カテゴリー:予想・考察・回顧

ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜

(C)minafl

先週末に行われた優駿牝馬オークスでは桜花賞組をおさえてミッキークイーンが優勝を飾りました。クラシックの1冠目に出走した馬たちが優秀なのはもちろんですが、別路線組も侮れないことが証明された形です。

皐月賞と日本ダービーの間に行われるのは主にNHKマイルカップ、青葉賞、京都新聞杯。(※プリンシパルステークスの覇者アンビシャスは回避)

これらのレースは、過去10年のうち8年で馬券に絡む馬を輩出しています。思わぬ伏兵が潜んでいることがあるわけですね。今回は、別路線組の中で上位に入線した有力馬の勝負気配を探ってみましょう。


兄や姉が果たせなかった夢の続きを

レーヴミストラル(青葉賞1着)

アプレザンレーヴやレーヴディソールを兄弟に持つ良血馬が、3連勝で日本ダービーに登場します。

母レーヴドスカーは数々の重賞ホースを輩出していますが、クラシックでは勝ったことがありません。レーヴミストラルは父が今年のクラシックを沸かせているキングカメハメハ。一族の悲願を後押しする要素と言えるでしょう。

青葉賞を1番人気で勝った馬は、フェノーメノとアドマイヤメインがおり、本番でも2着と結果を残していることからも有力だと考えられます。

連対率100%の左巧者が波乱の立役者に

タンタアレグリア(青葉賞2着)

7戦して2勝ながら2着4回という、相手に関係なくしっかり走ると堅実ぶりが光ります。

さらに左回りに限定すれば、1勝2着4回と連を外していないところも見逃せません。

父ゼンノロブロイは青葉賞1着から日本ダービー2着。同じ父を持つサンテミリオンが2010年のオークスを制し、バウンスシャッセが昨年3着になっていることからも、コース適正はメンバーの中でも屈指といえるでしょう。

日本ダービーに縁ある血統、下克上なるか

サトノラーゼン(京都新聞杯1着)

初勝利まで5戦と時間がかかりましたが、未勝利戦でレーヴミストラルを、京都新聞杯でポルトドートウィユを撃破。共に1番人気の馬を下して日本ダービーまでのし上がってきました。

また血統面では母系にブライアンズタイムに繋がるロベルトや、フサイチコンコルドを輩出したカーリアンの血が流れている点が注目されます。日本ダービー縁の血が、本番で騒ぐことお期待できるでしょう。

初の東京競馬場参戦も不気味な存在

ポルトドートウィユ(京都新聞杯2着)

ドゥラメンテのいとこにあたります。ドゥラメンテの血統が日本競馬界の歴史を詰め込んだものなら、こちらも負けてはいません。

●詳細→“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力

初の左回りになりますが、難なくこなす可能性は高い。ちなみに同じディープインパクト産駒のキズナも初経験のコースを物ともせず優勝しています。

高い次元で安定する末脚に期待大!

ミュゼスルタン(NHKマイルカップ3着)


NHKマイルカップでは3着に入り、骨折の影響を感じさせないパフォーマンスを見せました。

その高い素質は、4レース中3レースで最速の上がり3ハロンのタイムを叩き出していることからも明らかでしょう。

特に復帰初戦のスプリングステークスではリアルスティールと同タイムの上がり33秒6を計測。7着に敗れましたが、十分に見せ場を作りました。復調著しい今こそ、買いどきかもしれません。

まとめ

やはりと…いうべきか、GⅠや重賞で上位に入る馬たちは、血統や特性など、光るものを持っていますね。優勝すら狙える要素、侮ると痛い目に合いそうです。

皐月賞組が優勢という風潮ですが、これらの馬が大きな風穴を空けることを期待します!

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?

(C)minafl

5月31日に行われる日本ダービーについて血統面を中心に考察していきたい。

今年は有力馬の多くが順調に駒を進めてきた。馬券的にはいろいろな狙い所がある。ドゥラメンテやリアルスティールに注目が集まっているが、血統面から買える馬とはどの馬なのだろうか?


過去4年ダービー歴代好走馬の血統

着順種牡馬母父馬
ハーツクライタイキシャトル
フジキセキCozzene
ブラックタイドグラスワンダー
ディープインパクトStorm Cat
シンボリクリスエススペシャルウィーク
Big BrownPure Prize
ディープインパクトLoup Sauvage
ステイゴールドDanehill
ディープインパクトノーザンテースト
ステイゴールドメジロマックイーン
ハーツクライStorm Bird
キングカメハメハサンデーサイレンス

集計期間:2011. 5.30 ~ 2014. 6. 1

過去4年の結果から父サンデーサイレンス系が圧倒的に優位で、中でもディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ産駒が好走している。

配合的には父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサーを含む系統(ストームバード、ダンジグ、ノーザンテースト)が4頭いる。これは前回記事でもご紹介した東京芝2400mの黄金配合と合致している。

日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?

いかにこのコースとの相性が良いかご理解頂けるだろう。

先週のオークスからの傾向

馬名着順種牡馬
ミッキークイーンディープインパクト
ルージュバックマンハッタンカフェ
クルミナルディープインパクト

集計期間:2013. 5.19 ~ 2015. 5.24

前回記事にてオークスとダービーの血統連動説をご紹介したが、それを踏まえると今年のダービーはディープインパクトとマンハッタンカフェ産駒が馬券圏内の可能性が高いとみる。

またオークスは1000m通過が61.3秒のスローペースで、ミッキークイーンが上がり1位の34.0で差し切ったように瞬発力勝負のレースだった。この結果はダービーにも応用できそう。瞬発力勝負になるならディープインパクト産駒は外せない。

日本ダービーの注目馬

出走予定馬から上記の傾向に合う馬を挙げていきたい。

★父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサーを含む系統

アダムスブリッジ(サンデーサイレンス系×サドラーズウェルズ系)
アルバートドッグ(サンデーサイレンス系×ヌレイエフ系)
コスモナインボール(サンデーサイレンス系×ストームバード系)
スピリッツミノル(サンデーサイレンス系×ニジンスキー系)
ダノンメジャー(サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系)
ポルトドートウィユ(サンデーサイレンス系×ヴァイスリージェント系)
リアルスティール(サンデーサイレンス系×ストームバード系)

★父ディープインパクト産駒

アルバートドッグ
サトノラーゼン
ティルナノーグ
ポルトドートウィユ
リアルスティール

★父マンハッタンカフェ産駒

該当馬なし

配合的にも種牡馬的にも両方合致しているのはアルバートドッグ、ポルトドートウィユ、リアルスティールの3頭だ。ドゥラメンテとリアルスティールの比較でいくと、リアルスティールに分があることになる。是非注目していただきたい。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから



ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠

(C)minafl

皐月賞で1番人気ながら6着という、よもやの敗戦を喫したサトノクラウン(牡3)。

ドゥラメンテやリアルスティールにやや水を開けられた感がありますが、東京優駿・日本ダービー(GⅠ/芝2400m)での巻き返しの余地は十分にあると考えます。

それではサトノクラウンがダービー馬になれる根拠を探っていきましょう。


父系から見るクラウンの2400m力

父マルジューは日本では馴染みが薄い種牡馬ですが、現役時代はイギリスダービー(英GⅠ)で2着という実績を持っています。

種牡馬になっても、ヴェルメイユ賞(仏GⅠ/芝2400m)を勝ったマイエマ、香港ヴァーズ(香GⅠ/芝2400m)を勝ち、1999年のジャパンカップ(GI/芝2400m)で2着となったインディジェナスなど、クラシックディスタンスでの活躍馬を輩出しました。

母ジョコンダⅡは短距離のGⅠ馬を産んでいますが、クラウンが1800mの新馬戦を使われ出したことからも、父系の影響を大きく受けているのは明白です。府中の2400mこそ、サトノクラウンが真価を発揮できるステージと言えるでしょう。

稍重でもこのタイム!? 特筆すべき走破時計

皐月賞のステップレースに選んだ弥生賞は、あいにくの天候により稍重でのレースとなりました。

しかし2分1秒8という走破時計は、良馬場で行われた昨年の同レースのタイムと、コンマ4秒差という破格のもの。昨年、中山競馬場が路盤改修を行った影響で高速馬場化しているとはいえ、見逃せない実績と言えるでしょう。

その弥生賞を先行から鮮やかに抜けだして勝利したわけですから、改めて相当な能力を持っていることが分かります。一度の敗戦で見限ることはできません。

皐月賞を終えても、なお輝く重賞2勝の勲章

昨年の札幌2歳ステークスから京都新聞杯までに行われた芝1800m以上の重賞振り返ると、サトノクラウンだけが唯一の重賞2勝馬です。

過去10年で、重賞2勝以上の実績を持ってダービーに臨んで優勝した馬は、キズナ、オルフェーヴル、ロジユニヴァース、ディープスカイ、ウオッカ、ディープインパクトの5頭がいることから、世代トップの実績を持つサトノクラウンは侮れません。

まとめ

皐月賞では出遅れとコーナーでの不利が響いて6着という結果に終わりました。

しかし、血統やキャリアを振り返ると「ダービーでこそ」を思わせる背景があることは明白です。

皐月賞で掲示板を外しましたが、ロジユニヴァースは皐月賞14着から巻き返しています。6着のサトノクラウンが再び台風の目になれる可能性はまだまだ残されているのです。前走の負けで見限るのであれば、痛い目にあうかもしれませんよ!

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービーに届かなかった馬たち〜シャイニングレイ、キロハナら〜
日本ダービー(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望


レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜


2冠の夢は府中の直線の半ばで潰えた。

桜花賞で4馬身差の圧勝劇を演じたレッツゴードンキ(牝3)は1枠1番の絶好枠から2つ目のタイトルを目指した。道中、番手につけて直線で満を持して追い出したが、伸びきることはできず、10着に終わっている。

なぜ、レッツゴードンキは大敗したのか。その原因を探っていこう。


ブラッドスポーツ故の「血」が及ぼす影響

レッツゴードンキは父のキングカメハメハより母のマルトクの特性を引き継いでいると考えられる。

母マルトクはダートの短距離で活躍した。主に1200mを主戦場とし、勝ったレースの中で最も距離が長かったのは1400mだった。明らかにスプリンター色が強い。桜花賞制覇後、オークスではなくNHKマイルカップへ進む選択肢が浮上したのは、距離不安があったからに他ならない。

2400mのオークスで上位に入るために必要なスタミナを持ち合わせていなかったわけだ。

はまらなかった展開

レースラップを振り返ると、違った理由も見えてくる。

12.5 – 10.6 – 12.5 – 13.0 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.3 – 11.6 – 11.9

1000m通過は1分1秒3とスローペースで流れた。しかし、1400mを通過した時点でペースは徐々に上がりはじめ、1600m以降は11秒台をコンスタントに叩いている。

後半の5ハロン(1000m)がずっと11秒台だったことが何を意味するのか。答えは簡単で、スタミナを要求されるレースになったということだ。

残り3ハロンまでスローペースで流れ、最後の直線で「ヨーイドン」となった場合、脚を溜められる時間が十分にあるため、あまりスタミナを求められない。一方、1000m以上継続的に脚を使わなければならない場合、スタミナのない馬はバテてしまう。

レッツゴードンキは11秒台の脚を使い続けられるスタミナがない。中盤からのペースアップが、彼女にとって不利に働いたことは想像に難くないわけだ。

逃げのしわ寄せ

もう一つ指摘したいのが、「チューリップ賞、桜花賞での逃げ切り勝ちの反動」である。

チューリップ賞と桜花賞ではハナを切った。結果、どちらのレースでも他馬からプレッシャーをほとんど受けることなく、気持ちよく逃げられた。そして、馬券に絡むことに成功している。

一方、オークスでは最内枠から出走し、道中では5、6番手に位置取った。そうなると、馬群に揉まれてしまうし、自分のペースで走ることができない。前走、前前走で気持ちよく逃げている馬にとって、相当のストレスだったことは想像に難くない。実際、道中はかかり通しでリズムを掴むことができなかった。

逃げてタイトルを獲得したことによる“反動”があったのは間違いないだろう。

見限りにはまだ早い

以上のように、血統、展開、逃げの反動という“三重苦”によって樫の女王のタイトルを取り逃してしまったわけだ。すべてがハマった桜花賞に比べると、いろいろな面でうまくいかなかった。

よって、オークスの惨敗により「桜花賞はフロック」とする風潮には違和感を覚える。

レッツゴードンキにGI級の力があることは間違いない。ごまかしが効かない阪神芝外回り1600mのGIで2回も好走している。実力がなければできない芸当だ。今回の失敗がいいガス抜きとなれば、秋に巻き返してくる可能性は十分に考えられる。


オークスではハマらなかった。しかし、凡走した背景には必ず理由がある。その理由を考えれば、引き続き活躍を期待していい馬であることに疑いの余地はないのだ。

【関連記事】
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力
ミッキークイーンが樫の女王に輝けた4つの要因とは?
GI級の大器!ミッキークイーンがオークスで人気になるワケとは?
角居勝彦厩舎の苦戦…“世界のSUMII”に何が起こったのか?
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ


(C)arima0208

距離以上にスタミナが問われる目黒記念(GII/2500m)が5月31日に行われる。

今年は例年にも増して混戦模様で、ハンディキャップ競争ということも相まって荒れたレースとなるかもしれない。しかしながら、中心はムスカテール、ファタモルガーナ、ステラウインドなどの東京巧者だろう。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。


人気予想

1番人気 ムスカテール
2番人気 ステラウインド
3番人気 ファタモルガーナ
4番人気 ダービーフィズ
5番人気 レコンダイト

中穴人気…ニューダイナスティ、メイショウカドマツ、トウシンモンステラ、ヒットザターゲットなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

ムスカテール(牡7)
適正:★★★★★
能力:★★★★☆
安定感:★★★☆☆

一昨年の同レースの覇者だ。それ以降の芝のレースでは結果が出ずにいたが、前走のメトロポリタンステークスで久々に勝ち星を挙げ、力のあるところを示した。全盛期ほどの迫力は感じないが、このメンバーなら実力上位であることは間違いない。得意の東京コースで久々の重賞勝利となるか。

ファタモルガーナ(セ7)
適正:★★★★☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★★☆

ステイヤーズステークス、ダイヤモンドステークスでいずれも2着と長距離重賞で好走が続いている。好位からしぶとい脚を使う堅実な走りをする馬で、とりわけ長距離での安定感は抜群だ。今度こそ重賞勝利に手が届くか。

ステラウインド(牡6)
適正:★★★☆☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★★☆

今年は万葉ステークスを勝利。ここ2走も敗れたとはいえ、相手関係を考えれば悪くない内容だ。東京コースで好成績を残しており、コース適性も十分だ。今回はメンバーが手薄なので一発も期待できそうだ。

メイショウカドマツ(牡6)
適正:★★★☆☆
能力:★★★☆☆
安定感:★★★☆☆

前々走の早春ステークスを逃げ切り勝ち。逃げて自分の形に持ち込んだときのしぶとさは目をみはるものがある。過去の成績からも東京の2500mの今回の舞台はベストな条件と言えそうだ。楽に逃げられれば逃げ切りもあり得る。

その他には、復活を誓う昨年の覇者マイネルメダリスト、近走は結果が出てないものの、過去には重賞3勝で実績上位のヒットザターゲット辺りも圏内か。3歳から活躍しており、再びオープンまで昇級してきたアドマイヤスピカとダービーフィズがどこまでやれるかにも注目が集まる。

【関連記事】
日本ダービーに届かなかった馬たち〜シャイニングレイ、キロハナら〜
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービー(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る