(C)minafl

いよいよ2015年のクラシックが開幕する。

最初のレースとなる桜花賞は、例年以上に面白いレースになるかもしれない。

3頭の無敗馬ルージュバック、クイーンズリング、キャットコインにGI好走馬のココロノアイ、レッツゴードンキ、さらにディープインパクト産駒の素質馬がズラリ名を連ねている。

激戦必至の好メンバーとなった一戦の注目ポイントはどこにあるのだろうか?

当サイト編集長のJINが展望する。

桜花賞出走予定馬

2015年 4月12日(日) 2回阪神6日目 24頭 [仮想出馬表] 【11R】  第75回桜花賞
3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (B)

馬名性齢斤量
アースライズ牝3 55マンハッタンカフェ
アンドリエッテ牝3 55ディープインパクト
キャットコイン牝3 55ステイゴールド
クールホタルビ牝3 55マツリダゴッホ
クイーンズリング牝3 55マンハッタンカフェ
クルミナル牝3 55ディープインパクト
ココロノアイ牝3 55ステイゴールド
コンテッサトゥーレ牝3 55ディープインパクト
スキースクール牝3 55パイロ
スノーエンジェル牝3 55スウェプトオーヴァーボード
テンダリーヴォイス牝3 55ディープインパクト
トーセンラーク牝3 55アルデバラン2
ノースメイジャイ牝3 55プリサイスエンド
ノーブルヴィーナス牝3 55ケイムホーム
ノットフォーマル牝3 55ヴァーミリアン
フェアラフィネ牝3 55デュランダル
ペルフィカ牝3 55ゼンノロブロイ
ミッキークイーン牝3 55ディープインパクト
ムーンエクスプレス牝3 55アドマイヤムーン
メイショウメイゲツ牝3 55ディープインパクト
ルージュバック牝3 55マンハッタンカフェ
レオパルディナ牝3 55スニッツェル
レッツゴードンキ牝3 55キングカメハメハ
ローデッド牝3 55ディープインパクト

勢力図を予想

中心になるのはルージュバックだろう。

百日草特別で後の重賞馬ベルーフとミュゼエイリアンを突き放して完勝。前走のきさらぎ賞ではポルトドートウィユやアッシュゴールドを寄せ付けなかった。3戦3勝でどのレースも0.2秒以上の差をつけて勝っている。能力の高さは明らか。ここでも好勝負だろう。

ただ、デビュー以来、すべて1800m以上の中距離を使っている。マイルは今回が初めて。マイルのペースに対応できるかが鍵になりそうだ。

これに続くのがココロノアイとレッツゴードンキの2頭だろうか。どちらも阪神ジュベナイルフィリーズ→チューリップ賞という王道ローテを歩み、2頭とも馬券に絡んでいる。例年なら1番人気に支持される戦績だ。

2頭ともなぜか人気にならないが、実力は証明済みだし、安定感もある。ルージュバックのような派手さはないが、ここを制してもおかしくない力はある。

前哨戦のフィリーズレビューを制したクイーンズリングも見逃せない。もっとも、この馬は前走、マイナス20キロで激走している。牝馬にとって厳しい条件だったはずで、反動が心配される。どちらかと言えば、危険な臭がする人気馬だ。

他に注目すべきなのは、桜花賞と抜群の相性を示しているディープインパクト産駒たちだろう。アンドリエッテ、クルミナル、ミッキークイーン(抽選)など、逸材が揃っている。どの馬もステップレースで負けているが、巻き返しに注目したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)

おすすめの記事