日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?

(C)arima0208

3歳馬にとって一生に一度のレースであるオークスと日本ダービーが今週、来週に渡って東京競馬場で行われる。有馬記念と同じく“競馬の祭典”である日本ダービーは、毎年多くの方々から注目を集めるレースである。

そこでこのレースの過去の傾向から血統や配合について分析していきたい。(データの集計期間は2012.1.29~2015.5.9)

東京芝2400mの黄金配合

東京芝2400mというのは明確な逃げ馬がいない限り、スローペースになりやすい。そのため最後の直線勝負になりやすく、瞬発力が重要な舞台である。瞬発力といえば父サンデーサイレンス系が有名であるが、母父はノーザンダンサーを含む系統が配合的には良い。

そこでオークス・ダービーで注目したい配合は以下の3つである。

父サンデーサイレンス系×母父ダンジグ系
(6-3-1-21) 勝率19.4% 複勝率32.3%

父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系
(5-3-4-27) 勝率12.8% 複勝率30.8%

父サンデーサイレンス系×母父ストームバード系
(5-1-1-16) 勝率21.7% 複勝率30.4%

勝利数でいうと父サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系の8勝や父ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系の7勝がいいのだが、勝率や複勝率ベースで見ると父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサーを含む系統の配合が良い。

また過去のオークス・ダービーで好走した馬として、オークスでは父サンデーサイレンス系×母父ダンジグ系なら2012年1着のジェンティルドンナ(父ディープインパクト×母父Bertolini)や2013年2着のエバーブロッサム(父ディープインパクト×母父デインヒル)がいる。

父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系は2014年2着のハープスター(父ディープインパクト×母父ファルブラヴ)、父サンデーサイレンス系×母父ストームバード系は2011年1着のエリンコート(父デュランダル×母父Bluebird)がいる。

そしてダービーでは、父サンデーサイレンス系×母父ダンジグ系が2012年2着のフェノーメノ(父ステイゴールド×母父Danehill)、父サンデーサイレンス系×母父ストームバード系は2013年1着のキズナ(父ディープインパクト×母父Storm Cat)や2011年2着のウインバリアシオン(父ハーツクライ×母父Storm Bird)がいる。

この3つの配合は過去に好走しているので、是非チェックしてほしい。

【次のページヘ】オークスとダービーの血統連動説って?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る