(C)MAZIMICKEY

2018年10月28日、東京競馬場で天皇賞秋(GI/芝2000m)が行われる。マカヒキ、レイデオロ、アルアイン、サングレーザー、スワーヴリチャードらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回はレース一週間前ながら、過去の好走データに合致している馬たちをピックアップしていこう。データに該当する馬は注目必至。軸馬や期待の穴馬として考え、一週間の馬券検討を楽しむのもいいだろう。

※特別な注釈がない限り、データは過去10年の一桁人気馬が対象


カギは前走距離と上がり

近年の天皇賞秋では「前走の距離」と「上がり」がカギを握っている。

というのも、前走2000m以下の距離で速い上がりを使っている馬が圧倒的に良い成績を残しているのだ。

まずは前走で速い上がりを使った馬の成績を見てみよう。

-------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------
1~ 3位 6- 4- 3-31/44 13.6% 29.5% 177 83
-------------------------------------------------------

特に単勝回収値の数値が高い。速い上がりを使っている馬はしっかりと勝ちきれる傾向にあるわけだ。

次に距離別の成績を見てみると……

---------------------------------------------------------
前走平地距離 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------
1600m 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 0 116
1800m 5- 3- 4-22/34 14.7% 35.3% 168 92
2000m 2- 1- 1-15/19 10.5% 21.1% 194 67
2200m 2- 5- 2-21/30 6.7% 30.0% 17 63
2400m 1- 0- 1- 9/11 9.1% 18.2% 30 28
3200m 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 33.3% 0 116
---------------------------------------------------------

距離が伸びるごとに成績が落ちていることが分かる。特に2400mからの距離短縮は不振だ。

2つの条件に加え、さらに前走でレベルの高いGII以上のレースに出走していた馬と、前走国内で走った馬に限定すると、以下のような成績になる。

--------------------------------------------
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------
5- 2- 2-12/21 23.8% 42.9% 356 121
--------------------------------------------

好走率は約43%。回収値も優秀な成績を残していることがわかる。

今年の該当馬は?

今年のメンバーにこの条件を当てはめていくと……

ディアドラ
マカヒキ

この2頭が該当している。目が離せない存在になりそうだ。

一方、人気が予想されるレイデオロやワグネリアンは2200m以上からの距離短縮というローテーションで挑んでくるため、今回のデータ上は割引と言えるかもしれない。

おすすめの記事