ジャパンカップ2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)arima0208

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、シュヴァルグランらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
1ブラックタイドサクラバクシンオー
5ネオユニヴァースDixieland Band
6ハーツクライMachiavellian
4ディープインパクトフレンチデピュティ
7ディープインパクトティンバーカントリー
1キングカメハメハダンスインザダーク
4シンボリクリスエススペシャルウィーク
3ハーツクライWild Again
6ディープインパクトLycius
1ディープインパクトBertolini
7ディープインパクトキングカメハメハ
11ジャングルポケットノーザンテースト
3ディープインパクトBertolini
1ステイゴールドメジロマックイーン
2キングカメハメハトニービン
2スペシャルウィークCaerleon
6ジャングルポケットノーザンテースト
14ジャングルポケットサンデーサイレンス
4キングカメハメハサンデーサイレンス
1スペシャルウィークCaerleon
8ネオユニヴァースMachiavellian
1タニノギムレットルション
2ジャングルポケットSilver Deputy
6マンハッタンカフェCaerleon
9グラスワンダーサンデーサイレンス
1アグネスタキオンChief’s Crown
2タニノギムレットルション
5エンドスウィープサンデーサイレンス
4エリシオサンデーサイレンス
1オペラハウスダンシングブレーヴ

集計期間:2007.11.25 ~ 2016.11.27

解説・分析:注目血統は?

ジャパンカップは東京芝2400mのGIという、日本の競馬で最も重要視される条件で行われる。このため、この条件に強い種牡馬の産駒が活躍する傾向が見られる。一言で言うならクラシック血統。(ジャパンカップと同じ条件の)ダービー馬の血を引く馬がとにかく強い。

2009年以降、2頭を除けばすべての好走馬の父がダービー連対馬。例外だった2頭はオルフェーヴルとキタサンブラック。オルフェーヴルは自身がダービー馬であり、キタサンブラックの父ブラックタイドはダービー馬ディープインパクトの全兄弟だ。

要するに、ダービーと結びつきの強い血統しか走っていないのだ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト9- 9- 9-71/98
ハーツクライ6- 6- 6-51/69
ステイゴールド5- 6- 6-78/95
キングカメハメハ5- 6- 3-50/64
ハービンジャー2- 1- 3-26/32
ネオユニヴァース1- 2- 2-26/31
ゼンノロブロイ0- 2- 5-23/30
マンハッタンカフェ0- 2- 3-24/29
Marju0- 0- 1- 0/ 1
ブラックタイド0- 0- 0- 8/ 8
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト9.2%27.6%10380
ハーツクライ8.7%26.1%7669
ステイゴールド5.3%17.9%5652
キングカメハメハ7.8%21.9%6662
ハービンジャー6.3%18.8%5151
ネオユニヴァース3.2%16.1%15447
ゼンノロブロイ0.0%23.3%061
マンハッタンカフェ0.0%17.2%047
Marju0.0%100.0%0210
ブラックタイド0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1.26 ~ 2017.11. 4


※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

とにかくこの条件ではディープインパクトが強い。好走率が高いことに加え、単勝回収値は100オーバー。人気馬に加え、力が劣る人気薄も好走していることが分かる。

反対にダービー馬ではないステイゴールドやハービンジャー、マンハッタンカフェあたりは好走率、回収値ともに低調だ。

ジャパンカップの歴代好走馬とあわせて考えてみても、とにかくダービー血統を重視していくのが最強馬決定戦におけるセオリーと言えるだろう。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る