(C)MAZIMICKEY

2018年3月18日、中山競馬場でスプリングS(GⅡ/芝1800m)が行われる。ステルヴィオ、ルーカス、サトノソルタス、ハッピーグリンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 3月18日(日) 2回中山8日目 15頭 [仮想出馬表] 【11R】  第67回フジテレビ賞スプリングS (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G2(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1800m (A)

出走予定馬・登録馬

サウジアラビアロイヤルカップ、そして前走の朝日杯FSでともにダノンプレミアムの後塵を拝して2着だったステルヴィオが今後を見据えてこのレースからの始動となる。

どちらのレースも後方から追い込んで2着、ともにダノンプレミアムから差をつけられた感じは否めないが、そのダノンプレミアムの前走弥生賞のレース振りを鑑みるに、相手が悪かったとしか思えない印象だ。この馬自身も自分の末脚はしっかりと使っており、このメンバーなら大崩れは考えにくい。関東圏への輸送も既にこなしており、仕上がり面も含め不安はない。

唯一懸念されるのは距離的な部分である。1800mでの勝鞍(コスモス賞)はあるが、どちらかというとその後のマイル戦の方がキレ味を発揮できている印象も受ける。現状はそのポテンシャルでこなしてはいるものの、血統的に父はロードカナロアであることから、将来的にはマイルに適性がシフトしてきてもおかしくはない。

モーリスの全弟ルーカスも、ここでクラシックに向けて着実な結果が欲しいところだ。

まだまだ身体に緩いところがあり、前走(ホープフルS)の流れるペースでの2000mは少し厳しかった印象もある。距離短縮は好材料で、休んで成長があればなお良い。

堀調教師のコメントは相変わらず慎重なトーンではあるが、血統的なポテンシャルと成長力は間違いなく、このレースでも注目の1頭だ。

同じく堀厩舎が送るサトノソルタスも人気を集めそう。

デビュー戦の勝利から間を空けて挑戦した共同通信杯でも、そのレースセンスとキレ味を発揮し2着となり、オープン入りを果たした。キャリアこそ少ないものの、ルーカスよりは完成度で上回っており、ここも能力発揮なら大崩れはなさそうだ。

初の右回りとコーナー4つのレースとなるが、レースセンスがあり不安はないだろう。馬場が渋っても走れるので、今の中山の馬場も悪くない。

ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリンも侮れない1頭だ。

もともと芝適性は示していたが、前走のセントポーリア賞では上がり33.3の強烈な末脚を披露し、弥生賞で5着したリビーリング以下を全く問題にしないレースぶりでインパクトを残した。門別の坂路で仕上げることを陣営は主眼を置いており、ホッカイドウ競馬所属のまま意欲のクラシック挑戦となる。コスモバルク以来のチャレンジはどうでるか。

他にも期待のオルフェーヴル産駒エポカドーロ、追って味のあるレノヴァール、展開のカギ握るコスモイグナーツ、脚を余した前走からの巻き返しを狙うゴーフォザサミットなどがクラシックへの切符を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
エトナ牡356
エポカドーロ牡356
カフジバンガード牡356
コスモイグナーツ牡356
ゴーフォザサミット牡356
サトノソルタス牡356
ステルヴィオ牡356
ハッピーグリン牡356
バールドバイ牡356
ビッグスモーキー牡356
フォルツァエフ牡356
マイネルファンロン牡356
ライトカラカゼ牡356
ルーカス牡356
レノヴァール牡356

想定・予想オッズ

14番人気エトナ610.5倍
4番人気エポカドーロ7.8倍
7番人気カフジバンガード30.3倍
12番人気コスモイグナーツ121.9倍
5番人気ゴーフォザサミット8.1倍
2番人気サトノソルタス3倍
1番人気ステルヴィオ2.1倍
6番人気ハッピーグリン16.3倍
11番人気バールドバイ101.6倍
13番人気ビッグスモーキー244.1倍
15番人気フォルツァエフ1221.2倍
9番人気マイネルファンロン93.8倍
10番人気ライトカラカゼ93.8倍
3番人気ルーカス4.6倍
8番人気レノヴァール48.7倍
おすすめの記事