(C)Arappa

2018年5月19日、京都競馬場で平安S(GⅢ/ダート1900m)が行われる。昨年はグレイトパールがここを圧勝して飛躍が期待された。今年も出走を予定しており連覇がかかる1戦である。テイエムジンソクも前走から巻き返し再びGⅠに王手をかけるためにも負けれられない1戦となる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去5年(1900mへ距離変更後)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11キングカメハメハデヒア
26ゴールドアリュールエルコンドルパサー
315ロージズインメイフォーティナイナー
11アグネスデジタルタバスコキャット
23アドマイヤボスジェイドロバリー
34ゴールドアリュールエルコンドルパサー
14シニスターミニスターMachiavellian
23アドマイヤボスジェイドロバリー
35スペシャルウィークAwesome Again
112アドマイヤボスジェイドロバリー
27シンボリクリスエスサンデーサイレンス
34GhostzapperSmoke Glacken
19ホワイトマズルアドマイヤベガ
25キングカメハメハFire Maker
31サウスヴィグラスアフリート

解析・分析:注目血統は?

リピーターも多いレースであるが、ゴールドアリュール・アドマイヤボスなどのサンデーサイレンス系の活躍が目立つ。しかし、近2年はミスタープロスペクター系の馬が優勝しており、サンデー系・非サンデー系産駒の母父もミスタープロスペクター系で占められている。こちらを重要視する必要があるだろう。

(母父ミスタープロスペクター系)
2017年 クリソライト(エルコンドルパサー)/マイネルバイカ(フォーティナイナー)
2016年 クリノスターオー(ジェイドロバリー)/クリソライト
2015年 インカンテーション(Machiavellian)/クリノスターオー
2014年 クリノスターオー/ワイルドフラッパー(Smoke Glacken)
2913年 ナムラタイタン(アフリート)

今年はサンデー系との組み合わせではジュンヴァルカンが該当する。当然、父キングカメハメハのグレイトパールも注目だろう。

グレイトパールの母父デヒアにも該当するがニアークティック系の中ではVice Regentの系統が相性が良い。

2017年 グレイトパール(母父デヒア)
2016年 アスカノロマン(母母父Deputy Minister)
2015年 ローマンレジェンド(母父Awesome Again)
2014年 ワイルドフラッパー(父Ghostzapper)

グレイトパール以外ではテイエムジンソク・クインズサターン・トップディーヴォなどが該当する。これらの馬達にも注意が必要だろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
アグネスデジタル3-2-2-2011.1%25.9%
マンハッタンカフェ2-6-6-314.4%31.1%
パイロ0-0-2-250.0%50.0%
アドマイヤボス1-2-2-411.1%55.6%
キングカメハメハ13-12-6-8411.3%27.0%
ロージズインメイ2-0-4-217.4%22.2%
シンボリクリスエス1-4-2-481.8%12.7%
ゼンノロブロイ7-4-4-3414.3%30.6%
ネオユニヴァース6-1-6-3213.3%28.9%
ゴールドアリュール7-14-7-3810.6%42.4%
クロフネ3-4-4-336.8%25.0%
マヤノトップガン2-1-2-1311.1%27.8%
Giant's Causeway0-0-0-20.0%0.0%
エンパイアメーカー2-1-0-1312.5%18.8%
カネヒキリ1-2-0-611.1%33.3%
トーセンブライト0-0-0-00.0%0.0%
ストーミングホーム0-0-1-80.0%11.1%
スパイキュール0-0-0-10.0%0.0%
プリサイスエンド0-1-0-40.0%20.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系ではゴールドアリュール・カネヒキリ・ゼンノロブロイが上位となっている。今年は実績・人気面で他種牡馬産駒に劣る状況だが油断はできないだろう。人気を集めるであろうグレイトパール・テイエムジンソクの父キングカメハメハ・クロフネもこれらに次いで安定した成績を残しており、好走が期待される。

おすすめの記事