過去の記事一覧

シルクロードS2018の競馬予想分析…ロードクエストを狙える2つの根拠とは?

(C)masakin0712

2018年1月28日、京都競馬場でシルクロードステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。ダイアナヘイロー、ディバインコード、ファインニードル、アレスバローズ、ナックビーナス、セイウンコウセイらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

ロードクエストは、新潟2歳S、京成杯オータムHと重賞を2勝し、NHKマイルCでも2着と、今回のメンバーでも実績は上位。ただ、ここ最近は低迷しており、1年半近くも勝ち星から見放されている現状で、評価を落としている。

しかし、今回はあらゆる条件が好転し、絶好の狙い目だ。その根拠を示す。


根拠① 満を持してのスプリント転向

もともと気性に難があり、マイルでも常に折り合いに気を遣わなければいけないほど。そこで陣営は、ついにスプリント戦への転向を決断した。

陣営はもともと短距離の適性を感じていたが、馬をスプリンター仕様にしてしまうとマイルに対応できなくなる恐れがあるため、これまでは1600mより短いレースに出走させなかったというだけ。スプリント戦への参戦は、早い時期から意識をしていた。1200mへの参戦は、マイルで頭打ちになったからという後ろ向きなものではなく、満を持しての転向と捉えていい。

1600mより短いレースには一度だけ出走しており、昨年6月のパラダイスS(東京芝1400m)で5着に敗れているが、この一戦は度外視していい。当時は7か月ぶりで、あくまでも次の関屋記念への叩き台だった。馬体重はプラス12kgと、明らかに太め残り。600m通過35.7秒というスローペースだったが、その後の距離延長を見据えて折り合いに専念し、あえて後方で脚を溜める競馬をしたのだ。

根拠② 前走で復活の兆し

1200m戦に初参戦した前走のカーバンクルSは、陣営も手探りの状態だったはず。緩い流れでも決して無理をせずに中団を追走。前残りの流れだった上、直線で進路を切り替えるロスがありながらも、大外から追い込んで0.3秒差の3着と力を見せた。

さすがにスタート直後の行き脚こそひと息だったが、スプリント戦の流れに戸惑うこともなく、道中はスムーズにレースを運べていた。上がり3Fは33.6秒で、最後に勝利した一昨年の京成杯オータムH以来となるメンバー最速をマーク。スプリント適性を示すと同時に、久々にこの馬らしい末脚を披露した。

昨年は、上半期に放牧先で外傷を負って調整が遅れるなどのアクシデントがあり、順調さを欠いた。それが尾を引いていたのか、秋も明らかに本調子ではなかった。しかし、前走を見れば、復調していることは明らかだろう。しかも、そのときの馬体重はキャリア最高の464kg。今回は上積みが確実にあると言っていい。

1200m戦を一度使ったことで、より流れに乗りやすくなるはず。鞍上の三浦騎手もコンビ3戦目で、手の内に入れてきているところだろう。この距離なら小細工は必要なく、折り合いを気にせず、自慢のスピードと切れ味を存分に発揮できることがわかっただけに、今回は前走以上のパフォーマンスを見込んでいい。

まとめ

活路を求めてスプリント戦に転向し、復調の兆しを見せたロードクエスト。かつて見せた爆発力に陰りはない。新天地で輝きを取り戻すことができるか。


シルクロードS2018の競馬予想分析、結果発表!回収率210超のデータ該当馬とは?

(C)masakin0712

2018年1月28日、京都競馬場でシルクロードステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。ダイアナヘイロー、ディバインコード、ファインニードル、アレスバローズ、ナックビーナス、セイウンコウセイらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 単勝8番人気以下は消し!
ポイント2 父・ナスルーラ系は消し
ポイント3 前走準オープン組は消し!
ポイント4 前走オープン特別組は5歳馬以外消し!
ポイント5 前走重賞組は6歳馬7歳馬以外消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 単勝8番人気以下は消し!

シルクロードステークスはGⅠ高松宮記念に直結する前哨戦の一つとして定着していることもあってか、ハンデ戦とはいうものの各陣営ともそれなりに完成度の高い状態で出走させてくる。

そのため、実力馬と前評判の高い人気馬が順当に馬券圏内に入っていることが多い。

馬名人気オッズ
アットザシーサイド1040.3
アレスバローズ24.5
カラクレナイ822.8
キングハート924.6
グレイトチャーター15135.8
セイウンコウセイ59.1
セカンドテーブル716.7
タマモブリリアン17248.5
ダイアナヘイロー13
ナックビーナス35.1
ナリタスターワン14121.4
ニシケンモノノフ1350.5
ファインニードル46.3
フミノムーン16223.2
ミッキーラブソング1250.2
ユキノアイオロス18454.1
ラインミーティア1147.5
ロードクエスト613.7

単勝8番人気以下での出走馬は……

アットザシーサイド
カラクレナイ
キングハート
グレイトチャーター
タマモブリリアン
ナリタスターワン
ニシケンモノノフ
フミノムーン
ミッキーラブソング
ユキノアイオロス
ラインミーティア

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ナスルーラ系は消し

血統からポイントを探すと父・ナスルーラ系が不振傾向にある。

ナスルーラ系はサクラバクシンオーに代表されるように芝の短距離は本来難なくこなせるはずなのだが、過去10年で勝馬が1頭もいないことから考えても京都競馬場芝1200mの舞台は得意とはいえない。

馬名血統分類
アットザシーサイドネイティブダンサー系
アレスバローズロイヤルチャージャー系
カラクレナイニアークティック系
キングハートロイヤルチャージャー系
グレイトチャーターナスルーラ系
セイウンコウセイネイティブダンサー系
セカンドテーブルネイティブダンサー系
タマモブリリアンロイヤルチャージャー系
ダイアナヘイローニアークティック系
ナックビーナスロイヤルチャージャー系
ナリタスターワンナスルーラ系
ニシケンモノノフロイヤルチャージャー系
ファインニードルネイティブダンサー系
フミノムーンネイティブダンサー系
ミッキーラブソングネイティブダンサー系
ユキノアイオロスロイヤルチャージャー系
ラインミーティアロイヤルチャージャー系
ロードクエストロイヤルチャージャー系

父・ナスルーラ系は……

グレイトチャーター
ナリタスターワン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走準オープン組は消し!

ここからは前走のクラスごとに消していくことにする。

まず、前走準オープン組だが集計すると成績があまりよくないが、これは秋競馬であれば夏競馬からの上がり馬が活躍するという傾向が、少なくともシルクロードステークスでは当てはまっていないことを示している。


馬名クラス
アレスバローズ1600万下

前走準オープン出走馬は……

アレスバローズ

ここではこの馬が消える。

ポイント4 前走オープン特別組は5歳馬以外消し!

次に前走オープン特別に出走した組では5歳馬以外の成績が奮わない。

これは、明け4歳ではまだ古馬スプリント路線に対応できる馬が少ないこと、6歳以上では晩成型を除いて競走馬としてのピークが過ぎていく中で、ピーク時に重賞クラスに辿り着けなかったオープンクラスの馬が出走するものの結果が残せていないことを示している。

馬名性齢クラス
アットザシーサイド牝5OPEN特別
キングハート牡5OPEN特別
グレイトチャーター牡6OPEN特別
タマモブリリアン牝5OPEN特別
ナックビーナス牝5OPEN特別
ナリタスターワン牡6OPEN特別
ミッキーラブソング牡7OPEN特別
ユキノアイオロスセ10OPEN特別
ロードクエスト牡5OPEN特別

前走オープン特別出走した5歳馬以外は……

グレイトチャーター
ナリタスターワン
ミッキーラブソング
ユキノアイオロス

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走重賞組は6歳馬7歳馬以外消し!

最後に前走重賞に出走した組でみると6歳馬7歳馬以外の成績が奮わない。

これは、実力馬が実力通りの結果を残せているのがシルクロードステークスでは6歳馬と7歳馬であることを示している。


馬名性齢クラス
カラクレナイ牝4GⅢ
セイウンコウセイ牡5GⅢ
セカンドテーブル牡6GⅢ
ダイアナヘイロー牝5GⅠ
ニシケンモノノフ牡7GⅠ
ファインニードル牡5GⅠ
フミノムーン牡6GⅡ
ラインミーティア牡8GⅠ

前走重賞出走した6歳馬7歳馬以外は……

カラクレナイ
セイウンコウセイ
ダイアナヘイロー
ファインニードル
ラインミーティア

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

セカンドテーブル
ナックビーナス
ロードクエスト

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


根岸S2018の競馬予想分析、結果発表!回収率200のデータ該当馬とは?

@yuminyna

2018年1月28日、東京競馬場で根岸ステークス(GⅢ/ダート1400m)が行われる。カフジテイク、サンライズノヴァ、キングズガード、ベストウォーリア、ノンコノユメ、ブルドッグボスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 単勝6番人気以下は消し!
ポイント2 父・ネイティブダンサー系は消し!
ポイント3 関東馬は消し!
ポイント4 前走GⅠ以外の地方交流重賞出走馬は消し!
ポイント5 前走5着以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 単勝6番人気以下は消し!

根岸ステークスはGⅠフェブラリーステークスに直結する前哨戦の一つとして定着していることもあってか、各陣営ともそれなりに完成度の高い状態で出走させてくる。

そのため、実力馬と前評判の高い人気馬が順当に馬券圏内に入っていることが多い。

馬名人気オッズ
アキトクレッセント46.4
イーデンホール14307.6
カフジテイク13.3
キングズガード34.3
サイタスリーレッド955.6
サンライズノヴァ23.3
ノボバカラ1065.3
ノンコノユメ614.2
ブラゾンドゥリス846.1
ブルドッグボス714.5
ベストウォーリア57.1
マッチレスヒーロー11155.2
モンドクラッセ12158.8
ラブバレット13165

単勝6番人気以下の出走馬は……

イーデンホール
サイタスリーレッド
ノボバカラ
ノンコノユメ
ブラゾンドゥリス
ブルドッグボス
マッチレスヒーロー
モンドクラッセ
ラブバレット

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ネイティブダンサー系は消し!

血統からポイントを探すと父・ネイティブダンサー系が不振傾向にある。

本来、ネイティブダンサー系はダートで活躍する馬も多く輩出しているが、芝も含めて重賞クラスになると中距離以上の距離で活躍することが多く、根岸ステークスでの成績は奮わない。

馬名血統分類
アキトクレッセントネイティブダンサー系
イーデンホールロイヤルチャージャー系
カフジテイクネイティブダンサー系
キングズガードナスルーラ系
サイタスリーレッドロイヤルチャージャー系
サンライズノヴァロイヤルチャージャー系
ノボバカラロイヤルチャージャー系
ノンコノユメネイティブダンサー系
ブラゾンドゥリスニアークティック系
ブルドッグボスロイヤルチャージャー系
ベストウォーリアナスルーラ系
マッチレスヒーローロイヤルチャージャー系
モンドクラッセネイティブダンサー系
ラブバレットニアークティック系

父・ネイティブダンサー系は……

アキトクレッセント
カフジテイク
ノンコノユメ
モンドクラッセ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 関東馬は消し!

競馬の世界では馬の実力に関して「西高東低」と言われて久しいが、それでも関東でのレースでは少なくとも出走割合はそれなりにあるし、成績も互角とまでは言わないまでも善戦していることが多いのだが、根岸ステークスに関しては一切当てはまらない。

馬名所属
アキトクレッセント関西
イーデンホール関西
カフジテイク関西
キングズガード関西
サイタスリーレッド関西
サンライズノヴァ関西
ノボバカラ関東
ノンコノユメ関東
ブラゾンドゥリス関東
ブルドッグボス地方・浦和
ベストウォーリア関西
マッチレスヒーロー関東
モンドクラッセ関東
ラブバレット地方・岩手

関東馬は……


ノボバカラ
ノンコノユメ
ブラゾンドゥリス
マッチレスヒーロー
モンドクラッセ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走GⅠ以外の地方交流重賞出走馬は消し!

現在のダートレース体系は地方競馬との交流重賞も盛んに実施されるようになったが、出走馬の質として中央所属馬と地方所属馬の実力差がはっきりしており、地方交流重賞を実施した場合にはどうしても上位を中央所属馬が独占することも多くなる。

この傾向は地方交流重賞のGⅡ・GⅢとレース格が下がるほど顕著となり、レースレベルが中央競馬のダート重賞よりどうしても低くなってしまう。

その為、前走で交流重賞に出走し上位入線した馬が根岸ステークスに出走してきても、急にレースレベルが上がってしまい対応できないケースが多い。

馬名場所クラス
アキトクレッセント阪神OPEN特別
イーデンホール京都OPEN特別
カフジテイク中京GⅠ
キングズガード中京GⅠ
サイタスリーレッド園田GⅢ
サンライズノヴァ中山OPEN特別
ノボバカラ中山GⅢ
ノンコノユメ中京GⅠ
ブラゾンドゥリス阪神OPEN特別
ブルドッグボス大井OPEN特別
ベストウォーリア東京GⅢ
マッチレスヒーロー中山OPEN特別
モンドクラッセ中山GⅢ
ラブバレット園田GⅢ

前走GⅠ以外の地方交流重賞出走馬は……

サイタスリーレッド
ブルドッグボス
ラブバレット

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走5着以下は消し!

最後に前走の着順から見てみると5着以下に敗退した馬の挽回・巻き返しは根岸ステークスにおいてはまず見られないことがわかる。

馬名着順
アキトクレッセント1
イーデンホール5
カフジテイク7
キングズガード8
サイタスリーレッド3
サンライズノヴァ2
ノボバカラ8
ノンコノユメ9
ブラゾンドゥリス2
ブルドッグボス1
ベストウォーリア7
マッチレスヒーロー2
モンドクラッセ7
ラブバレット2

前走5着以下だったのは……


イーデンホール
カフジテイク
キングズガード
ノボバカラ
ノンコノユメ
ベストウォーリア
モンドクラッセ

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

サンライズノヴァ

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


シルクロードS2018の競馬予想分析…人気馬ダイアナヘイローの3つ好材料と不安とは?

(C)Yushi Machida

勢いを取り戻せるか――。

2018年1月28日、京都競馬場でシルクロードS(GⅢ/芝1200m)が行われる。昨年の高松宮記念の覇者セイウンコウセイなど豪華メンバーが揃った一戦となった。その中でも注目されるのが昨年4連勝で北九州記念を制したダイアナヘイローだ。コースや馬場、クラスの違いをもろともせず重賞制覇、勢いに乗って4番人気で挑んだGⅠスプリンターズSでは自身初の二桁惨敗という苦い結果に終わってしまった。

今回は十分間隔をとってリフレッシュしてここに挑んできた。GⅠに向けて勢いをつけるためにも陣営にとって今回はいい結果がほしいところだが強力なメンバー相手にどこまで通用するのだろうか?

今回はダイアナヘイローがこのメンバーに相手にどこまで期待できるのか?過去の様々なデータを見ていこう。


有利な条件① 5、6歳が中心

過去10年のデータを見ると5歳と6歳の馬がダントツの成績を残している。特に5歳馬がいい。

年齢別の成績を見ていこう

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳1- 2- 0- 29/323.1%9.4%9.4%
5歳4- 3- 4- 21/3212.5%21.9%34.4%
6歳4- 3- 3- 29/3910.3%17.9%25.6
7歳以上1- 2- 3- 49/551.8%5.5%10.9%

集計期間:2007年~2017年

4、5歳が中心でそれ以外はかなり苦戦していることが分かる。ダイアナヘイローは今年で5歳、データを見れば年齢としては一番いい条件である。

有利な条件② 逃げ先行有利

前半はハイペースになりやすいが坂の下りからペースが落ち着きやすく、直線が平坦なこともあり逃げ先行が有利となる。

過去10年の脚質別成績を見ていこう

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0- 4- 0- 6/100.0%40.0%40.0%
先行5- 2- 2- 31/4012.5%17.5%22.5%
差し2- 2- 6- 45/553.6%7.2%18.1%
追込3- 2- 2- 46/535.6%9.4%13.2%

集計期間:2007年~2017年

ダイアナヘイローは逃げ先行タイプ。誰も行かなければ楽にハナを切れるし、強引に行く馬がいれば行かせればいいし非常にレースがしやすい。データからも脚質と相性がよくかなり有利な条件といえる。

有利な材料③ 休み明け好成績

シルクロードSの出走馬の前走を見ると1600万下やOP特別、重賞、GⅠなど様々だが間隔を詰めて使ってくる馬よりも休み明けなど間隔を空けてきた馬が好成績を残している。

間隔別の成績を見ていこう

間隔着別度数勝率連対率複勝率
連闘0- 0- 0- 1/10.0%0.0%0.0%
2週0- 0- 1- 12/130.0%0.0%8.3%
3週2- 6- 4- 26/385.2%21.0%31.5%
4週0- 1- 0- 13/140.0%7.1%7.1%
5~9週6- 3- 4- 48/619.8%14.7%21.3%
10~25週2- 1- 1- 24/287.1%10.7%14.2%
半年以上0- 0- 0- 4/40.0%0.0%0.0%

集計期間:2007年~2017年

中2週以内と半年以上の休み明けからは勝ち馬はおろか好走馬もいない。反面ある程度間隔が空いている馬の好走が目立つ。特に10~25週の長期休み明けでも好成績となっており、昨年のスプリンターズS以来の実戦となるダイアナヘイローにはプラスだ。

不利な条件 牡馬中心

年齢、脚質、レース間隔といい条件が揃ったが最後に気になるのが牝馬ということ。過去には牝馬が上位独占した年もあったがデータで見ると牝馬が大不振のレースだ。

性別別の成績を見ていこう

性別着別度数勝率連対率複勝率
牡・セン馬7- 9- 8- 95/1195.8%13.4%20.1%
牝馬3- 1- 2- 95/1012.9%3.9%5.9%

集計期間:2007年~2017年


牡馬と比べて出走頭数に極端な差はないが成績が明らかに牝馬のほうが圧倒的に悪い。ほぼ複勝圏内に入っておらずダイアナヘイローには厳しいデータだ。

まとめ

過去の様々なデータを見てきたがいかがだっただろうか? 年齢、レース間隔、脚質などあらゆる面で良いデータばかりが揃っているのだが、牝馬というのがどうしても気がかりになる。

果たして、ダイアナヘイローは不利なデータを克服し、GIの栄冠へと続く道を歩んでいけるのか。戦いのファンファーレは28日、15時35分頃に鳴り響く。


根岸S2018の競馬予想分析…アキトクレッセントの激走を示唆する3つの理由

(C)だわさの写真館

同厩舎のブラックに変わって厩舎の筆頭へ――。

2018年1月28日、東京競馬場にて根岸S(G3/ダート 1400m)が行われる。このレースはフェブラリーSへと続く一戦であり、キングズガード、カフジテイクなどG1出走経験のある有力馬や勢いのある4歳馬サンライズノヴァなどが出走する。

キタサンブラックの引退で寂しさを感じる清水久厩舎だが、何度も彼と調教をともにしていたアキトクレッセントが根岸Sに出走する。ここで勝って厩舎に新時代を告げる明るい雰囲気を取り戻せるか。

本記事では、アキトクレッセントが好走する理由について考察していこう。


理由① ベストな舞台

根岸Sの東京ダート1400mは現状アキトクレッセントにとって最高の舞台と言って良いのではないか。

この馬は元来右手前で走ることを好む性質がある。そのため、直線右手前で走ることになる左回りの方が得意なのだ。もちろん今回出走する東京の舞台は左回りで、力を存分に発揮できれば好走できる可能性が高いのだ。

左回りを得意としていることが分かると、前々走の武蔵野Sにおける15番人気3着も決してフロックではないと考えられるのではないか。

また、それを踏まえると右回りながら2、3着を離して勝利した前走のギャラクシーSは、着差以上に地力の強さを証明する結果となったのではないか。

以上のことから根岸Sはアキトクレッセントにとってベストな条件と考えられ、この馬が善戦する理由の1つとして考慮しておくべきだろう。

理由② 近走の好成績

この馬のもう1つの特徴として、攻めの内容がいまいちレースに結びつかないことが挙げられる。しかし、2走前に重賞で3着に入ったこともあり、明け6歳を迎えて完成の域に入ってきたことが窺える。

また、前走の着順も根岸Sにおいては着順に大きく関連してくることがデータから見て取れる。前走着順が1〜5着内の馬とそれよりも着順が悪かった馬では根岸Sでの成績が大きく異なるのだ。

アキトクレッセントは前走1着であり、過去10年の統計では勝率6.5%、複勝率30.4%と好成績を残している。

一方で今回出走する有力馬の中には前走着順が5着に入れていない馬もいる。そのような馬、特に6〜9着だった馬の成績は、勝率0.0%、複勝率10.3%まで落ちる。

つまり、アキトクレッセントの完成度と近走成績が結果に直結する根岸Sの特徴が上手く噛み合えば好走する1つの理由として考えられるのではないか?

理由③ 武蔵野Sでの成績

過去4年の勝ち馬を調べると興味深いデータが浮かび上がった。それは前年の武蔵野Sでの着順と根岸S勝ち馬との相関だ。過去4年間は前年の武蔵野Sで2〜4着に入った馬が根岸Sで勝利しているのだ。

可能性のある馬はアキトクレッセントとノンコノユメである。この傾向が今年も続くのであれば、アキトクレッセントの初重賞勝利も見えてくるのではないか。

まとめ

いかがだっただろうか?アキトクレッセントの可能性について理解することはできただろうか。G1に出走してきた有力馬も多く、決して簡単な勝負にはならないだろうが、アキトクレッセントにも勝機があることが分かったのではないか。

上記した内容に着目してこの馬について考えてみるのも面白いだろう。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る