カテゴリー:自分だけの競馬予想を作る方法 〜勝ち続けるための思考法とは?〜

JRAの市場規模と競馬ファン人口から紐解く「勝つことが難しくないワケ」


競馬で勝ち続けるための思考法に触れる前に、「なぜ競馬で勝つことは難しくないのか」という点に触れておきましょう。

まずはJRAの年間売上額と総参加数……つまり市場規模がどのくらいなのかを見ていきます


2016年の市場規模比較


JRA「売得金額・総参加人員」より

年間売上 2兆6708億円
総参加数 1億7030万人

凄まじい規模ですよね。具体的にどれくらいの数字かというと……

国内ゲーム市場 1兆3801億円
(ファミ通『ファミ通ゲーム白書2017』)

出版 1兆4709億円
(公益社団法人全国出版協会『2016年の出版市場(紙+電子)』)

化粧品 2兆4010億円
(矢野経済研究所『化粧品市場に関する調査を実施(2016 年)』)

これらの業界より遥かに上、ということです。

次に参加人数ですが、1億7030万人を2016年の競馬開催日で割ると約160万人となります。

この中にはヘビーユーザーや、友達に誘われてGIを見に来る一見さんも含まれていますから正確な数値を出すことは不可能ですが、少なくとも100万人以上はいると見積もっていいでしょう。(一般的には100〜800万人と言われています。定義によって、幅も出てきます)

つまり……

(2兆6708億円×還元率0.75)=約2兆円を、100万人のファンで取り合っている

これが競馬の図式です。

控除率の壁を越えられるのか?

ここで忘れてはいけないのが、競馬には控除率があるということ。先ほど、還元率75%と書きましたが、言い換えれば胴元のJRAが持っていくお金が25%もある。

控除率25%の壁がありますから、馬券を購入した時点で回収率は75%になります

「これではどう頑張っても100%を超えるなんて無理」

そんな声が聞こえてきそうですね。

実際、一般的に回収率100%を超えている競馬ファンは5〜10%程度と言われますから、100人に5人程度しか勝てていない計算になります

そう考えると、「95人に勝つのなんてムリ!」という結論に行き当たりがちですよね。


しかし、よく考えてみてください。競馬ファンの数は少なく見積もっても100万人です。

当然、この中には……

・競馬をやったことがないけど、とりあえず買ってみる一見さん
・まだ自分の予想法が確立できていない初心者
・何年経っても100%の壁を越えられないベテラン
・特定の馬を応援し続けるファン(馬券の収支を意識していないファン)
・愛馬が出走する記念で数十万、数百万円を買う馬主さん

彼らが含まれています。彼らは真剣に競馬に向き合うあなたの競争相手になるでしょうか? 答えは言わずもがな、明白ですよね。

よって、現実の競争相手は半分以下。もしかしたら3割程度かもしれません。

全体100人-競争相手にならない人50〜70人
=全体30〜50人/うち勝ち組5〜10人

要するに、多く見積もっても競争相手は10人(全体50÷勝ち組5)。普通に見積もれば5、6人(間を取って全体40÷勝ち組7人)、少なく見積もれば……わずか3人(全体30÷勝ち組10)、ということになります

5人の競争相手に勝てばいい。

そう考えれば、競馬で勝つことを難しく考えすぎることもなくなります。

あまり難しく考えず、肩の力を抜いて競馬と向き合うのも大事なことです。


5人の中で1番になるポイント

もっとも、楽観視することもできません。

なぜなら、競争相手はあなたと同じく、競馬で勝つために真剣な取り組みをしている可能性が高いからです。生半可な気持ちでは、勝つことは難しいでしょう。それどころか、一歩間違えれば……

・何年経っても100%の壁を越えられないベテラン

このグループに仲間入りしてしまう可能性すらあります。

では、どうやって競馬と向き合っていけばいいのか? 勝つための思考法を手に入れられるのか?

それは、次章以降で明かしていくことにしましょう。


【新連載】競馬で勝って人生でも勝つ成功の思考法〜自分だけの予想法の作り方〜


あなたは競馬で勝ちたいと思っている。

回収率100%超を実現したいと思っている。

毎週末、あるいは毎日、必至になって努力している。

しかし、なぜあなたは、競馬で勝つことができないのでしょうか?

理由は、人それぞれだと思います。

・予想が不十分だった
・買い方を間違えてしまった
・競馬場の雰囲気やまわりの人たちに合わせて、買うつもりのないレースを買って負けてしまった

挙げていけば、切りがありません。

しかし、本当にそれらが原因なのでしょうか?


あなたが、多くの人が、競馬で勝てない理由

結論から言えば、

あなたが考えている「勝てない理由」は根本的な問題からズレています

なぜなら、競馬で勝てない人のほとんどは「競馬で勝つための思考法」ができていないからです

競馬で勝つための思考法を持っていないで「予想法が〜」や「買い方が〜」と語るのは、料理のスキルがないのに食材や料理器具にケチを付けるようなもの。いくら最高の包丁や鍋を使って最高の食材を調理したとしても、料理のスキルがなければただの“闇鍋”にしかなりません。

料理の場合は料理本を見たり、クックパッドを見れば、よほどセンスのない人を除けばそれなりの料理が作れます。人によってはプロの料理人もびっくりな腕を身につけることもできる。

しかし、競馬で問題なのは「お手本にすべき思考法」がなかなかないことです。

競馬新聞やニュースは競馬の情報を提供してくれても、競馬で勝つ方法は教えてくれません。競馬予想本には予想の方法が書いてありますが、回収率100%を継続するための思考法までは書かれていません。

では、どうやって競馬で勝ち続けるための思考法を身につければいいのでしょうか?

万年、マイナス収支で競馬を嫌になりそうな精神状態から立ち直る方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

本連載では、競馬を楽しみつつ、無理のないやり方で勝ち続けるための思考法を伝えていきます


さらにその先には、自分だけのオリジナルの競馬予想を作る方法が見えてきます。

今やYouTuberがテレビに出ている芸能人より稼ぐ時代です。競馬予想界でも、プロと言われる新聞記者や予想家より、ブログやYouTubeで予想を披露している素人のほうが有益な情報や考え方を提供できる存在になっています。

本連載で披露していく思考法を身につけることができれば、あなたも“プロの素人予想家”として注目を集める日が来る……かもしれません。

そんな日を頭の片隅でイメージしつつ、あくまでも競馬を楽しむための方法論として、本連載をお楽しみいただければ幸いです。

【関連記事】競馬で勝って人生でも勝つ成功の思考法

競馬の回収率100%超を達成し、年収も100万円アップする成功の思考法がこちら
競馬で一番人気を買う者は「愚か者」である
競馬で一番人気をついつい買ってしまうのはなぜ?心理学的根拠
競馬で無駄に馬券を買わないための心理学的戦略『if then ルール』
競馬で結果を出す、今日からできる最も簡単な方法


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る