カテゴリー:予想・考察

エリザベス女王杯2017の予想分析…ヴィブロスが現役最強牝馬になれる4つの根拠

(C)masakin0712

現役最強牝馬の称号を手にするために――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、今年のドバイターフを制したGI馬ヴィブロスだ。秋華賞で初のGI制覇を達成し、その力を海外でも示した。1番人気に支持されることが、濃厚となっている。

果たしてヴィブロスは3つ目のタイトルを掴み取ることができるのだろうか? その可能性を探っていこう。


期待① ディープインパクト産駒の傾向

父のディープインパクトは数多くのGI馬を輩出している。国内GIウィナーは全部で27頭もいる。

ただし、ディープインパクト産駒の特徴として「GI一勝で燃え尽きてしまう」点が挙げられる。実際、GI勝ち馬が27頭もいるにもかかわらず、2勝以上を挙げているのは7頭のみ。GI1勝馬の多さはキングカメハメハ(10頭中5頭)やステイゴールド(7頭中4頭)といったリーディング上位の種牡馬に比べても突出している。

そうなると、ヴィブロスも(国内に限れば)2勝目を挙げるのは困難に思えてくる。

だが、ディープインパクト産駒の中でも比較的、牝馬は2勝目を上げやすい傾向にある。牝馬だけに絞ると、13頭中5頭が複数GIウィナー。ヴィブロスの海外GI制覇を含めるなら、約半数の6頭が複数GIを勝っている計算になる。

ヴィブロス自身が海外も含めてGI2勝を挙げていることもあり、ディープ産駒の枯れやすさを心配しすぎる必要はないわけだ。

期待② 枯れない一族という裏付け

さらに母系の血統も、“枯れない裏付け”としては十分だ。ヴィブロスの全姉ヴィルシーナは古馬になってからヴィクトリアマイルを連覇している。エリザベス女王杯では2年連続の道悪に泣いて制覇を果たせなかったが、2着に来た実績もある。


半兄のシュヴァルグランにしても長く第一線で活躍しているわけで、ヴィブロスが枯れてしまっている心配をする必要はなさそうなのだ。

期待③ 枯れていない戦績

もう一つ付け加えるなら、キャリア過多による消耗が少ない点も強調材料として挙げられる。ディープインパクト産駒はとかくキャリアを重ねて強くなるということが少ない。

GIにおけるキャリア別の戦績を見てみると、その事実がはっきりする。

———————————————————-
キャリア 勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
———————————————————-
~20戦 11.5% 33.7% 105 101 36- 36- 33-207/312
21戦~ 4.2% 10.4% 63 32 2- 2- 1- 43/ 48
———————————————————-
※単勝オッズ100倍以上の人気薄は除外

恐るべきことに、キャリア20戦以内の馬を買っていれば自動的にプラスになる。一方、21戦以上になると、好走率はわずか10%まで落ちる。

ヴィブロスはまだキャリア10戦。余力十分、というわけだ。

期待④ ドバイターフと負けて強しの前哨戦

さらに前走の内容も「負けて強し」の内容で、2着に敗れたからといって悲観するような走りではなかった。また、今年のドバイターフで負かした馬たちが後に活躍している事実を踏まえても、トップクラスの実力があることは間違いない。

京都の中距離重賞という舞台設定はディープインパクト産駒が得意な条件でもあり、大きな不安要素も見当たらない。

以上のように、ヴィブロスには好材料がいくつもあり、GI勝ちを邪魔する要因も少ないことがわかった。再びGIのゴール板を一着で駆け抜けるシーンが訪れても、何ら不思議はないのだ。


エリザベス女王杯2017の予想データ分析…いざ主役へ?モズカッチャンの4つの上積み

(C)MAZIMICKEY

20171112日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝2200m)が行われる。

過去10年の傾向から3歳馬が優勢(142433回)となっているが、今年は秋華賞の1着馬ディアドラ、2着馬リスグラシュー、3着馬モズカッチャンの上位3頭が揃って出走を予定している。

その中で、ここではおそらく人気を落とすであろうモズカッチャンにフォーカスする。古馬を交えた女王決定戦で相手は強くなる一方、激走への可能性を示唆する要素が数多くあるのだ。


期待① 前走の敗因

前走、1015日に京都競馬場芝2000メートルで行われた、3歳牝馬限定GⅠ最終戦秋華賞で3着に敗れたが、レース後に12コーナーの間で右前を落鉄したのが大きな原因であることがわかっている。

秋華賞は今回で22回の開催だったが、今回ははじめての道悪・重馬場での開催であった。

その中でレースの半分以上の距離を落鉄した状態で走り、本来の走りができなくても3着に入ることからも、万全の体制で出走すれば十分巻き返しが期待できるところである。

期待② 絶好調の鞍上

モズカッチャンの鞍上は秋競馬初戦の2走前GⅡローズステークスから絶好調のミルコ・デムーロ騎手である。

M.デムーロ騎手は秋のG1だけでもスプリンターズステークスをレッドファルクスで連覇、まさに死闘とも言える不良馬場で行われた菊花賞をキセキで勝利している。

今年のJRAでの勝利数はルメール騎手164勝、戸崎騎手152勝に次ぐリーディング3位となる150勝に既に到達、4位の福永騎手が99勝と50勝の差があることからもまさに3強の状態。


今年の重賞は既に自己最多となる15勝でルメール騎手とは13勝で競っているものの、エリザベス女王杯に騎乗予定のない戸崎騎手はGⅢのみ4勝と大きく差をつけている。

また、京都競馬場の芝コースは今年ここまで84回騎乗して118217310回、勝率21.4%、複勝率53.6%と高アベレージを維持している。

さらに、エリザベス女王杯は昨年クイーンズリングで制覇しているなど、まさに向かう所敵なしの好条件が揃った状態となっている。

期待③ 心強い継続騎乗

継続騎乗している馬が好成績を残している傾向があるエリザベス女王杯ではあるが、今年はとにかく乗り替わりが多くなりそうである。

ディアドラ     ルメール→岩田     ※ルメールはヴィブロス騎乗

リスグラシュー   武豊→福永

ルージュバック   北村宏→ムーア 

クイーンズリング  M.デムーロ→C.デムーロ ※M.デムーロはモズカッチャン騎乗

クロコスミア    岩田→和田       ※岩田はディアドラ騎乗

トーセンビクトリー 福永→アッゼニ     ※福永はリスグラシューに騎乗


スマートレイアー 武豊→川田

過去10年で前走からの乗り替わり馬の成績はのべ66頭中112232回となっていて、馬券で狙う馬を絞る条件としては十分すぎるほど悪い成績となっている。

期待④ 悪くない血統の相性

ハービンジャー産駒であるモズカッチャン。

ハービンジャー産駒は芝の中距離が最も好成績を残している。京都の重賞成績も悪くない。

京都の芝重賞で10番人気以内に支持されたハービンジャー産駒の成績を見てみると……

——————————————–
着別度数 勝率  複勝率 単回値 複回値
——————————————–
2- 3- 3-10/18   11.1%  44.4%     68    118
——————————————–

3000m以上の特殊距離は除外

高い好走率を誇っている。実際、秋華賞でもハービンジャー産駒のワンツーフィニッシュだったし、その一週前の京都大賞典ではトーセンバジルが6番人気ながら2着に食い込んできている。

ハービンジャー産駒にとって、京都の中距離重賞は悪い条件ではないのだ。

まとめ

今年だけで既に8回目の出走となり、疲労も心配されるところだが、調教に騎乗した鮫島一歩厩舎の野田助手からは大きなダメージもなく秋3走目でむしろよくなっていてデキは申し分ないとのコメントも出ている。


オークス2着、秋華賞3着とディアドラやリスグラシューと比較しても引けを取らない実績を積み重ねてきたモズカッチャン。

オークス2着から秋初戦ローズステークス時に和田騎手からM.デムーロ騎手に乗り替わった際、一部に波紋を広げたが、その判断がここにきて好走への布石になるかもしれない……というわけだ。


マイルチャンピオンシップ2017の予想オッズ・人気と日程、出走予定馬と過去の傾向は?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年11月19日(日) 5回京都6日目 22頭 [仮想出馬表]
【11R】  第34回マイルチャンピオンシップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)

出走予定馬・登録馬

馬名性齢斤量
アメリカズカップ牡356
イスラボニータ牡657
ウインガニオン牡557
エアスピネル牡457
ガリバルディ牡657
クルーガー牡557
グァンチャーレ牡557
グランシルク牡557
サトノアラジン牡657
サングレーザー牡356
ジョーストリクトリ牡356
ダノンメジャー牡557
ディサイファ牡857
ネオリアリズム牡657
ブラックムーン牡557
ペルシアンナイト牡356
マルターズアポジー牡557
ムーンクレスト牡557
メラグラーナ牝5 55
ヤングマンパワー牡557
レーヌミノル牝3 54
レッドファルクス牡657

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1エアスピネル4.6
2レッドファルクス5
3イスラボニータ5.2
4サングレーザー6.2
5サトノアラジン6.5
6ネオリアリズム9.7
7ペルシアンナイト10.5
8レーヌミノル23.7
9グランシルク25.9
10メラグラーナ35.7
11クルーガー36.8
12マルターズアポジー44.6
13ウインガニオン54.7
14ヤングマンパワー55.5
15アメリカズカップ60.4
16ダノンメジャー79.7
17ガリバルディ85.5
18ブラックムーン110.8
19ジョーストリクトリ198.5

過去5年好走馬

日付馬名着順人気
2016.11.20ミッキーアイル3
2016.11.20イスラボニータ2
2016.11.20ネオリアリズム7
2015.11.22モーリス4
2015.11.22フィエロ2
2015.11.22イスラボニータ1
2014.11.23ダノンシャーク8
2014.11.23フィエロ3
2014.11.23グランデッツァ9
2013.11.17トーセンラー2
2013.11.17ダイワマッジョーレ3
2013.11.17ダノンシャーク1
2012.11.18サダムパテック4
2012.11.18グランプリボス1
2012.11.18ドナウブルー5

エリザベス女王杯2017の予想データ分析…5つの消しで好走率4割、回収率320超

(C)MAZIMICKEY

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。ミッキークイーン、スマートレイアー、ヴィブロス、ルージュバックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

なお、3歳馬に関しては好走の明確な傾向が出ているため、今回は古馬を対象に検証していくこととする。

エリザベス女王杯2017の予想データ分析…3歳馬好走傾向の条件とは?


ポイント1 前走GIII以下は消し!

エリザベス女王杯は最強牝馬決定戦だ。生半可な実力で好走できるレースではない。

やはり、GIやGIIといったレベルの高いクラスで戦ってきた馬でないと、好走は難しい。

前走クラス着別度数
新馬0- 0- 0- 0/ 0
未勝利0- 0- 0- 0/ 0
500万下0- 0- 0- 0/ 0
1000万下0- 0- 1- 2/ 3
1600万下0- 0- 0- 17/ 17
OPEN特別0- 0- 0- 6/ 6
G30- 2- 1- 30/ 33
G25- 4- 4- 43/ 56
G10- 0- 1- 2/ 3
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
新馬
未勝利
500万下
1000万下0.0%33.3%0120
1600万下0.0%0.0%00
OPEN特別0.0%0.0%00
G30.0%9.1%014
G28.9%23.2%228132
G10.0%33.3%050

集計期間:2007.11.11 ~ 2016.11.13

GIII以下になると、好走率が極端に落ちている。GI、GII組から買う馬を選ぶのがセオリーだ。


ポイント2 キャリア21戦以上は消し!

牝馬は非常にデリケート。しかも、繁殖という未来が待っていることを、馬も本能で分かっている。だから、多くの馬はキャリアを重ねると走る気がなくしてしまう。調教師の言う「お母さんになる準備」を始めていくわけだ。

特にキャリア20戦を越えて第一線で活躍できる馬はほんの一握りである。

キャリア着別度数
21戦~1- 2- 1- 50/ 54
キャリア勝率複勝率単回値複回値
21戦~1.9%7.4%4252

集計期間:2007.11.11 ~ 2016.11.13

基本的にキャリアの浅い馬を選んでいくべきだろう。

ポイント3 前走、後方待機組は消し!

脚質を見ていくと、位置取りが後ろになればなるほど成績が落ちている。前走の脚質別の成績が以下だ。

前走脚質着別度数
平地・逃げ0- 2- 0- 10/ 12
平地・先行2- 2- 1- 22/ 27
平地・中団3- 2- 5- 39/ 49
平地・後方0- 0- 1- 29/ 30
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ0.0%16.7%0196
平地・先行7.4%18.5%308122
平地・中団6.1%20.4%9149
平地・後方0.0%3.3%010

集計期間:2007.11.11 ~ 2016.11.13

逃げ、先行組の成績が圧倒的に高い。

ここでは対象馬が多い中団組までセーフとし、後方組は切っていく。

ポイント4 休み明けは消し!

牝馬は調整が難しいため、順調に使われているかどうかが大きな判断基準となる。

間隔着別度数
連闘0- 0- 0- 0/ 0
2週0- 0- 2- 1/ 3
3週0- 0- 0- 6/ 6
4週3- 2- 4- 62/ 71
5~ 9週3- 4- 0- 22/ 29
10~25週0- 0- 0- 11/ 11
半年以上0- 0- 1- 1/ 2
間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘
2週0.0%66.7%0190
3週0.0%0.0%00
4週4.2%12.7%4446
5~ 9週10.3%24.1%341156
10~25週0.0%0.0%00
半年以上0.0%50.0%075

集計期間:2007.11.11 ~ 2016.11.13


休み明けになると、ほとんど好走例がない。叩いてここに臨んできている馬を選んでいくべきだろう。

ポイント5 父ノーザンダンサー系は消し!

エリザベス女王杯の好走血統を見ていくと、父ノーザンダンサー系が苦戦していることが分かる。

父ノーザンダンサー系
(0−2−0−16)

他の血統の馬を選んでいくべきだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 2- 2-14/23
勝率複勝率単回値複回値
21.7%39.1%469190

集計期間:2009.11.15 ~ 2016.11.13

なんと、好走率は39%超、回収率も320%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


エリザベス女王杯2017の予想分析…ミッキークイーン優勝に必要な絶対条件とは?

(C)はねひろ

再び、勝利の美酒を味わうために――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、2冠馬のミッキークイーンだ。春はGI制覇こそならなかったものの、阪神牝馬ステークスを勝ち、宝塚記念では牡馬に混じって3着と健闘した。能力だけで言えば現役最強牝馬の有力候補であることは間違いないだろう。

しかし、ミッキークイーンは人気に支持されながら、なかなか勝ちきれないことが多い。阪神牝馬Sを勝ったとはいえ、その前の勝利は秋華賞まで遡らなければならないほどだ。

では、エリザベス女王杯を制すために必要なこととは何なのだろうか?


3歳時の幻影を振り解けるか?

ミッキークイーンはどんなタイプの馬か?

そんな質問を投げかけられたとき、多くの人はこう答えるのではないか。

「強烈な末脚が持ち味」

と。実際、オークスに代表されるように、2、3歳時は強烈な末脚を武器にクラシック戦線で活躍してきた。彼女に優れた末脚があったことに疑いの余地はない。

しかし、冷静に戦績を振り返ってみると、意外な事実に気付かされる。それは、


古馬になってから7戦して、上がり3位以内の末脚を3回しか使っていない――

ということである。末脚が持ち味の馬なのであれば、こんな実績になるのはおかしな話だ。普通、たとえ着順が悪くても、上がり3ハロンの順位だけは上位にくるものである。しかし、実際にはそうではない。それはなぜなのか?

その疑問の答えを解く鍵になるのが、ジェンティルドンナの戦績だ。

ジェンティルドンナに見る優勝へのヒント

彼女は2、3歳時、強烈な末脚を武器にしてきた。しかし、古馬になってから徐々に先行策にシフトしていき、上がり上位の脚を使うことは少なくなった。

完結にまとめるとするなら……

「同世代との戦いではポテンシャル勝負(=末脚比べ)で勝ってきたが、古馬になると本来の持ち味である機動力(競馬のうまさ)を活かした走りにシフトしていった」

ということになる。古馬と交じると、末脚比べでは厳しくなる。だから先行策をとり、安定した走りをしてきたわけだ。

ミッキークイーンの話に戻そう。

彼女にしても、2、3歳限定戦ではポテンシャルだけで勝ててきた。しかし、古馬になると徐々にそれだけでは通用しなくなっているのだ。

ではどうすれば優勝に手が届くかといえば、カギは脚質になるだろう。


実際、戦績を見ても“シフトチェンジ”が功を奏す可能性があることを示唆している。

古馬になってから、ミッキークイーンが人気と同じかそれ以上にいい着順で走ったレースは3つ。

2016年 有馬記念
2017年 阪神牝馬S
2017年 宝塚記念

この3つに共通しているのは「究極の切れ味が求められないレース」だったことだ。

阪神牝馬Sと宝塚記念は道悪開催だったし、有馬記念に関しても上がり1位が35秒台という質のレースだった。ミッキークイーンには「末脚が持ち味」というイメージのあるにもかかわらず、実際には「究極の切れ味が求められないレース」で好走しているのだから面白い。

付け加えるなら、有馬記念は16頭立ての4角6番手、阪神牝馬Sは16頭立ての4角8番手と、中団以上で競馬をしていた。

要するに「究極の切れ味が求められないレース」かつ「中団以上(できれば番手)で競馬をすること」が、ミッキークイーンの好走条件と定義できるわけだ。

兄弟に見る血統的な根拠

実際、血統的に見ても先行策によって成績が上がる可能性は大いにある。

全兄トーセンマタコイヤは、ミッキークイーンと同じように3歳時は優れた末脚を発揮していたが、古馬になると徐々に先行策にシフト。最後の勝利は、なんと逃げて勝ち取ったものだった。また、全姉インナーアージも全4勝のうち、未勝利戦を除く3勝を、4角5番手以内の位置取りから挙げている。

まとめると、ミッキークイーンがエリザベス女王杯で優勝できるかどうかの最大の鍵は「位置取り」といえるのだ。


彼女がスタートからどんなポジションにつけるのかが、最大の見所といっても言い過ぎではないだろう。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る