天皇賞馬スピルバーグの敗因は?6着に敗れた英GIプリンスオブウェールズSを検証

(C)arima0208

ページ:

1

2

天皇賞馬スピルバーグの挑戦は6着という結果に終わった。

イギリスのアスコット競馬場で行われたプリンスオブウェールズステークス(GI/芝2000m)に出走したが、直線で伸び切れずに馬群に沈んだのだ。勝ったのは1番人気のフリーイーグルだった。

なぜ、スピルバーグはアスコットで躍動できなかったか? 敗因を探っていこう。

スポンサーリンク

日本馬の“鬼門”アスコット

レースはスピルバーグにとって、悪くない展開となった。それほど速いペースにならなかったため、究極の消耗戦(=日本馬にとって不利な展開)というより、決め手が重要なレースになったように見える。しかし、伸びきることができなかった。

となると最大の敗因は適正の違いにあるのではないだろうか。

ヨーロッパと日本では馬場の質が違う。特にイギリスのアスコット競馬場の芝質はタフなことで有名だ。日本馬にとって、かなりハードルの高い競馬場といえる。

例えば日本馬はアスコットで惨敗続きだ。

2006年、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに挑戦したハーツクライは3着に健闘したが、2012年に同レースに出走したディープブリランテは10頭立ての8着に、セントジェームズパレスステークスへ挑んだグランプリボスは9頭立ての8着に終わっている。

馬場の質が違えば、好走する馬のタイプが違ってくる。それは日本の馬が凱旋門賞を勝てないこと、そして凱旋門賞馬がジャパンカップで掲示板にすら載れないことを見れば分かるはずだ。

【次のページヘ】スピルバーグの血統とアスコットへの適正評価は?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る