過去の記事一覧

オークスに届かなかった馬たち〜ロカ、ダイワミランダ、フロレットアレーら〜

(C)minafl

一生に一度しか出られないレース――。

華やかなムードに包まれる“世代最強決定戦”の3歳クラシックに競馬ファンは心を揺さぶられる。

ただし、それだけが競馬ではない。脚光を浴びる馬たちの影にはいつの時代も“届かなかった馬”がいる。今回はそんな馬たちに、スポットライトを当ててみたい。


届かなかった良血馬たち

今年の“届かなかった馬”といえば、ロカだろう。

ディープインパクトの姪として注目され、デビュー戦を圧勝。阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に支持された。しかし、阪神のマイルGIで8着に敗れると、クイーンステークス3着、チューリップ賞4着と、重賞で善戦こそしたが、あと一歩勝利に届かなかった。重賞なら2着でも賞金を加算できたが、それもかなわず。

桜花賞当日の忘れな草賞でもミッキークイーンに敗れて2着。デビュー戦を快勝した時は「来年のオークス馬候補」と騒がれたが、出走権を得ることはできなかった。

同じハービンジャー産駒の良血馬フローレスダンサーも届かなかった馬の1頭だ。

母は桜花賞馬ダンスインザムード。デビュー戦で勝利すると、アルテミスステークス、京都2歳ステークスで4着となった。重賞で好走したことから、2勝目は時間の問題と見られていた。しかし、500万条件のエリカ賞やオープンの忘れな草賞で4、5着止まり。さらにオークストライアルのスイートピーステークスでも6着と、あと一歩届かなかった。

スイートピーS組といえばダイワミランダもクラシック路線を歩めなかった。


母はGI4勝のダイワスカーレット。スカーレット一族という超良血馬だ。この馬もデビュー戦で快勝して注目を集めた。しかし、500万条件で3、4着と勝ち切れず、スイートピーSでは2番人気に支持されたが8着に敗れた。ちなみに、この馬もハービンジャー産駒である。

もう一つのトライアルレース、フローラステークスではフロレットアレーが涙を飲んだ。

近親にマイルチャンピオンシップを制したトーセンラーや、天皇賞馬のスピルバーグがいる良血馬で、キャリア4戦目に初勝利を挙げた。しかし、4番人気に支持されたフローラSで10着と大敗して春のクラシック戦線から去ることになってしまった。

“届かなかった馬たち”の巻き返しに期待

他にもスイートピーSを制しながらオークスを回避したディープジュエリーや、同レース3着と本当にあと一歩で届かなかったロッカフラベイビーなど、出走権を逃した馬は多い。

ただし、彼女たちのキャリアがここで終わるわけではない。

今回取り上げた馬たちはいずれも「超」がつくほどの良血だ。高いレベルで活躍するポテンシャルを秘めている。春のクラシックに届かなかった無念を、秋や古馬になってから晴らしてほしい。

“届かなかった馬たち”の奮闘に期待するのも、競馬の楽しみの一つではないだ。彼女たちの今後に注目したい。

【関連記事】
優駿牝馬オークス(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望


ヌーヴォレコルトは次走が最大の狙い目?ヴィクトリアマイルの敗因を紐解く

(C) Yusuke Tsutaya

GI戦線で馬券に絡み続け、前走の中山記念で牡馬を一蹴したヌーヴォレコルト(牝4)。5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)では1番人気に支持された。

しかし、前にいったストレイトガール(牝6)やケイアイエレガント(牝6)を捉えることができず、6着に敗れ去った。

なぜヌーヴォレコルトはキャリアで初めて掲示板を外すことになったのか? 敗因に迫っていこう。


想定された不安

ヌーヴォレコルトにはレース前から不安要素がいくつかあった。詳しくは以下の記事を読んでいただきたい。

ヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルで危険視される理由とは?

上記の記事をまとめると……

・1番人気の期待値が低いハーツクライ産駒
・器用さはあるが絶対的な決め手がないこと

以上の不安がモロに的中したレースとなった。彼女は予想通り単勝2.2倍という圧倒的な1番人気に支持された。人気に支持されたことで明らかに“受け身”になってしまったわけだ。さらに詳しくは次章で書くが、決め手の無さが結果に直結してしまった。

4コーナーを回った時点でヌーヴォレコルトは勝ち馬のストレイトガールと1馬身差しかなかったが、ゴール板では0.6秒差をつけられている。決め手のない彼女にとって、決め手を求められる展開となったことは辛かった。


最大の敗因はスピード決着

ヴィクトリアマイルはスピード競馬になった。

勝ったストレイトガールはスプリンターズステークスや高松宮記念、そして香港スプリントで3着以内に入った経験を持つスプリンターだ。さらに2着のケイアイエレガント、3着のミナレットも1400m以下のレースで好走した実績を持っている。

さらに各馬の上がりを見てみると、1位のディアデラマドレはなんと32秒8の末脚を使っている。2位のスマートレイアーは32秒9、3位のストレイトガールは33秒フラットだった。

つまり、スプリンターが台頭するようなスピードレースなったわけだ。

ヌーヴォレコルトは桜花賞3着の実績を持っている。しかし、渋った馬場の中山記念で牡馬を一蹴したように、本質的にはスタミナ型の中距離馬だ。オークスを制し、秋華賞やエリザベス女王杯で連対を確保していることからも明らかだろう。(秋華賞やエリザベス女王杯で“ちょい負け”しているあたりが、いかにもスタミナ型らしい)

スタミナ型の中距離馬にとって、「スピードが求められるマイル戦」という舞台設定は酷だった。彼女の上がりタイム「33秒5」は、キャリア最速である。よく頑張ったし能力の高さは示した。しかし、いかんせ適正が全く合わなかった。

それがヌーヴォレコルトに対する正当な評価ではないだろうか?

【次のページヘ】次走が最大の狙い目!? その理由とは?

ページ:

1

2

ストレイトガールがヴィクトリアマイルを勝てた4つの理由とは?

(C) Yusuke Tsutaya

悲願のGI初制覇で“春の女王”に――。

5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)をストレイトガール(牝6)が制した。実に6度目の挑戦でGIを初めて射止めたフジキセキ産駒は、どうして勝つことができたのか?

5番人気ながら頂点に輝いた彼女が勝てた理由を探っていこう。


理由① 断然の実績

まず単純に実績が断然だった。今回、上位人気だった馬たちの実績を振り替えてみると……

ヌーヴォレコルト
オークス1着
秋華賞、エリザベス女王杯2着
桜花賞3着

ディアデラマドレ
エリザベス女王杯3着

レッドリヴェール
阪神ジュベナイルフィリーズ1着
桜花賞2着

カフェブリリアント
阪神牝馬ステークス1着

上位人気3頭はGI実績を持っていた。しかし、どれも牝馬限定戦だった。カフェブリリアントに至ってはGI出走歴がなく、重賞実績はGIIのみ。

一方、ストレイトガールは……


ストレイトガール
スプリンターズステークス2着
高松宮記念、香港スプリント、ヴィクトリアマイル3着

ご覧のとおり、勝利実績こそなかったが、牡馬相手のGIで馬券に絡んでいた。その上でヴィクトリアマイルで3着になっている。牡馬混合のGIで馬券に絡める力を持っていて、ヴィクトリアマイルへの適性もあった。実績がスプリントレースに偏っていたことから5番人気にとどまったが、実績を考えると“過小評価”だったというわけだ。

理由② 府中マイル血統

ヴィクトリアマイル3着の実績があったように、府中のマイル戦で強調できる血統だった。

父のフジキセキはヴィクトリアマイルの覇者エイジアンウインズやNHKマイルカップの覇者ダノンシャンティを輩出している。特にエイジアンウインズは“女傑”ウオッカを破ったほど。能力の高さは断然ウオッカが上だったことを考えると(相手の状態が悪かったにせよ)いかに適正の高さで上回ったかが分かる。

また母父のタイキシャトルも府中のマイルGI安田記念の覇者だ。つまり、“府中マイル血統”の血が騒いだわけである。

【次のページへ】残り2つの勝因は機能性と枠順?

ページ:

1

2

(C)Minafl

今年の3歳女王を決める優駿牝馬(GI/芝2400m)が5月24日に行われる。

樫の女王戴冠に最も近いのは桜花賞馬レッツゴードンキだ。2冠目指して突き進めるか。これに対し、きさらぎ賞で牡馬の素質馬を一蹴したルージュバック、さらには桜花賞2着のクルミナルらが待ったをかける。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。


人気予想

1番人気 ルージュバック
2番人気 クルミナル
3番人気 レッツゴードンキ
4番人気 ミッキークイーン
5番人気 クイーンズリング

中穴人気…コンテッサトゥーレ、アンドリエッテ、ココロノアイ、キャットコイン、シングウィズジョイなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

【次のページヘ】勢力図を考察!レッツゴードンキやルージュバックら有力馬の評価は?

ページ:

1

2

エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”

(C)Y.Noda

期待に違わない芸術的な逃げ切り勝ちだった。

5月16日に京都競馬場で行われたオープンの都大路ステークスに出走したエイシンヒカリ(牡4)と武豊騎手は、1番人気に応えて見せた。

13頭立てとメンバーは揃っていなかったが、マイルチャンピオンシップで3着の実績があるグランデッツァ(牡6)を完封したのだから価値が高い。何より、彼らが刻んだレースラップを見て、改めてエイシンヒカリの可能性の大きさと武豊騎手の手腕を感じずに入られなかった。


芸術的なレースラップ

まずは都大路Sのレースラップを見てみよう。

12.5-11.2-11.3-11.9-11.9-11.9-11.4-11.3-12.3

エイシンヒカリはスタートから先頭に立ち、最後までハナを譲らなかった。だからこの数字がそのままエイシンヒカリが刻んだラップということになる。

驚きべきなのは、前後半のタイム差が全くないことだ。

前半3F:35秒0│前半4F:46秒9
後半3F:35秒0│後半4F:46秒9

前後半3ハロン、4ハロンが全く同じタイムというのはなかなか見ない。陳腐な表現になってしまうが、まさに「芸術的」と表現するほかない。


しかも道中、一度も12秒台を刻んでいない。一貫したペースを刻み、後続に脚を使わせて逃げ切ったのだから、素直に「強い」と言っていいはずだ。

欅の向こう側に置き忘れた夢

エイシンヒカリが武豊騎手とコンビを組むと聞いた時、こんなコラムを書いた。

●関連記事→武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう

この記事を書いた時は、半信半疑な部分があった。個性的な逃げ馬に武豊騎手。人気にならないわけがない。期待値が高まらないわけがない。

期待を背負い過ぎている馬が期待に応えるのは簡単なことではない。正直、今なお実力より人気が先行している感は否めない。

しかし、スローの逃げ粘りという“まやかしの結果”ではなく、厳しいペースを自ら作り上げて勝ち切ってみせた。“あの馬”に重ね合わせるのは時期尚早であるものの、その将来に期待していい勝ち方だった。

おそらく次は再び重賞を使ってくる。真価が問われる一戦になるはずだ。

エイシンヒカリと武豊騎手、“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”は次なるステージへ続いていく。

【関連記事】
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る