(C)ritajulius

2018年10月21日、京都競馬場で菊花賞(GⅠ/芝3000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ブラストワンピース、エポカドーロ、エタリオウ、グローリーヴェイズらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?

いよいよ菊花賞も当日を迎えた。しかし、まだどの馬を買うか、どんな馬券を買おうか、迷っている方も多くいるだろう。

そこで競馬TIMES編集部ではよりすぐりのデータをピックアップ。過去の好走馬の傾向から導き出した“的中へのヒント”を紹介する。

※特別な注釈がない限り、データは過去10年の一桁人気馬が対象


押さえとけ① 内枠に入った馬

まずは内枠に入った馬たちは押さえておくのが無難だ。菊花賞は3000mの長丁場であるため、外枠に入ってコーナーで外を回った場合は大きな距離ロスをしてしまうことになる。

本来は3000mなのに3050mや3100mを走らなければならないことになってしまう。そうなるとどんなに力のある馬でも好走は難しい。

-------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------
1枠 3- 0- 1- 8/12 25.0% 33.3% 229 101
2枠 3- 2- 0- 4/ 9 33.3% 55.6% 192 158
3枠 1- 0- 1- 9/11 9.1% 18.2% 210 101
-------------------------------------------------

1〜3枠までは回収率が100を超えている。特に1、2枠は好走率も非常に高く、押さえない理由がないとすら言えそうだ。

押さえとけ② 前走神戸新聞杯組

次にローテーションに目を向けてみよう。菊花賞は前哨戦に中でも神戸新聞杯組が圧倒的に良い成績を残している。

---------------------------------------------------------
前走レース名 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------
神戸新聞杯 8- 5- 5-25/43 18.6% 41.9% 104 108
---------------------------------------------------------

回収率は100超、好走率も4割を超えている。神戸新聞杯組は素直に抑えておいたほうが良さそうだ。

押さえとけ③ 父非サンデー系

血統面からは父非サンデーサイレンス系が注目される。

菊花賞はスタミナが求められるレースであるため、スピードに特化したサンデー系では勝負にならない。またこれまでクラシックでいい成績を残してきた力のあるサンデー系であっても菊花賞は適正の違いによって好走できないケースが目立つ。

一方、父非サンデー系は他の多くのレースでサンデー系の後塵を拝している。どうしても父非サンデー系はサンデー系に比べてスピードで劣るからだ。

しかし菊花賞で求められるベースの能力はスタミナである。多少スピードで劣っていてもスタミナがあれば能力差をカバーできる。だからこそ、父非サンデー系が好成績を残しているのだ。

--------------------------------------------
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------
4- 2- 4-19/29 13.8% 34.5% 113 109
--------------------------------------------

父非サンデー系の一発を警戒しておくべきだろう。

押さえとけ④ 前走3着以内

前走別の傾向も見てみよう。前走の着順を見ると、シンプルに前走でいい成績を残している馬が菊花賞でも走っている。

-------------------------------------------------------
前確定着順 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------
1-3着 10- 8- 5-37/60 16.7% 38.3% 129 110
-------------------------------------------------------

前走で結果を出した馬は変に逆らわずにヒモに加えておいたほうが良さそうだ。

押さえとけ⑤ 前走上がり2位以内

もう一つ重要なファクターを上げるとするなら上がりだ。

菊花賞は3000mの長距離戦であり、スタミナが求められる。前走で速い上がりを使えなかった馬は瞬発力不足という以外にスタミナがなくて速い脚が使えなかった、と判断することもできる。

実際、前走で速い上がりを使っている馬の成績は抜群だ。

-------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------
3F 1位 6- 3- 1-14/24 25.0% 41.7% 154 107
3F 2位 2- 4- 3- 9/18 11.1% 50.0% 21 137
-------------------------------------------------------

押さえておく価値は十分だろう。

まとめ

いかがだっただろうか? これらのファクターに該当する馬は期待値が高い馬と言い換えることができる。

どの馬を軸にするにせよ、ファクター該当馬は馬券の相手に加えておくのが的中への最短ルートと言えるだろう。

おすすめの記事