カテゴリー:予想・考察

東海S2018の競馬予想分析…オールマンリバーの激走への3つのカギとは?

(C)Yusuke Tsutaya

好成績を残すダートで初重賞制覇へ――。

2018年1月21日、中共競馬場にて東海S(G2/ダ 1800m)が行われる。重賞で成績を残しているテイエムジンソク、アポロケンタッキー、ドラゴンバローズあたりが上位人気となりそうだ。

G1で結果を残している馬もいるため、伏兵の台頭は難しそうだが、その中でも可能性のある馬に注目したい。それはオールマンリバーだ。重賞経験はないものの、ダートでの好成績は著しく、ここで馬券に絡んでもおかしくはない。

オールマンリバーが好走するためのポイントについて考察していこう。


ポイント① ダートでの成績

まずはオールマンリバーの成績を確認していこう。芝でデビューも未勝利勝ちはダート、その後また芝に戻るなどいまいち安定しない競走馬だった。しかし、4歳になってからはその成績は激変した。

明けて4歳になり、一度芝を使ってからはずっとダートを使っており、結果も十分に残していると言えるだろう。2016年からのダート成績は、4-7-4-2/17という驚異的なものである。

勝率23.5%、複勝率88.2%は簡単に叩き出せる数字ではないだろう。また、このデータを今回の舞台となる中京競馬場に特化させてみると、2戦2勝という結果が出た。

さらにもう1つデータを追加するならば左回りのダート戦だろうか。2016年からの左回りダート戦でもオールマンリバーは、4-1-4-0/9という成績を残している。左回りであれば複勝率は100.0%なのだ。

重賞は初出走という課題はあるが、このデータを見れば買わずにはいられないのではないか?

ポイント② テイエムジンソクとの差

昨年の5月、オールマンリバーはテイエムジンソクと対戦しており、1.5秒差での敗戦を喫している。これについてもどう考えるかで馬券の買い方が変わってくるのではないか。

馬柱を見ればそのタイム差やテイエムジンソクのG1での成績からこちらの力不足は一目瞭然である。しかし、実際にそのレース映像を確認してみるとそこまで簡単な話ではない。

このレースで跨った北村友一騎手は完全に流れに乗ることができていない。もちろん圧倒的な強さで勝ったテイエムジンソクの力は計り知れないが、逆に完全に乗れていない状態で最後5着に来た馬の力を評価したい。

対戦成績から迷いなくこの馬を切ることも考えられるが、一度レース映像を見ることをお勧めする。現状力の差は否めないが反撃の余地はあると判断する1つのファクターになるかもしれない。

ポイント③ 昇級初戦

多くの人が気になるポイントはこの馬が昇級初戦となることではないか。実際6歳で初めてのオープン入り、ここが重賞初挑戦と疑うべき要因は多い。

しかし、ここで着目すべきはオールマンリバーの昇級初戦の成績だ。これについても2016年以降のダート戦に限定してデータを抽出してみる。ステップとしては500万下から1000万下、1000万下から1600万下の2回が昇級戦となる。

その成績は1000万下で4番人気2着、1600万下で6番人気2着である。このことから読み取れるのは、オールマンリバーが相手なりに走ることのできる馬であることだ。

つまりは初めての重賞でも十分に爪痕を残すチャンスはある。前述したデータに加えて、この馬の昇級戦成績に注目してみるのも面白いのではないか。

まとめ

いかがだっただろうか?上位人気、特にテイエムジンソクは固いと考えるファンが多いこのレース、人気薄が予想されるオールマンリバーの可能性を感じることはできただろうか。

果たしてこの馬はこれまた昇級戦で結果を残すことができるのか。こういった点から東海Sを考察していくのも面白いだろう。



東海S2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率5割超、回収率190超

(C)Arappa

2018年1月21日、中京競馬場で東海ステークス(GⅡ/ダート1800m)が行われる。テイエムジンソク、アポロケンタッキー、ディアデルレイ、シャイニービームらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 中2週での出走は消し!

前走とのレース間隔を見ると、中2週の間隔で出走した馬の中に馬券圏内に入った馬が1頭もいないことがわかる。

中央競馬においては、地方競馬のようにレース間隔を詰めて出走する必要性はあまりなく、特に重賞ともなると、ある程度余裕を持った調整と期間で出走したほうが好成績を残している。

間隔着別度数
2週0- 0- 0- 0/ 14
間隔勝率複勝率単回値複回値
2週0.0%0.0%00

集計期間:2003. 1.20 ~ 2017. 1.22

中2週の間隔で出走する馬は間違いなく消して問題はないだろう。

ポイント2 母父サンデーサイレンス産駒は消し!

血統からポイントを探すと母父サンデーサイレンスが中京競馬場でのオープンクラス以上のレースで過去5年に遡っても1頭も勝馬を出していないことがわかる。

サンデーサイレンス自体は芝で活躍する馬が多い印象はあるものの、必ずしもダートで活躍する馬を輩出していないわけではないので意外と言える結果かもしれない。

母父馬着別度数
サンデーサイレンス0- 0- 1-12/ 13
母父馬勝率複勝率単回値複回値
サンデーサイレンス0.0%7.7%010

集計期間:2003. 1.20 ~ 2017. 1.22

2016年に単勝1番人気で3着に敗れたロワジャルダンが唯一の好走例となっている。

そのロワジャルダンも中京競馬場ダート1800mは通算4回走って4着→3着→8着→14着と芳しくない成績となっていることを考えると、母父サンデーサイレンスは消しと考えていいだろう。

ポイント3 前走左回りは消し!

前走の競馬場別の成績を見ていると意外なことに気づく。

それは前走が左回りの競馬場(新潟・東京・中京)で走っていた馬の成績が芳しくないのだ。

前走場所着別度数
左回り0- 0- 2-10/12
前走場所勝率複勝率単回値複回値
左回り0.0%16.7%025

集計期間:2013. 1.20 ~ 2017. 1.22

特に12月に同じ競馬場同じ距離で行われるGⅠ・チャンピオンズカップからは6頭が東海ステークスに駒を進めていて、しかも上位人気に支持されることが多いのにもかかわらず3着に2頭入ったのみというのは意外と言える結果となっている。

出走間隔が若干開くことや年末年始を挟むことで競馬ファンが考えているよりも意外と調整が難しいのかもしれない。

ポイント4 前走後方脚質は消し!

中京競馬場ダート1800mは出走馬のレベルが高いGⅠ・チャンピオンズカップを除いて後方脚質は届きにくい傾向にある。

前走脚質着別度数
平地・後方0- 1- 2- 11/ 14
平地・マクリ0- 0- 0- 1/ 1
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・後方0.0%21.4%036
平地・マクリ0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1.20 ~ 2017. 1.22


チャンピオンズカップに次ぐ格の東海ステークスだけに、下級条件戦に比べれば、まだましだが勝馬が1頭もいないことを考えれば軽視して問題ないだろう。

ポイント5 前走二桁着順は消し!

最後に前走の着順から見てみると二桁着順に惨敗した馬の挽回・巻き返しは東海ステークスにおいてはまず見られないことがわかる。

前走着順着別度数
前走10着~0- 0- 1-23/24
前走着順勝率複勝率単回値複回値
前走10着~0.0%4.2%07

集計期間:2013. 1.20 ~ 2017. 1.22

無難に消しとしてしまって問題ないだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 5- 3-11/24
勝率複勝率単回値複回値
20.8%54.2%83197

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

なんと、好走率は54%超、複勝回収率も200%近い数字を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


AJCC2018の競馬予想分析…ゴールドアクター中心の構図が揺るがない理由とは?

(C)Ko-Mei

古馬の主役になるために――。

2018年1月21日、中山競馬場でアメリカジョッキークラブカップ(AJCC/GII/芝2200m)が行われる。人気になるのが2015年の有馬記念の覇者ゴールドアクターだ。今回はおよそ7ヶ月ぶりの実戦となるが実力、中山実績、小粒なメンバーを考えれば中心視するのが妥当だ。

今回は長期休養明けでもゴールドアクターが中心の根拠について迫っていこう。


中心の理由① 年齢

ゴールドアクターは今年で7歳になる。年齢的な不安を感じてしまうがAJCCの過去10年のデータを見てみると意外な事実がわかる。

年齢別の成績を見ていこう

年齢着別度数
4歳0- 2- 2- 12/16
5歳4- 0- 3- 22/29
6歳3- 1- 3- 30/37
7歳以上3- 7- 2- 48/60

集計期間:2007年~2017年

一番成績が良いのは5歳、そして意外なことに4歳は勝ち馬がいないという結果である。今年は5歳馬がおらず2番人気になりそうなダンビュライトが4歳であることを考えるとゴールドアクターには追い風といえる。

中心の理由② 関東馬

過去10年の勝ち馬を見ると7頭が関東所属である。

所属別の成績を見ていこう。

所属着別度数
美浦7- 8- 7- 69/91
栗東3- 2- 3- 43/51

集計期間:2007年~2017年

圧倒的といえるほどの差はないが勝率、連対率、複勝率全てにおいて関東馬の成績が勝っており、やはり関東馬中心といえる。

中心の理由③ 脚質

過去10年でもっとも多くの勝利を挙げている脚質が先行である。

過去10年の脚質別成績を見ていこう。

脚質着別度数
逃げ1- 2- 0- 8/11
先行6- 6- 3- 24/39
差し3- 2- 6- 42/53
追い込み0- 0- 0- 38/38

集計期間:2007年~2017年

先行が断然の成績だとわかる。次いで良いのは差しで追い込みは3着内ゼロである。

ゴールドアクターの脚質は先行で差しもこなせるタイプなのでこのデータはかなりの追い風といえる。

まとめ

いかがだっただろうか? 今回ゴールドアクターは長期休養明けという不安要素があるがデータを見れば死角なしといえるし、中山巧者というのも後押ししている。

しかも今回鞍上に武豊騎手を配してきた。キタサンブラックと去年最強のコンビとして名を馳せた武豊騎手とともに今年ゴールドアクターが再び輝くためにもここは負けられない一戦になる。

この新コンビがはたして今年の最強のコンビになりえるのか大いに注目される。



東海S2018の競馬予想分析…テイエムジンソクが信頼できる3つの要素

(C)だわさの写真館

2018年1月21日、中京競馬場で東海ステークス(GⅡ/ダート1800m)が行われる。テイエムジンソク、アポロケンタッキー、ディアデルレイ、シャイニービームらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は一番人気が予想されるテイエムジンソクについて考察していこう。

昨年末のG1チャンピオンズCで2着になったテイエムジンソクがここから始動。次のフェブラリーSに向けて、このステップレースで勝ち切ることができるのか、3つの要素から分析する。


実績・近走成績は文句なし

昨年まで準オープンで留まっていたテイエムジンソクは夏以降急速に力をつけオープン連勝→G3勝ち→G1で2着としっかり成績を残してきた。まだG1勝ちはないが、アポロケンタッキーが回避すればここでは実績面で最上位の評価となる。

近走成績では特にここ2戦で一気にレベルを上げており、前々走のみやこSはG3ではあるがかなり強い勝ち方で、前走も最後は敗れたものの僅差で2着とこちらも十分評価できる内容である。

格上馬が結果を残すこのレース

意外とチャンピオンズC(旧ジャパンCダート)から東海Sというローテーションの馬は多くなく、G3やオープン特別からまわってきている馬が上位に来ることも多いこのレースだが、G1で結果を残していた格上馬がまわってきた場合はここでもしっかり結果を残している。

デビュー以降ダート1600m〜1900mでのみ走っており、ここ2戦も今回と同じ1800mで結果を残してきており、条件的に問題なし。もともと相手なりにきっちり走れて凡走は少ない馬なので、このレースでも当然信頼してよい。

G1戦線に比べて相手は弱体化

対戦相手の中でG1戦線を走ってきている馬は川崎記念にまわる予定のアポロケンタッキーを除くとアスカノロマンくらいで、そのアスカノロマンも最近はG3でも結果を残せていない。

それ以外の馬ではオープン特別を連勝しているディアデルレイなど勢いのある馬もいるが、これまで戦ってきた馬と比べると能力・実績ではさすがに差があるという評価となる。

まとめ

以上の分析から考えて、テイエムジンソクにとってここはあくまでも通過点。しっかり勝ち切るだろうし、勝たなければいけないレースである。

断然の人気が予想されるが、これだけの要素が揃えばその信頼度は高い。


AJCC2018の競馬予想分析…ショウナンバッハが好走する4つの根拠

(C)Pelusa214

引退した弟の有終の美に続いて――。

2018年1月21日、中山競馬場にてAJCC(G2/芝 2200m)が行われる。人気となりそうなのが、G1でも結果を残しているゴールドアクターや明けて4歳となったミッキースワロー、ダンビュライトあたりだろう。

前述した馬が人気を集めそうな一戦だが、あえて馬券妙味を求めてみるのも面白い。ここで興味深いのはショウナンバッハではないだろうか。正直なところ前走で馬券に食い込むことを期待していたが、4着と残念な結果に終わってしまった。

ここでもまだ好走する可能性はある。ショウナンバッハが馬券に絡むとする根拠について考察して行こう。


根拠① 近走の成績

なんと言っても重要なのは近走の充実ぶりではないだろうか。馬券に絡めてはいないものの、強敵相手に善戦していることは馬柱からも読み取れる。

特に勝ち馬との着差に注目すると分かりやすい。近5走における着差は、0.3-0.2-0.2-0.5-0.2となっており、決して大きく離されての負けではないのは明確だ。

前走の中日新聞杯ではハナ差4着と涙が出るほど惜しい結果だった。フロックだと見限る人も多いだろうが、近走の成績を見るとそうとも言えないことはお分りいただけただろうか?

オールカマーで0.2秒差だったルージュバックは、ジャパンカップで5着と好走することができた。前述した要素と合わせてショウナンバッハがAJCCで好走する根拠として挙げておく。

根拠② 乗り替わり

この馬は近走惜しい走りをしているが、実際のところ17戦馬券に絡むことができていない。これは完全にネガティブな要因である。騎手に関しても乗り替わりが多く、継続騎乗が少ないのが現状である。

今回騎乗するのは今年重賞3勝を含む8勝をあげて波に乗る戸崎騎手である。リーディングを獲得するのに集中する彼が勝ちの見えない馬に騎乗するとは思えない。

さらに17走前に馬券に絡んだレース・騎手を確認すると、それは戸崎騎手とのコンビで挑んだAJCCだった。7番人気で3着に持ってきている。クセの強い馬だけにコンビで成績を残している戸崎騎手が跨るのはプラスに働くこと間違いなしだ。

根拠③ 馬の状態

もともとショウナンバッハは調教での動きが良い馬である。美浦坂路で52秒台を頻繁にマークしており、51秒台で駆け上がることもあるのだ。今回の追い切りでのタイムも馬の状態を推し量るのに使えるだろう。

一週前追い切りのタイムは50.7秒(一杯)と発表されている。このタイムの良さだけで状態を判断するのは難しいが、この時計を見れば決して悪い状態にはないことは分かる。

最終追い切りのタイムは手元にないために判断することはできない。新聞やネットの情報などで入手することができた場合には、強敵が多い一戦なだけにこの馬の調子が上がっているのか注目して考える必要がある。

根拠④ ベテラン勢の勢い

JRAが発表した年齢別の成績(10年分)のデータによると、ショウナンバッハにも光が見えてくる。

そのデータによると、ミッキースワローやダンビュライトを含む4歳馬は過去10年勝利がない。一方でショウナンバッハやゴールドアクターなどを含む7歳馬の勝率は10.0%、連対率は20.0%と決して可能性のない数値ではないのだ。

さらに詳細に分析すると、7歳馬の成績は3-3-1-23であり、連対は多いが3着は少ないという結果である。フォーメーションで購入する場合には、このようなデータも加味してみると面白いかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか?予想オッズでは執筆時6番人気となっているショウナンバッハだが、この馬の好走の可能性を感じることはできただろうか。

人気薄で買いたい馬であるのは間違いないが、前走で力を見せてしまったため、このくらいの人気になるのは避けられない。人気馬が強いのは明確だが、弟の引退に花を添えるためにも、ここで一矢報いたいところだ。



競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る