝している。

サトノアラジンは6歳だが、6歳馬は過去10年で35頭が出走し、2勝2着1回3着1回と4歳馬5歳馬にどうしても見劣りする結果となっている。

まだ1度も3着以内に入ったことのない3歳馬よりは期待できるものの、不安を拭い去るほどの成績を6歳馬は残していないのが現状と言える。

不安② 天候と馬場

もう一つの不安点はやはり天候と馬場である。

サトノアラジン陣営はパンパンの良馬場でのレース開催を希望しているが、土曜日に全国的に雨が予想されている今週末、どこまで馬場が回復するかは不透明でありつつも大きな鍵を握ってくる。

稍重までなら過去に勝利した経験もあるのでこなせる可能性があるが、道悪になればなるほどサトノアラジンにとって不利な条件になることは間違いなく、運を味方につけることができるかどうかが大きな要素となってしまっている。


まとめ

春のマイル王決定戦GⅠ安田記念を7番人気ながら見事勝利に導いた川田騎手とのコンビでのぞむ今回のマイルチャンピオンシップ。

次走で出走予定の香港マイルで昨年7着に敗れた雪辱を果たすため、一足先に昨年1番人気にもかかわらず5着に敗れたこのレースでの雪辱を果たし、香港マイル制覇へはずみをつけることができるだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る