カテゴリー:予想・考察

京成杯2018の競馬予想分析…ジェネラーレウーノが重賞初制覇への3か条とは?

(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ダブルシャープ、デルタバローズ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ジェネラーレウーノは芝2000mで2戦連続して逃げ切り。スケールの大きさを感じさせる走りを見せている。

今回は勢いに乗っての重賞初挑戦で、有力馬の1頭。タイトル奪取へのポイントを探っていく。


ポイント① 精神面

連勝しているものの、どちらのレースでも道中で物見をするなど、レースに集中できていない面がある。陣営も「集中力がカギ」と話すように、まだ精神的にかなり幼い。

最終追い切りでも、併せた馬に追いついたところで気を抜く面を見せていた。馬具を工夫するなどで対処はしているが、気性が成長するにはまだ時間がかかりそうだ。

ここまでは潜在能力の高さだけで勝ってきたような感じだが、重賞のメンバーともなればそう甘くはないだろう。

父スクリーンヒーローは自身もそうだったが、モーリスやゴールドアクターに代表されるように産駒も晩成型が多い。狙いが立つのはまだ先かもしれない。

ポイント② 同型が多い

前2走はいずれも単騎でスローペースに持ち込んでの逃げ切りだった。しかし、重賞ではこれまでのような楽な競馬は望めないだろう。

しかも今回は、前3走で全て逃げ、てオープン特別を逃げ切った実績があるコスモイグナーツ、3走前に未勝利戦を逃げ切ったヤマノグラップル、2走前に逃げて3着だったライトカラカゼ、前走で2番手から早めに先頭に立って圧勝したデルタバローズなど、先団で競馬をしたいタイプが多い。同型をうまく捌くことができるだろうか。

激しい先行争いに巻き込まれれば惨敗する危険性もあり、控える競馬になった場合もまた、これまでに揉まれる競馬を経験していないだけに、不安がある。

ポイント③ 葉牡丹賞勝ち馬

京成杯が芝2000mで実施されるようになった1999年以降、葉牡丹賞勝ち馬の成績は以下の通り。

年    馬名     着順人気
1999年 カシマアルデル  6着 ②
2000年 シティースケイプ 7着 ①
2001年 プレジオ     4着 ①
2002年 サスガ      7着 ③
2003年 ブラックカフェ  5着 ③
2005年 ウインクルセイド 8着 ③
2007年 マイネルアナハイム9着 ⑦
2014年 キングズオブザサン2着 ①
2016年 メートルダール  3着 ②

舞台が同じで、時期も約1か月しか変わらないこともあり、当然ながら多くの馬が上位人気に推されているが、相性は良くない。

まとめ

まだ完成にはほど遠いといえる状態で連勝を飾ったジェネラーレウーノ。3連勝で重賞初制覇を飾れば、一躍クラシックの有力候補となることは間違いない。皐月賞と同じ舞台で、どんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。


日経新春杯2018の競馬予想分析、結果発表!回収率150超のデータ該当馬とは?

(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 7歳以上は消し!
ポイント2 ディープインパクト産駒は消し!
ポイント3 前走1800m以下は消し!
ポイント4 前走後方脚質は消し!
ポイント5 昇級戦は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1

年齢別の成績を見ていくと、明確な傾向が出ていることが分かる。5歳をピークに、歳を重ねるごとに成績を落としているのだ。

特に7歳以上になると、好走はほとんど難しくなる。

馬名馬齢
サンタフェチーフ6
ロードヴァンドール5
モンドインテロ6
ヒットザターゲット10
トルークマクト8
アクションスター8
パフォーマプロミス6
ミッキーロケット5
ガンコ5
ソールインパクト6
ベルーフ6
カラビナ5

7歳以上は……

ヒットザターゲット
トルークマクト
アクションスター

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2

京都の重賞といえばディープインパクト産駒だ。日経新春杯でも複数等が好走している。

ただし、「人気になりすぎる」「人気ほどの信頼性がない」という傾向が見られる。

15頭走って4頭が好走しているが、回収率はかなり低い。実際に見てみると、好走したのは4番人気以内の人気馬。5番人気以下の穴馬は馬券圏内に入れていない。好走が難しいわけではないが、回収率的な観点から見ると、軸にするのはあまり得策ではないと言えるのだ。

馬名
サンタフェチーフWiesenpfad
ロードヴァンドールダイワメジャー
モンドインテロ
ディープインパクト
ヒットザターゲット
キングカメハメハ
トルークマクト
アドマイヤジャパン
アクションスター
アグネスタキオン
パフォーマプロミスステイゴールド
ミッキーロケット
キングカメハメハ
ガンコ
ナカヤマフェスタ
ソールインパクト
ディープインパクト
ベルーフハービンジャー
カラビナステイゴールド

ディープインパクト産駒は……

モンドインテロ
ソールインパクト

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3

距離別の成績を見ていくと、前走2000m以上の馬たちが圧倒的にいい成績を残している。一方、1800m以下は芳しくない。


馬名前走距離
サンタフェチーフ2400
ロードヴァンドール2000
モンドインテロ2000
ヒットザターゲット2500
トルークマクト2500
アクションスター1800
パフォーマプロミス2500
ミッキーロケット2000
ガンコ2400
ソールインパクト2500
ベルーフ2000
カラビナ2500

前走1800m以下は……

アクションスター

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4

京都の外回りは直線の長い。しかし、後ろから競馬をして差しきれるような馬場状態にないことが多く、基本的に好位置につけられる馬が有利になる。

馬名脚質
サンタフェチーフ
ロードヴァンドール
モンドインテロ
ヒットザターゲット
トルークマクト
アクションスター
パフォーマプロミス
ミッキーロケット
ガンコ
ソールインパクト
ベルーフ
カラビナ

前走後方から競馬をしたのは……

モンドインテロ
ヒットザターゲット
トルークマクト
アクションスター

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5

前走のクラス別の成績を見ていくと、1000万下から好走している馬も見受けられる。もっとも、全体的な傾向を見ると、前走OPクラス以上の馬でないと厳しいことが分かる。

馬名前走
サンタフェチーフオリオH1600
ロードヴァンドール中日新聞HG3
モンドインテロチャレンG3
ヒットザターゲットアルゼンHG2
トルークマクトアルゼンHG2
アクションスターカシオペ
パフォーマプロミスグレイH1600
ミッキーロケット中日新聞HG3
ガンコ江坂特別1000
ソールインパクトアルゼンHG2
ベルーフ福島記念HG3
カラビナグレイH1600

前走準OP以下だったのは……

サンタフェチーフ
パフォーマプロミス
ガンコ
カラビナ


ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ロードヴァンドール
ミッキーロケット
ベルーフ

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


日経新春杯2018の最終追い切り分析…ミッキーロケットらの調教評価は?

(C)Ko-Mei

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

ミッキーロケット 牡5歳(栗東・音無厩舎)

評価B+

1月5日(金)に栗東坂路(良)で行った一週前追い切りは馬なりで4F54秒6―39秒55―25秒1―12秒3のタイム。ここを目標に乗り込んで、途中フレグモーネを発症し不安視されたがタイムも上々で影響はなさそう。

1月10日(水)の最終追い切りは栗東坂路(稍重)で併せ馬を行い、タイムは4F51秒2―36秒9―24秒6―12秒7で僚馬に遅れた。

4歳秋から主戦を勤めている和田竜二騎手を背にインディチャンプ(3歳500万下)との併せ馬。
相手が調教駆けするタイプのため動きが見劣ったように見えたが、スタートから負荷をかけてしっかりと追ってフィニッシュ。半馬身遅れたものの動きに関しては全く心配はなさそう。

前走の中日新聞杯2着から中5週での出走。夏場の休養からこれが4走目のため仕上げは目一杯で出来はキープされている。

モンドインテロ 牡6歳(美浦・手塚厩舎)

評価B

一週前追い切りは1月3日に美浦南Wコース(良)を馬なりで行い、5F69秒1― 53秒9―39秒7―13秒8のタイム。時計も平凡でお世辞にも良いとは言えない動きだった。

1月10日の最終追い切りは美浦南Wコースでベストマッチョ(OP)との併せ馬で行い、5F69秒9―53秒8―38秒8―13秒1のタイムを出した。

ベストマッチョが3馬身先行しての併せ馬でラスト1Fは一杯に追われて鋭く伸び、なんとか併入に持ち込んだ。

前走のチャレンジC4着から中6週。詰めて使っていないため上積みはありそうだが、調教の動きからは伝わってこない。相変わらず時計は出ていないが動きは一週前追い切りよりも良くはなっている。

ソールインパクト 牡6歳(美浦・戸田厩舎)

評価A-

1月4日美浦南Wコース(良)5F 70秒2―55秒0―40秒5―13秒6のタイム。気合いを入れた一杯の追い切りだったが、あまりにも時計が平凡で動きも今一つ良くない。

1月10日に美浦南Wコース(良)で行った最終追い切りはダイトウキョウ(4歳上1000万下)との併せ馬で5F66秒0―51秒9―38秒6―13秒6のタイム。

5F標識ではソウルインパクトが1馬身先行してスタートしたが、途中でダイトウキョウに抜かせて2馬身先行させ、これを追い掛ける展開。

ラスト1Fは鞍上が目一杯に追うと、反応良く前を捕まえてゴール前では半馬身先着した。

6歳になった今でもソラを使ったり、気を抜いたりするところがあるため、なかなか抜かさない調整方法を繰り返し行っては集中力を高めている。


前走から2ヶ月振りとなるが、十分に仕上がった馬体に見える。

パフォーマプロミス 牡6歳(栗東・藤原厩舎)

評価A

1月5日の一週前追い切りは栗東坂路(良)で馬なりの軽めでの調整だったが、4F53秒9―39秒3―25秒4―12秒5をマーク。時計的にも悪くなく一週前にしては良く動けている。

最終追い切りは1月11日に栗東CWコースで単走追いを行い、M・デムーロ騎手が手綱を取って馬なりで6F88秒7―71秒7―55秒9―41秒1―12秒7をマークしている。

動きは軽快で絶好調と言える状態に見えた。

前走の準オープン戦勝利から中2週だが、疲れや出来落ちは全く見えず元気そのもの。
初重賞挑戦でも十分に通用しそうな動きを見せていた。

サンタフェチーフ 牝6歳(栗東・斉藤厩舎)

評価B+

1月3日の栗東CWコース(良)で一週前追い切りを行い6F84秒3―67秒3―52秒4―38秒6―12秒3の好時計をマークし、馬なりながら素軽い動きで好調をキープしている。

最終追い切りは1月10日に栗東CWコースで調教助手が騎乗して単走馬なりで行われ、6F84秒7―68秒0―52秒6―39秒4―12秒6をマークした。

前走は久々ながら2着に好走、上積みもあり一週前追い切りでほぼ仕上がっていた。
このためほとんど負荷をかけた調教は行っていない。出来はピークを維持しているように見えた。


以上が日経新春杯GⅡに出走する有力馬5頭の調教診断だが、5,6歳中心のメンバー構成で普段の力を出せた馬が自然と勝ちそうな雰囲気である。

年末に一叩きされた馬が多く、ほとんどがその好調さを維持している。


京成杯2018の競馬予想分析、結果発表!回収率190超のデータ該当馬とは?

(C)shin1k

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ダブルシャープ、デルタバローズ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 前走上がり3位以下は消し!
ポイント3 前走1700m以下は消し!
ポイント4 キャリア2戦以下は消し!
ポイント5 前走ダートは消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

京成杯は「極寒期の中山」というシチュエーションで行われる。皐月賞と同じ舞台とはいえ、開催時期が全く違い、求められる要素も異なるため、クラシックで好走しないタイプの馬が走ることが多い。

ただし、「タフな馬場コンデイション」「若駒には厳しい2000m」という舞台設定のため、力が足りない馬が大駆けすることは少ない。原則として10番人気以内から選んでいくのがいいだろう。

馬名人気
イェッツト5
コスモイグナーツ8
ヤマノグラップル15
ロジティナ9
コズミックフォース2
スラッシュメタル11
エイムアンドエンド6
ダブルシャープ4
サクステッド7
デルタバローズ1
ライトカラカゼ10
タイキフェルヴール12
ギャンブラー13
ジョリルミエール14
ジェネラーレウーノ3

10番人気以下が想定されるのは……

ヤマノグラップル
スラッシュメタル
ライトカラカゼ
タイキフェルヴール
ギャンブラー
ジョリルミエール

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 前走上がり3位以下は消し!

日本の競馬において「速い上がりを使えるかどうか」は才能を図るための一つの指標だ。

キャリアの少ない若駒たちの能力を見極める上で、この上がりに着目しない手はない。実際、京成杯でも前走しっかりと上がりの脚をまとめている馬が好走するパターンが多い。

実際、上がり2位以上と3位以下とでは大きな差がある。上がり2位以内の馬に着目していくことにしよう。

馬名前走上がり
イェッツト1
コスモイグナーツ7
ヤマノグラップル8
ロジティナ2
コズミックフォース3
スラッシュメタル7
エイムアンドエンド3
ダブルシャープ10
サクステッド4
デルタバローズ1
ライトカラカゼ3
タイキフェルヴール2
ギャンブラー13
ジョリルミエール3
ジェネラーレウーノ4

前走上がりが3位以下だったのは……

コスモイグナーツ
ヤマノグラップル
コズミックフォース
スラッシュメタル
エイムアンドエンド
ダブルシャープ
サクステッド
ライトカラカゼ
ギャンブラー
ジョリルミエール
ジェネラーレウーノ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走1700m以下は消し!

京成杯は極寒期の中山で行われる。とてもタフな舞台設定であるため、ある程度距離を走りきれる保証がないと厳しい。となると、注目されるのが前走の距離だ。


少なくとも1800m以上を経験していないと厳しい。「スタミナもスピードも問われる1800m以上で、速い上がりを使えている(=惰性の粘り込みではない=実力)という馬を買うべきなのだ。

馬名前走距離
イェッツト1800
コスモイグナーツ1800
ヤマノグラップル1400
ロジティナ2000
コズミックフォース2000
スラッシュメタル2000
エイムアンドエンド2000
ダブルシャープ1600
サクステッド1800
デルタバローズ1600
ライトカラカゼ2000
タイキフェルヴール1800
ギャンブラー2000
ジョリルミエール2000
ジェネラーレウーノ2000

前走1700m以下なのは……

ヤマノグラップル
ダブルシャープ
デルタバローズ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 キャリア2戦以下は消し!

3歳重賞では毎度のことになるが、キャリアが少なすぎる馬を選ぶのはリスクが高い。

・単純に弱い可能性がある
・経験不足が競馬に響く可能性がある

以上の観点から、あまりおすすめできない。実際、京成杯でもキャリア1戦馬は(0−0−1−12)と結果が出ていない。また、2戦に広げても回収率は低く、一部の人気馬しか走っていないことが分かる。

馬名キャリア
イェッツト1
コスモイグナーツ5
ヤマノグラップル4
ロジティナ3
コズミックフォース2
スラッシュメタル2
エイムアンドエンド2
ダブルシャープ7
サクステッド2
デルタバローズ1
ライトカラカゼ3
タイキフェルヴール5
ギャンブラー3
ジョリルミエール6
ジェネラーレウーノ3

キャリア2戦以下なのは……

イェッツト
コズミックフォース
スラッシュメタル
エイムアンドエンド
サクステッド
デルタバローズ

ここではこの馬たちが消える。


ポイント5 前走ダートは消し!

3歳のこの時期はダートの選択肢がないため、芝の重賞に参戦してくるダート馬が多い。

しかし、なかなか結果は出せておらず、京成杯では(0−0−0−5)。4番人気に支持された馬が2頭いたが、いずれも馬券圏外に敗れている。

馬名前走
イェッツト
コスモイグナーツ
ヤマノグラップル
ロジティナ
コズミックフォース
スラッシュメタル
エイムアンドエンド
ダブルシャープ
サクステッド
デルタバローズ
ライトカラカゼ
タイキフェルヴール
ギャンブラー
ジョリルミエール
ジェネラーレウーノ

前走ダートだったのは……

タイキフェルヴール

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消し

フィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ロジティナ

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


京成杯2018の最終追い切り分析…ジェネラーレウーノらの調教評価は?

(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、コズミックフォース、デルタバローズ、ダブルシャープ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回はジェネラーレウーノ、コズミックフォースら上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

ジェネラーレウーノ牡3歳(美浦・矢野厩舎)

調教評価B+

連勝で勢のある同馬。特に前走は今回のレースと同条件を勝ち騎手も田辺騎手と前回と一緒ということで条件に関して問題はないだろう。

一週前追い切りは調教助手が乗って良馬場の美浦南Bウッドコースを単走。強めに追って6F84.5秒上がり13.2秒をマーク。

最終追い切りは稍重の美浦南Bウッドコースでグヴィアズダ(未勝利)と併せ馬。直線とくに強めに追い4F52.2秒上がり12.6秒で0秒2先着。

追い切りを重ねるごとにいい気配を感じたが、まだ上昇の余地が残っている印象。調子自体は悪くない。

コズミックフォース牡3歳(美浦・国枝厩舎)

調教評価A

一週前追い切りは調教助手が乗って美浦南Bウッドコース(良)でサトノセレリティ(障害OP)サトノルーラー(500万下)と3頭併せ馬。5F70.8秒上がり13.2秒馬なり。

サトノセレリティ(一杯)0秒6先着、サトノルーラー(馬なり)併入という内容。

今週の最終追い切りはレースで騎乗する戸崎騎手が跨り美浦南Bウッドコース(稍)ミエノドリーマー(1000万下)と併せ馬。強めに追う併せ馬に対し、同馬は馬なりで6F84.6秒上がり13.3秒で併入。

無駄な動きが1つもなくキビキビとした動きで高評価。

デルタバローズ牡3歳(美浦・堀厩舎)

調教評価A+

一週前追い切りは調教助手が騎乗。美浦南Bウッドコース(良)にてアヴィオール(新馬)オハナ(500万下)と3頭併せ馬。ゴール前強めに追って5F68.2秒上がり13.5秒をマーク。

アヴィオール(仕掛)オハナ(強め)両馬ともに0秒4先着。

最終追い切りはレースで騎乗する石橋脩騎乗で美浦南Bウッドコース(良)ソレイユドパリ(1000万下)と併せて馬なりで5F67.8秒上がり13.1秒強めに追う相手に対し併入。

1週前追い切りから迫力満点な走り。最終追い切りが終了した時点でさらに気配が上昇した。本調子と見ていいだろう。

ダブルシャープ牡3歳(栗東・渡辺厩舎)

調教評価B+


一週前追い切りは調教助手が乗って栗東Cウッドコース(良)ターフェルムジーク(未勝利)と併せ馬。一杯に追って6F83.2秒上がり12.2秒併入。

最終追い切りは佐久間騎手が乗って栗東坂路(稍)ブルベアルッコラ(未勝利)と併せ4F54.5秒上がり12.5秒馬なりで0秒2先着。

特に一週前追い切りに力強さを感じた印象。順調にきているだろう。

コスモイグナーツ牡3歳(美浦・高橋厩舎)

調教評価B-

レースに乗る柴田大騎手が2週続けて追い切りに跨っている。

一週前追い切りは美浦南Bウッドコース(良)ウインブルーローズ(1600万下)と併せ6F84.3秒上がり13.2秒併入という内容。

今週の最終追い切りは美浦坂路(良)を単走。馬なりで4F54.3秒上がり12.6秒をマーク。

順調に仕上がっているがいま一つ走りに迫力がない。勝ち負けまでは期待できない印象。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る