(C)ritajulius

2018年5月27日、東京競馬場で東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、エポカドーロ、ゴーフォザサミット、ブラストワンピース、ワグネリアンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では1週前より2回に分けて暫定的な出走馬紹介を行っていく。皐月賞出走組とそれ以外のローテーションから挑む組について、それぞれご紹介したい。

今回は、皐月賞出走組を着順別に紹介していくことにしよう。日本ダービーで騎乗予定の騎手も合わせて紹介する。


日程・概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 21頭 [仮想出馬表] 【10R】  第85回東京優駿 (馬連5%UP/予定) 
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

出走予定馬・登録馬

1着 エポカドーロ(騎乗予定騎手:戸崎圭太)

戸崎騎手の見事な仕掛けに導かれ、新種牡馬オルフェーヴルにクラシックの戴冠をもたらした同馬。

時計のかかる馬場や緩みのない展開、陣営の仕上げなど全てが噛み合った印象こそあるものの、先行馬をしっかり捉えて後続を完封した内容は時計以上、着差以上の強さを感じさせた。陣営は「皐月賞が目標だったので上積みは」と正直なところを述べており、母系がスプリント色の強いことからも距離延長はどうかという印象はあるが、地力はダービーでも十分に通用する余地はある。

2着 サンリヴァル(騎乗予定騎手:藤岡佑介)

こちらも藤岡佑介騎手の積極的なレース運び、抜群の追い切りからの出走ということもあり、皐月賞は展開や条件、状態がハマった印象が強い。

ただ、父がルーラーシップであり、母方の祖母にウメノファイバー(99オークス馬)がいるように、血統的にダービーの条件は悪くなさそう。キレ勝負だと分が悪いので再度積極的なレースをしそうで、展開のカギを握るか。

3着 ジェネラーレウーノ(騎乗予定騎手:田辺裕信)

まだまだ未完成な馬体、荒削りなレースぶりながらも3着に粘り通した皐月賞の内容は十分に評価できるものである。ロックオブジブラルタルの肌にスクリーンヒーローの配合であり、現状では上がりの掛かるレースが向いていそう。東京の2400mはどうかという印象はある。長い目でみたい1頭。

4着 ステルヴィオ(騎乗予定騎手:C.ルメール)

皐月賞では2番人気ながらも後ろから外を回す大味なレースになってしまい、最後は脚を余す格好での4着。

それでも後方から追い込んできた馬の中では僅差ではあるものの最上位であり、末脚のキレは確か。ロードカナロア産駒であり距離延長はプラスとは言えないが、ペースさえ落ち着けば東京の長い直線はこの馬向き。消耗戦にならなければ。

5着 キタノコマンドール(騎乗予定騎手:M.デムーロ)

キャリア2戦で出走した皐月賞は、中山のコース形態や時計のかかる馬場に四苦八苦していた印象だが、ほぼ直線だけの競馬で掲示板に食い込んだ。上がり目という点では一番であり、ディープインパクト産駒らしいキレを備えている。東京の2400mはまさにピッタリであろう。鞍上込みで十分期待ができる。

6着 グレイル(騎乗予定騎手:岩田康誠)

人気を裏切った共同通信杯から一変し、メンバー最速タイの上がりで6着にまで追い上げた。となると共同通信杯の負け方が解せない訳であるが、それが左回りによるものなのか、スローペースの高速馬場に対応しづらい面があるのか、若干未知数な部分が多い1頭。

7着 ワグネリアン(騎乗予定騎手:福永祐一)

1番人気に支持された皐月賞は内枠から最終的に大外を回すというロスの多い競馬。馬場の影響もあったかもしれないが、それでも伸びあぐねてしまったのは距離的な部分なのか。

ブロードアピールが母系に居り、実はマイラーだったという可能性も無きにしもあらず。ダービーに向けて上がり目という点でも、デビュー当初のスケール感が今年に入って失われているのは気になる。

9着 ジャンダルム(騎乗予定騎手:武豊)

皐月賞では痛恨の出遅れ。それでもロス無く立ち回ったもののコーナーの位置取りが上手くいかず、馬場の悪い内にツッコむ形になってしまったのは苦しかった。東京コースは合いそうだがこちらも母系にビリーヴがいる。距離がどうか。

10着 タイムフライヤー(騎乗予定騎手:内田博幸)

昨年のホープフルSを制したGⅠ馬であるが、トライアルの若葉S、そしてこの皐月賞共に見せ場のないレースが続いてしまった。調教の動きが一変してくるまでは静観が妥当かもしれない。

12着 オウケンムーン(騎乗予定騎手:北村宏司)

穴人気を集めたものの中団から良いところ無くの大敗だったが、完全に馬場状態が響いたもの。出走馬の中でも明らかにノメって走っていた。東京の良馬場で巻き返しが期待でき、この大敗で人気を落とすようなら穴に一考。

次回は、皐月賞に出走していないトライアルからの出走組を紹介する。

おすすめの記事