リアファルの血統や菊花賞での可能性は?神戸新聞杯1着馬を徹底検証!
(C)masakin0712

古馬になってからはダートでの活躍も?

少し気が早いが、より遠い将来の考察をしていこう。

リアファルはすでにダートの重賞で好走しているように“砂の才能”も秘めている。むしろ、将来的にはダートでの活躍が見込めるのではないだろうか。

前述のとおり、兄のクリソライトはジャパンダートダービーを勝ち、帝王賞、JBCクラシックで2着になるなど、現ダート界を代表する大物の1頭に名を連ねている。

しかもゼンノロブロイ産駒はダートを得意とする馬も多い。GI勝ち馬こそ出ていないが、昨年のチャンピオンズカップではナムラビクターが2着に好走している。

リアファルは500キロを超える雄大な馬体を持っていてパワフルさがある。瞬発力が問われる芝のGIで勝ちきれるかどうかは未知数であるものの、パワーが問われるダートの世界で活躍できる公算は大きい。

まずは菊花賞での活躍を見守りつつ、“さらにその先”も楽しみにしていきたいところだ。

【関連記事】
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

おすすめの記事