カテゴリー:予想・考察・回顧

中山記念2018の競馬予想分析…マイネルハニーの激走を示唆する3つの要素

(C) ritajulius

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GII/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

このレースは、開幕週に行われることもあり、例年の傾向からは先行有利。過去10年を見ても、3着以内に入った30頭中、半数にあたる15頭が4コーナー3番手以内だった。

では今年、先行馬の中で妙味があるのはどの馬か。イチ推ししたいのはマイネルハニーだ。


好走の根拠① 展開

まずは展開を占ってみよう。確実にハナを奪いにいくのは、キャリアの全24戦で逃げているマルターズアポジーだろう。その後ろにマイネルハニーとアエロリットが続くことが予想される。

マルターズアポジーは重賞を3勝しているように、リズム良く運べれば粘り強い半面、後続に早めに来られるともろい。戦績を見ても、ほぼ1着か2桁着順かの両極端。これまでに4コーナーで先頭を奪われた2戦は、勝ち馬から4.2秒離された17着、2.0秒離された11着と、いずれも大敗している。今回は登録10頭の少な頭数ながら、GI馬も3頭いる強力なメンバー構成。先行有利の馬場を意識して後続も早めに動くはずで、楽な競馬は望めそうにない。

それに対し、マイネルハニーは自在性がある。重賞初制覇を飾ったチャレンジCは3番手から早めに先頭に立って押し切っており、2走前のディセンバーSも2番手から抜け出して勝った。自分でレースを作ることもできるが、レースを引っ張ってくれる馬を目標にする形が、理想の展開なのだ。

アエロリットもは強力な先行馬だが、あくまでも目標は先でここは叩き台。無理に勝ちに行く競馬をするとは思えない。そうなれば、使われているマイネルハニーに分がある。

好走の根拠② 心身ともに充実

ディセンバーS、白富士Sとオープン特別を連勝中。3歳春のスプリングSで2着に逃げ粘るなど、早くから重賞戦線で活躍していたが、ここにきて本格化の兆しがうかがえる。

逃げ切った前走を見ても、道中はうまくハミを抜いてリラックスして走れていた。最後も、2着馬にかわされそうになってからもうひと伸びする味のある内容。かつては力任せに逃げていた印象だが、今は明らかに競馬が上手になっている。また、以前は気性の激しさが目立っていたが、最近はイレ込むようなシーンもなくなった。それが好結果につながっているのだろう。

昨秋は4戦を消化し、コンスタントに使われていながら、馬体重は近2戦連続で増加。心身ともに充実している今なら、今回のメンバーが相手でも上位を狙えるはずだ。

好走の根拠③ ベストの距離

芝1600~2000mのレースを使われ続けているが、最も良績を挙げているのは1800m。チャレンジC1着、スプリングS2着、エプソムC3着と、重賞で3着以内に入ったのは全て芝1800mで、この距離がベストと言える。

関東圏の芝1800mでは【1・2・1・1】と安定した成績。唯一、複勝圏外となった1戦は、出遅れて後方からの競馬を強いられた若竹賞(6着)で、度外視していい。

競馬が上手になった今なら、道中でうまく息を入れることができるコーナー4回の芝1800mは、持ち味を発揮するのに最適な舞台と言っていい。

まとめ

オープン特別を連勝中で、勢いは一番と言っていいマイネルハニー。今回のメンバーに入れば実績では見劣るが、実績上位馬に比べて使われている強みがある。充実の一途を辿り、好走の条件が揃った今回は、上位争いを期待していい。

人気は実績馬に集中することが濃厚なだけに、配当的な妙味も十分にある。今のところ週末に雨の予報はないが、道悪巧者だけに、もし馬場が渋るようならチャンスはさらに大きくなるはずだ。


中山記念2018の競馬予想分析…ディサイファ引退の花道を飾れるか?

(C) masaminh

ラストラン勝利で飾れるか――。

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GⅡ/芝1800m)が行われる。毎年ドバイ、香港など春のGⅠに向けての前哨戦として多くの有力馬が集まりハイレベルの一戦として名高いレースである。今年も例外ではなくヴィブロス、アエロリット、ペルシアンナイトと3頭のGⅠ馬が集まり、この3強で決まりのようにも思える。

今回注目するのは中山記念がラストランとなる9歳馬ディサイファだ。管理する小島太調教師にとっても最後のレースであり、人馬ともに注目を集める。近年は年齢の衰えもあり良いところがなかったが、前走のAJCCでは久々にらしさを見せ4着と好走し、重賞ではまだ戦える力を見せてくれた。中山競馬場、1800mと得意の条件が揃った今回は激走してもおかしくない。

果たしてディサイファは引退の花道を勝利で飾ることが出来るのか? 過去のデータからその可能性に迫っていこう。


データ① 年齢

過去10年のデータを見ると4歳と5歳馬が好成績をあげている。しかし勝ち馬の数では若馬と高齢馬で大差ない結果となっている。

年齢別の成績を見ていこう。

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳3- 1- 4- 17/2512.0%16.0%32.0%
5歳3- 3- 1- 18/2512.0%24.0%28.0%
6歳2- 5- 1- 28/365.6%19.4%22.2%
7歳以上2- 1- 4- 35/424.8%7.1%16.7%

集計期間:2008年~2017年

7歳以上でも勝ち馬がおり、なおかつ複勝率が二桁あるというのはなかなか他の重賞ではないのではないだろうか?しかし中心は4歳、5歳馬であろう。高齢のディサイファにとっては良いデータとは言いづらいが悪いデータというわけでもなく可能性はあるといえる。

データ② 脚質

中山競馬場、開幕週の影響もあり先行馬有利となっているが逃げ切りの例はない。

脚質別の成績を見ていこう。

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0- 2- 2- 6/100.0%20.0%40.0%
先行7- 3- 3- 21/3420.5%29.4%38.2%
差し3- 2- 3- 37/456.6%11.1%17.7%
追込0- 3- 1- 33/370.0%8.1%10.8%

集計期間:2008年~2017年

先行馬の勝率が20%を超える脅威的な成績をあげており先行馬中心のレースといえる。過去10年逃げ切りがないのはハイレベルのメンバー構成が影響していることが考えられ、トリッキーなコース形態の影響で追込、マクリも不振となっている。ディサイファは先行して長く脚を使うタイプであり中山記念に適正がバッチリ合っている。

データ③ 前走

ハイレベルのメンバー構成の影響もあってか前走GⅠ組が好成績をあげている。

前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数勝率連対率複勝率
GⅠ7- 3- 2- 23/3520.0%28.6%34.3%
GⅡ0- 1- 4- 18/230.0%4.3%21.7%
GⅢ2- 5- 4- 37/484.2%14.6%22.9%
OP特別1- 1- 0- 16/185.6%11.1%11.1%

集計期間:2008年~2017年

前走GⅠ組が圧倒的な成績でGⅢ組みも結果を出している一方でGⅡ組は勝ち馬がおらず連対率も低いなど不振となっている。前走AJCCのディサイファにとっては気になるデータである。

まとめ

いかがだっただろうか? GⅠ馬3頭相手に勝つのは難しいかもしれないが、ローテーション以外のデータではマイナス要素はなく展開は間違いなく味方するだろうし、有力馬が休み明けで仕上がっていなければ逆転することも可能なのではないだろうか?

人馬ともに引退の花道を勝利で彩ることを期待しよう。そして最後のレースを暖かく見守ろうではないか。


阪急杯2018の競馬予想分析…レッドファルクスの3つの期待と2つの不安

(C)MAZIMICKEY

高松宮杯の叩き、G1馬の意地見せるか-。

2018年2月15日、阪神競馬場にて阪急杯(G3/芝 1400m)が行われる。G1を2勝しているレッドファルクスが人気の中心になるだろう。

形としては、絶対的力上位のレッドファルクスに、カラクレナイやモズアスコットなどの有力馬が挑むことになる。

ここではレッドファルクスを阪急杯で馬券に組み込む上での期待と不安について考察して行こう。


期待① 距離短縮

まず、この馬の距離短縮戦の成績に着目して考察して行きたい。1200mから1600mのレースに出走しており、これまでに1600mから1200mや1400mから1200mなど距離を短縮して出走した経験がある。

その中である傾向が観察された。この馬の距離短縮戦の成績は5-0-0-0/5であり、勝率100%なのだ。今回も例に漏れることなく1600mから1400mへの距離短縮、この驚異的な数字をここでも発揮できるのか注目が集まる。

なお、この成績はレッドファルクスがダートを走っていたときのデータも入っているため、注意が必要である。

期待② 休み明け成績

次はこの馬の休み明けの成績を確認して行きたい。本来ならば休み明けを苦手とする、または叩きとして使う場合も考えられるため、積極的な買い要因とはならない。

この馬の場合は3-0-1-1/5であり、勝率60.0%、複勝率80.0%という休み明け出走成績を残している。このデータに関しても今回の休み明けで好走することを支持するものとなった。

これについてもあくまで陣営の目標は高松宮杯であることが予想されるため、馬の状態について入念にチェックする必要がある。しかし、『レッドファルクスの休み明けは強い』、この事実が覆ることはない。

期待③ 前走の敗戦

前走はG1マイルチャンピオンズカップに出走し、人気に応えることができず8着に破れた。しかし、この敗戦から馬の力が及ばなかった、ピークが過ぎた、と判断するのは時期尚早である。

前走はG1勝利から満を辞して挑んだマイルG1、M.デムーロ騎手ではなく、弟のC. デムーロ騎手とのコンビで発走した。

最後の直線に入ってC. デムーロ騎手は、一度内の進路を選択したが、その後外めに出すなど、フラフラするような進路取りになった。結果的に前は詰まり、実力を出し切ることなく終わってしまった。

兄と弟で進路の違いが明暗を大きく分けただけに、あの前走で見限るのは不当な評価であり、ここでは力上位を存分に発揮する可能性が高い。

不安① 斤量

レッドファルクスにとって今回の相手ではそこまで大きな不安材料はないのが実際のところである。その中で探すとすれば不安材料の1つとして斤量が挙げられる。今回は出走馬中で最高重量となる58.0kgを背負うのだ。

昨年の京王杯と安田記念で58.0kgを背負って出走しており、それぞれ1着と3着であることからそこまで問題はないと考えられるが、注意しておいて損はない。

不安② 乗り替わり

もう1つ不安要素を挙げるのであれば乗り替わりがある。これはC. デムーロ騎手からの乗り替わりというよりも、コンビを組んでG1で2勝したM. デムーロ騎手が乗らないことが問題となる。

今回騎乗するのは川田将雅騎手である。コーラルS(OP/ダート 1400m)で一度騎乗しているが、4着に終わっている。

この馬はこの後本格化したと判断できるため、難しい判断になるが、M. デムーロ騎手からの乗り替わりは誰が乗ってもマイナス印象を与えるだろう。


まとめ

いかがだっただろうか?レッドファルクスが阪急杯に挑む上での期待と不安についてお分りいただけただろうか。

データ上でも実力的にもこの馬の圧倒的優位は変わらないだろう。しかし、騎手のコース取りやレースの流れで着順が変わってしまうのも競馬の醍醐味。上記した不安についても考慮することをお勧めしたい。


中山記念2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C) Allen Choi

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GII/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13ネオユニヴァースMeadowlake
28キングカメハメハサンデーサイレンス
37ローエングリンサンデーサイレンス
11キングカメハメハサンデーサイレンス
24ディープインパクトエルコンドルパサー
32ディープインパクトStorm Cat
13ハーツクライスピニングワールド
22ローエングリンサンデーサイレンス
34ディープインパクトクロフネ
12ハーツクライWild Again
24アドマイヤムーンSeeking the Gold
33ローエングリンサンデーサイレンス
12ステイゴールドカコイシーズ
23ジャングルポケットサンデーサイレンス
31ホワイトマズルサンデーサイレンス
13エンパイアメーカーサンデーサイレンス
27ホワイトマズルサンデーサイレンス
34ディープインパクトMeadowlake
11ネオユニヴァースMachiavellian
24アグネスタキオントニービン
31スペシャルウィークSeattle Slew
113オペラハウスダンシングブレーヴ
212オペラハウスブライアンズタイム
35エアジハードトニービン
11ミラクルアドマイヤノーザンテースト
24ステイゴールドメジロマックイーン
32アドマイヤベガBe My Guest
12ミラクルアドマイヤノーザンテースト
27Victory GallopKris S.
31サンデーサイレンスノーザンテースト

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクトをはじめとしたサンデーサイレンス系の活躍が目立つ。しかし、それ以上に

サクラアンプルール (母父サンデーサイレンス)
ロゴタイプ   (母父サンデーサイレンス)
ドゥラメンテ (母父サンデーサイレンス)
ダイワファルコン (母父サンデーサイレンス)
シルポート (母父サンデーサイレンス)
フェデラリスト (母父サンデーサイレンス)

といった母父サンデーサイレンスの馬の活躍が目立つのも一つのポイントだろう。今年は昨年2着馬のサクラアンプルールと人気を集めるであろうペルシアンナイト、マイネルサージュが該当する。いずれも父キングカメハメハとハービンジャー(ニアークティック系)との組み合わせは好走馬との傾向にも合致しており、好走が期待される。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
クロフネ24-19-24-2009.0%25.1%
ステイゴールド12-20-10-1436.5%22.7%
キングカメハメハ42-29-27-22612.9%30.2%
ディープインパクト30-32-28-16711.7%35.0%
ハービンジャー10-2-9-1038.1%16.9%
マツリダゴッホ5-2-4-587.2%15.9%
ゴスホークケン0-0-1-00.0%100.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト・キングカメハメハの成績が目立つ。それ以外では本レースでの成績は目立たないものの同条件ではクロフネ産駒も相性が良いのがわかる。アエロリットが相性の良さを活かして当レースでも上位争いできるか注目だ。


阪急杯2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)masakin0712

2018年2月25日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。高松宮記念を目指すスプリンターと1400巧者が激突する。昨年のスプリント王レッドファルクスか素質馬モズアスコットの重賞初制覇となるか、はたまた伏兵が現れるか、注目の一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
17キングカメハメハサンデーサイレンス
24マンハッタンカフェGo for Gin
312アドマイヤマックストワイニング
11ディープインパクトロックオブジブラルタル
24ゼンノロブロイホワイトマズル
35Fastnet RockSadler’s Wells
12ダイワメジャーLaw Society
24ディープインパクトロックオブジブラルタル
39ウォーエンブレムシングスピール
12ダイワメジャートニービン
28シンボリクリスエスCrafty Prospector
35ディープインパクトSmart Strike
11キングカメハメハStorm Cat
22アドマイヤコジーンバブルガムフェロー
311ダイワメジャーZilzal
14アドマイヤコジーンバブルガムフェロー
23クロフネKingmambo
31シンボリクリスエスCrafty Prospector
14シンボリクリスエスCrafty Prospector
21マンハッタンカフェジェネラス
35デュランダルトニービン
17Forest WildcatCure the Blues
25ファルブラヴPistolet Bleu
37シンボリクリスエスCrafty Prospector
17チーフベアハートWestminster
23キングヘイローテンビー
32タイキシャトルダンスオブライフ
13キングヘイローテンビー
21サンデーサイレンスFairy King
32CozzeneSeeking the Gold

解析・分析:注目血統は?

好走の目立つディープインパクト・ダイワメジャー産駒は今回不出走である。父系は他のロイヤルチャージャ系とミスタープロスペクター系・二アークティック系が絡んでいる年がみられる。

母系で注目するのはが二アークティック系の血を持つ馬が近年好走傾向にある。

特に、

オメガヴェンデッタ (母父ホワイトマズル、母母父Mr.Prospector)
ローブティサージュ(母父シングスピール、母母父Machiavellian)
サンカルロ    (母父Crafty Prospector、母母父セクレト)
レッドオーヴァル (母父Smart Strike、母母父Nijinsky)

といったミスタープロスペクター系×二アークティック系の母を持つ産駒の相性が良い。今年の該当馬としてディバインコード・モズアスコットらに注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
サクラバクシンオー9-3-5-4614.3%27.0%
ローエングリン2-0-2-1311.8%23.5%
アドマイヤマックス0-1-2-170.0%15.0%
キングカメハメハ11-17-18-1535.5%23.1%
キンシャサノキセキ11-6-15-7710.1%29.4%
ロードアルティマ0-0-1-10.0%50.0%
キングヘイロー2-0-1-1411.8%17.6%
マツリダゴッホ3-0-3-2210.7%21.4%
マンハッタンカフェ6-9-6-855.7%19.8%
ハーツクライ11-12-9-918.9%26.0%
ジョーカプチーノ0-0-0-10.0%0.0%
アドマイヤムーン6-10-17-1014.5%24.6%
ヘニーヒューズ3-6-6-189.1%45.5%
Frankel0-0-0-20.0%0.0%
サクラプレジデント0-0-0-20.0%0.0%
スウェプトオーヴァーボード0-4-0-340.0%10.5%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サクラバクシンオー、ローエングリン、キンシャサノキセキが勝率・複勝率と安定した成績を残しているのがわかる。

ヘニーヒューズは出走数が少ないものの、複勝率では驚異的な数字を残している。前走で初芝レースでもまずまずの結果を残せたモーニンも勝ちきるのは難しいかもしれないが、複勝圏までは十分に可能性がありそうだ。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る