日本ダービー2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)MAZIMICKEY

2020年5月31日、東京競馬場でダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるコントレイル、サリオス、サトノフラッグ、ワーケア、ダーリントンホールらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


日本ダービーの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は3勝、2着は1回、3着は3回。人気で飛ぶこともあり、オッズがいいから上位に食い込むとは言いがたいのがダービーの難しいところだろう。

びっくりする伏兵馬が勝ってしまうのもダービーの面白いところ。去年のロジャーバローズのような伏兵馬が出てきても何ら不思議ではない。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 皐月賞組の取捨選択

前走皐月賞組(8- 7- 5-66)
勝率 9.3% │ 複勝率 23.3%

皐月賞組が明らかに有利、というより、合理的なローテーションであることは疑う余地もない。ただデータを読み解くと結構面白い。

皐月賞1着馬が馬券に絡むことは、過去10年で6回ある。いずれも2着にコンマ2秒以上差をつけた馬がダービーでも結果を残した。コントレイルはサリオスにコンマ1秒しか差をつけていない。

巻き返しのケースを見ると、3番人気より上の人気で着外に沈んだケースが九分九厘。それ以外はなかなかに厳しい。

コントレイルは条件を満たしておらず、巻き返しがあるとすればサトノフラッグ。1秒1負けだが、逆に巻き返しの条件には合致している。

予想参考データ② 別路線組の取捨選択

皐月賞以外の別路線組だが、たった3レースしか来ていない。京都新聞杯、青葉賞、プリンシパルステークスだ。

京都新聞杯は、勝ち馬かタイム差なし2着まで。青葉賞は、1着ないしコンマ2秒の負けまで。プリンシパルステークスは1着のみ。

別路線組でも、弥生賞以来のワーケアは厳しい。京都新聞杯はディープボンド、マンオブスピリットの2頭、青葉賞はヴァルコスのみ。プリンシパルステークスはビターエンダーのみだが、1番人気1着ではないので、割引でもいいだろう。

予想参考データ③ 関東馬の取捨選択

西高東低は気圧配置と競馬界、そんな言い方もできるくらい、ここ20年はずっと関西馬が強く、関東馬は苦しい。しかし、複勝率を見るとなんとか関東馬が一矢を報いている。

しかも、単勝万馬券クラスの馬が飛び込んでくるケースはいずれも関東馬。これらの馬に共通する部分は、いずれも皐月賞ではなく別路線組だったという点だ。

ワーケアは先ほどのケースもあって除外するとして、ビターエンダーだけが該当する。津村明秀騎手はケガの影響が心配だが、自分でつかんだチャンスでもある。

2020年の危険な人気馬は?

ワーケアは人気になる見込みだが、弥生賞からのぶっつけ本番はいくらなんでも厳しい。皐月賞をあえてパスしたのは勝負手だが、コントレイルに既に完敗を喫している。コントレイル以上の成長を見せられるか、少し疑問だ。ダービーの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、コントレイルは1つ目の消しデータに合致している。傾向から外れており、人気ほど信用は出来ない。ただ稍重開催だった皐月賞の1着馬はダービーでも多くの馬が結果を残しており、来られても不思議ではない。

反対にサトノフラッグは危険なデータに一つも当てはまらない。前走は完敗、馬のやる気を削がれるやられ方をされ、あれが実力ではないだろう。外枠15番ゲートはそこまで関係ない。天下の武豊騎手に手が戻り、無観客開催のダービーで格好をつけるとすれば、この馬だ。人気馬の中で最も不安要素が少ないのは、サトノフラッグと言えそうだ。

おすすめの記事