新種牡馬アンライバルド産駒トウショウドラフタが新馬勝ち!地味に良い血統で将来性は…
(C)阪神サラブレッドクラブ

母系は古きよきトウショウ血統

母系を見ると、心くすぐられる。

母のウイッチトウショウは未勝利だが、その母サンマルトウショウはマイルチャンピオンシップ3着、エプソムカップ制覇の実績がある。

兄弟にはレジェトウショウ(OP馬)、トウショウギフト(準OP馬)の名前が。

さらに近親を見ると、トウショウフリーク(川崎記念3着など)、トウショウカズン(根岸S2着など)、トウショウブリッツ(OP馬)などなど、OPレベルで活躍した(している)馬が多数いる。

非社台の血統レベルとしては、まずまず高い方ではないだろうか。

まとめ

父や母系はともに良血。さらに父はネオユニヴァース×母父サドラーズウェルズという重たい血統のため、軽めのジェイドロバリーは合っているように思える。

これだけの血統レベルなら、新馬戦だけ勝ってフェードアウトのようなことはないのではないだろうか?

まだ馬格は450キロ程度。母は500キロを超える巨漢馬だっただけに、これから馬格がついてくれば、より高いレベルのレースで躍動する姿が見られるかもしれない。

【関連記事】
ポトマックリバーが菊花賞路線に殴りこみ!圧巻の強さと成長力ある血統が魅力
米3冠馬アメリカンファラオの血統や戦績は?37年ぶりの快挙
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
モーリスが絶対王者になる理由とは?四重苦を跳ね除けた馬の未来予想図
ジャンポケ斉藤を侮るな!馬鹿にしてる競馬ファンのキミはきっと負け組
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力

おすすめの記事