(C)Yushi Machida

2018年10月20日、東京競馬場で富士S(GⅢ/芝1600m)が行われる。マイルCSの前哨戦として重要なステップレースであり、今年はエアスピネル・ペルシアンナイト・ジャンダルムなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11キングカメハメハサンデーサイレンス
24フジキセキCozen
311キングカメハメハディクタット
13スニッツェルサンデーサイレンス
24フジキセキCozzene
32ディープインパクトUnbraidled's Song
14ディープインパクトUnbraidled's Song
21ディープインパクトStorm Cat
33ローエングリンサンデーサイレンス
12ディープインパクトクロフネ
212キングヘイローリンドシェーバー
35アグネスタキオンダンシングブレーヴ
11ディープインパクトCaerleon
29ディープインパクトMeadowlake
314キングヘイローリンドシェーバー
15ダンスインザダークBertolini
23ディープインパクトO'Reilly
314フジキセキリアルシャダイ
11Giant's CausewaySadler's Wells
26ジャングルポケットサンデーサイレンス
35チーフベアハートサンデーサイレンス
12ダンスインザダークフォーティナイナー
214シングスピールKingmambo
313マンハッタンカフェィジェネラス
16タニノギムレットサンデーサイレンス
211サンデーサイレンスZafonic
315タイキシャトルロイヤルアカデミーⅡ
14フレンチデピュティサンデーサイレンス
25サクラバクシンオーBering
37ジャングルポケットCrafty Prospector

解析・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系はディープインパクト、フジキセキ中心に活躍がみられ、加えてキングカメハメハ産駒・ニアークティック系種牡馬産駒が活躍している。

ディープインパクト産駒はステファノスやダノンプラチナなどのミスタープロスペクター系の血を母系に持つ馬の活躍が目立ち、今年はガリバルディが該当する。

非サンデー系は母父サンデーサイレンスの馬が活躍する傾向にあり今年もこの傾向に注目だ。

2017年 エアスピネル(母父サンデーサイレンス)
2016年 ヤングマンパワー(母父サンデーサイレンス)
2015年 ロゴタイプ(母父サンデーサイレンス)
2011年 アプリコットフィズ(母父サンデーサイレンス)/マイネルラクリマ(母父サンデーサイレンス)
2009年 アブソリュート(母父サンデーサイレンス)
2008年 サイレントプライド(母父サンデーサイレンス)

今年の出走予定馬ではジャンダルム、ペルシアンナイトが該当する。リピーターの多いレースでもあるので過去の優勝馬であるエアスピネル、ヤングマンパワーも無視できない存在だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ステイゴールド16-12-22-1348.7%27.2%
キングカメハメハ17-20-13-1777.5%22.0%
ディープインパクト68-52-40-21118.3%43.1%
スクリーンヒーロー1–2–3-442,0%12.0%
Kitten's Joy2-0-0-0100.0%100.0%
アドマイヤムーン5-12-9-964.1%21.3%
メイショウサムソン7-7-3-4710.9%26.6%
ローエングリン1-10-3-391.9%26.4%
ハービンジャー8-4-12-5410.3%30.8%
ゴスホークケン0–0–0-30.0%0.0%
スニッツェル2-0-0-918.2%18.2%
ハーツクライ23-14-8-16211.1%21.7%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト以外にはハーツクライ・ハービンジャー・メイショウサムソンの成績が優れているのがわかる。上位人気が予想される馬の中ではペルシアンナイトの走りに期待がかかる。自身の成績も含めて同条件と相性が良いメイショウサムソン産駒のデンコウアンジュの走りも警戒する必要があるだろう。

おすすめの記事