カテゴリー:予想・考察

安田記念2017の予想データ分析…ステファノスの3つの強調材料と不安とは?

(C)Sleep

いよいよ本日、東京競馬場で春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部ではGI初制覇を狙うステファノスにフォーカス。今回は、この馬がなぜ強調できるのか、という点を解説していく。

ステファノスは強調できるのか? それとも……。検証を開始していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ココシュニック
母の父 クロフネ
母の母 ゴールドティアラ
性別
馬齢 6 歳
生年月日 2011年2月13日
毛色 鹿毛
馬主 (有)キャロットファーム
調教師 藤原英昭(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 冠(ギリシャ語)。母母名より連想

強調材料1 フィルターに合致

競馬TIMESでは、安田記念の開催に際し、いくつかの検証を行ってきた。その内の一つの考察で、「5つの消し」というものがあった。ステファノスはこの条件に一つも当てはまっていない。

ポイント1 高齢馬は消し!
ポイント2 キャリア過多な馬は消し!
ポイント3 馬体重が軽い馬は消し!
ポイント4 距離延長馬は消し!
ポイント5 父サンデーサイレンス系は消し!

※詳細は記事にて。

明確なマイナス要素がない、という点は一つの強調材料だろう。

強調材料2 裏打ちされた実績

安田記念の歴史を振り返ってみると、好走馬の多くに共通点があり、凡走した人気馬にも同様の点があった。それが、58キロ実績だ。

以下、以前の検証より抜粋。

安田記念の斤量設定は58キロ(牝馬はマイナス2キロ)。特に近年は斤量の改定がされたことで、JRAの競馬で58キロ以上の斤量を背負う機会はめったになくなった。

だからこそ、58キロに対応できない馬がどうしても出てくる。57キロではなんともなかった馬が、わずか1キロの違いで驚くほど走らなくなってしまう。

人間に置き換えてもそうだろう。履きなれた靴で100mを走るのと、普段より重い靴で走るのとでは結果が全く違ってくる。慣れれば問題なくなるが、レースの前にいきなり違う靴を渡されたら違和感を感じてしまうものだ。

ステファノスの58キロ実績を振り返ってみると……

2016年
天皇賞秋 6番人気3着

宝塚記念 7番人気5着

2015年
天皇賞秋 10番人気2着

いずれも人気より走っていて、2度は馬券に絡んでいる。掲示板を外したことはない。58キロを全く苦にしないタイプの馬であることが分かる。

今回は58キロ実績がない人気馬も多い。よって、ステファノスがアドバンテージを得られる条件と言えるのだ。

強調材料3 ディープにとって刺激的な条件

もう一つ強調できるのが、ディープインパクト産駒にとって刺激的な条件である、という点だ。

ディープインパクト産駒はとにかくフレッシュな馬が走る。

・年齢が若い、キャリアが少ない
・昇級戦
・初の重賞挑戦
・休み明け
・海外遠征

などなど、それまでのキャリアで経験したことがない条件やクラスの変化、距離の延長・短縮といった刺激を受けた時のパフォーマンスが高い。

例えばトーセンラーは初のマイル戦でいきなりGIを制した。キズナ、マカヒキ、リアルインパクト、そしてこの馬も初の海外遠征で好走している。何らかの刺激が加わると、好走の可能性が上がる傾向にあるのだ。

今回、ステファノスにとってマイルGIは初めての条件だ。東京のマイル戦自体も2014年の富士ステークス以来と、かなり久しぶり。悪くない条件といえるだろう。

なお、ディープインパクト産駒はマイル重賞にめっぽう強く、母のゴールドティアラは基本的にマイル以下で活躍した馬だ。マイルGIのスピードについていけるポテンシャルは十分に持っている。

不安要素があるとすれば……

唯一、明確な不安要素として挙げられるのが、大外枠を引いてしまったことだ。安田記念は枠順の有利不利が大きなレースではないが、大外枠は何かと不利を被りやすい。

例えばディープインパクト産駒の東京マイル重賞における枠順別の成績を見てみると……

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 0.0% 25.0% 0 53
2枠 10.0% 30.0% 99 95
3枠 10.0% 30.0% 60 70
4枠 14.3% 28.6% 137 91
5枠 20.0% 40.0% 60 79
6枠 7.1% 28.6% 22 46
7枠 10.5% 36.8% 303 175
8枠 5.3% 21.1% 32 79

やはり大外枠の好走率が最も低い。好走のためには、うまく立ち回り、枠順の不利を乗り越えていく必要があるのだ。

まとめ

いかがだっただろうか? ステファノスには強調材料がいくつもあることが分かった。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


安田記念2017の予想データ分析…オススメの1頭と3つの強調材料とは?

(C) Yusuke Tsutaya

明日はいよいよ、東京競馬場で春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では“オススメの1頭”をピックアップ。今回は、その馬がなぜ強調できるのか、という点を解説していく。

どのようなレースになるのだろうか? その馬が激走する可能性が高い理由とは? 検証を開始していこう。

オススメの1頭とは?

その馬の名は……

ブラックスピネル

である。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

タニノギムレット
モルガナイト
母の父 アグネスデジタル
母の母 タンザナイト
性別
馬齢 4 歳
生年月日 2013年2月14日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 黒い尖晶石

では、なぜブラックスピネルが強調できるのか? その理由を挙げていく。

オススメの理由1 フィルターに合致

競馬TIMESでは、安田記念の開催に際し、いくつかの検証を行ってきた。その内の一つの考察で、「5つの消し」というものがあった。ブラックスピネルはこの条件に一つも当てはまっていない。

ポイント1 高齢馬は消し!
ポイント2 キャリア過多な馬は消し!
ポイント3 馬体重が軽い馬は消し!
ポイント4 距離延長馬は消し!
ポイント5 父サンデーサイレンス系は消し!

※詳細は記事にて。

明確なマイナス要素がない、という点は一つの強調材料だろう。

オススメの理由2 タニノギムレット産駒×安田記念

安田記念の歴代好走馬を見ていくと、タニノギムレット産駒が多く含まれていることが分かる。

日付 馬名 着順 人気
2013.6.2 スマイルジャック 15 18
2012.6.3 スマイルジャック 18
2011.6.5 スマイルジャック 3
2010.6.6 スマイルジャック 5
2010.6.6 アブソリュート 12 13
2009.6.7 ウオッカ 1
2009.6.7 スマイルジャック 5
2009.6.7 アブソリュート 13 8
2008.6.8 ウオッカ 2

ウオッカが圧倒的な力で連覇を達成し、スマイルジャックも2年連続で好走を果たしている。

一桁人気に支持された場合の好走率は実に66.7%。単勝回収値98、複勝回収値166と、非常に優秀な成績となっている。

安田記念はタフさとスピードの両方が求められるレースだ。タフさのないサンデーサイレンス系が成績を極端に落としていることが、その証拠である。

タニノギムレット産駒はタフさとスピードをバランスよく兼ね揃えている。普段はサンデーサイレンス系の後塵を拝しているが、こと安田記念となれば立場は逆転するわけだ。

オススメの理由3 非サンデー系×前走上がり1位

ブラックスピネルは前走、マイラーズカップで4着に敗れた。しかし、上がり32秒8という凄まじい上がりを使った。この点に着目したい。

安田記念はタフさが求められる。だから非サンデー系の成績がいい。だが、だからといって直線の長い東京コースを惰性で粘り込むようなことはできない。

つまり……

瞬発力のある非サンデー系

この特徴を持った馬は非常に強調できるのだ。

実際に数字を見てみることにしよう。父非サンデー系の前走上がり別の成績を見てみると……

前走脚質 着別度数
3F 1位 4- 1- 1- 5/11
3F 2位 2- 1- 2- 7/12
3F 3位 0- 0- 0- 3/ 3
3F ~5位 0- 0- 1- 6/ 7
3F 6位~ 1- 3- 1-30/35
前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
3F 1位 36.4% 54.5% 123 133
3F 2位 16.7% 41.7% 171 232
3F 3位 0.0% 0.0% 0 0
3F ~5位 0.0% 14.3% 0 51
3F 6位~ 2.9% 14.3% 105 125

凄まじい成績を残していることが分かる。上がり2位以内だった馬の成績はなんと複勝率48%、単復回収値は150%を超えている。

ブラックスピネルの臨戦過程は非常に強調できるわけだ。

まとめ

いかがだっただろうか? ブラックスピネルには強調材料がいくつもあることが分かった。

唯一、懸念点があるとすれば58キロ実績がないことだが、この点も血統的な観点から楽観視できる。

タニノギムレット産駒重賞で58キロ以上(牝馬は56キロ)を背負った場合の成績を見てみると……

着別度数
3- 2- 5- 8/18
勝率 複勝率 単回値 複回値
16.7% 55.6% 47 104

※一桁人気が対象

ご覧の通り、非常に高い成績を残していることが分かる。ウオッカ、スマイルジャック、そしてオールザットジャズが複数回好走しているのだ。

もともとロベルト系は斤量を苦にしない傾向にあるだけに、58キロ実績がないことを大きく割り引かなくても良さそうだ。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


鳴尾記念2017の予想データ分析…3つの消しで好走率5割、回収率140も

(C) Meteorshoweryn

今週は阪神競馬場で鳴尾記念(GIII/芝内回り2000m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

鳴尾記念の大前提

このレースの大前提となる考え方は……

差し馬が圧倒的にいい成績を残している

という点だ。脚質別の成績を見てみると……

脚質上り 着別度数
平地・逃げ 1- 0- 0- 6/ 7
平地・先行 2- 1- 1-11/15
平地・中団 2- 2- 3-15/22
平地・後方 0- 2- 1-16/19
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 1- 2- 1- 2/ 6
3F 2位 2- 1- 0- 1/ 4
3F 3位 0- 1- 1- 5/ 7
3F ~5位 1- 1- 3- 5/10
3F 6位~ 1- 0- 0-34/35
脚質上り 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 14.3% 14.3% 165 57
平地・先行 13.3% 26.7% 50 59
平地・中団 9.1% 31.8% 35 204
平地・後方 0.0% 15.8% 0 76
平地・マクリ
3F 1位 16.7% 66.7% 65 271
3F 2位 50.0% 75.0% 195 122
3F 3位 0.0% 28.6% 0 145
3F ~5位 10.0% 50.0% 38 370
3F 6位~ 2.9% 2.9% 33 11

中団で競馬をした馬の成績が非常にいい。そして特筆すべきは、速い上がりを使った馬がほぼ間違いなく馬券に絡んでいる、というところだ。

反対に言えば、末脚をまとめられない馬は上位に来られない。

これを頭に入れてから、ポイントを見ていくことにしよう。

ポイント1 高齢馬は消し!

鳴尾記念は差し馬が結果を残しているレースだ。差し馬、要するに瞬発力が求められるということ。

では、瞬発力が求められる条件を苦手としている馬はどんな馬かといえば、それが「高齢馬」である。人間と同じで、馬も年齢とともにスピードや瞬発力が衰えてくる。よって、ここではなかなか結果を残すことができていない。

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
4歳 14.3% 57.1% 165 140
5歳 27.3% 54.5% 106 137
6歳 5.3% 15.8% 20 194
7歳 0.0% 13.3% 0 70
8歳 0.0% 0.0% 0 0

7歳以上はほぼノーチャンス。基本的に4、5、6歳馬を中心に考えていくべきだろう。

ポイント2 キャリアが多すぎる馬は消し!

人間の世界では「キャリアを積む」というのは総じていいことと受け取られる。

一方、競走馬の世界ではキャリアを積むことが必ずしも好ましいとはいえない。フィジカルが大事な競技であるだけに、走れば走るほど消耗してくる。消耗すると、色々なところにガタが出てくる。

ガタが出てくると、なかなか瞬発力を使うことが難しくなってくる。

キャリア 勝率 複勝率 単回値 複回値
3~ 5戦
6~10戦 0.0% 0.0% 0 0
11~15戦 14.3% 71.4% 165 162
16~20戦 18.2% 45.5% 70 177
21~30戦 8.0% 12.0% 31 28

21戦を超えるとほとんどノーチャンスになっている。

基本的には若く、キャリアの浅い馬を勝っていくべきだろう。

ポイント3 瞬発力血統以外は消し!

次に血統面を見ていくことにしよう。

瞬発力が問われるレースのため、瞬発力のある血統を選ぶのがベターと言える。そうなると……

・父サンデーサイレンス系
・父キングマンボ系

いずれかに属している馬が好ましい。

種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
キングマンボ系 50.0% 50.0% 195 82
サンデー系 3.3% 23.3% 38 187
ディープ系 10.0% 40.0% 38 72
ナスルーラ系 14.3% 14.3% 55 25
ノーザンD系 0.0% 16.7% 0 63
ロベルト系 0.0% 0.0% 0 0
ミスプロ系 0.0% 0.0% 0 0
ダンジグ系 0.0% 0.0% 0 0

キングマンボ系とサンデーサイレンス系の成績がいい一方、他の血統はあまりいい数字を残せていない。基本的に、この2大血統を中心に考えていきたいところだ。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
3- 4- 3- 8/18
勝率 複勝率 単回値 複回値
16.7% 55.6% 107 171

なんと、好走率は約55%、回収率も約140%という極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


安田記念2017の予想分析、結果発表!回収率190超のデータ該当馬は?

(C)Yushi Machida

今週は東京競馬場で春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。

消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 高齢馬は消し!
ポイント2 キャリア過多な馬は消し!
ポイント3 馬体重が軽い馬は消し!
ポイント4 距離延長馬は消し!
ポイント5 父サンデーサイレンス系は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 高齢馬は消し!

まずは出走予定馬の馬齢を見ていこう。

安田記念はマイル王決定戦であるため、最高クラスのスピードが要求される。歳を取るとどうしてもスピードや瞬発力が衰えてしまうため、なかなかいい成績を残せない傾向にあるのだ。

馬名 性齢
アンビシャス 牡5
イスラボニータ 牡6
エアスピネル 牡4
クラレント 牡8
グレーターロンドン 牡5
コンテントメント セ7
サトノアラジン 牡6
サンライズメジャー 牡8
ステファノス 牡6
ディサイファ 牡8
トーキングドラム 牡7
ビューティーオンリー セ6
ブラックスピネル 牡4
ヤングマンパワー 牡5
レッドファルクス 牡6
ロゴタイプ 牡7
ロジチャリス 牡5
ロンギングダンサー 牡8

7歳以上の高齢馬は……

クラレント
コンテントメント
サンライズメジャー
ディサイファ
トーキングドラム
ロゴタイプ
ロンギングダンサー

ここで連覇を狙うロゴタイプが消える。

ポイント2 キャリア過多な馬は消し!

安田記念はスピードが問われる一方、タフさもとても重要になってくる。

スタートからペースが落ちないことに加え、東京競馬場は直線が長い。最初から最後まで一度も息を入れずに走りきらなければならないため、スタミナがない馬では持ちこたえられないのだ。

キャリアを多く消化している馬は、消耗しているか、あるいは単純に弱い馬かのどちらかのパターンである可能性が高い。よって、強調できないのだ。

馬名 キャリア
アンビシャス 15
イスラボニータ 21
エアスピネル 11
クラレント 40
グレーターロンドン 7
コンテントメント 29
サトノアラジン 24
サンライズメジャー 33
ステファノス 22
ディサイファ 39
トーキングドラム 23
ビューティーオンリー 32
ブラックスピネル 15
ヤングマンパワー 18
レッドファルクス 21
ロゴタイプ 29
ロジチャリス 16
ロンギングダンサー 36

キャリア26戦以上なのは……

クラレント
コンテントメント
サンライズメジャー
ディサイファ
ビューティーオンリー
ロゴタイプ
ロンギングダンサー

外国馬ということで一考の余地はあるものの、ここでデータ上はビューティーオンリーが消える。

ポイント3 馬体重が軽い馬は消し!

次に馬格を見ていこう。前述の通り、安田記念は非常にタフなレースだ。だからこそ、体力が重要になってくる。

どんな馬が体力を秘めているかといえば、「大きな馬」だ。ボクシングなどの格闘技に階級があるように、体重が重いというだけで有利なことはたくさんある。馬体が当たっても当たり負けしなかったり、消耗したりすることも、馬格のない馬に比べれば少ない。

基本的には480キロ以上を基準に考えていこう。

馬名 馬体重
アンビシャス 470
イスラボニータ 488
エアスピネル 484
クラレント 488
グレーターロンドン 472
コンテントメント 516
サトノアラジン 524
サンライズメジャー 492
ステファノス 482
ディサイファ 500
トーキングドラム 478
ビューティーオンリー 514
ブラックスピネル 502
ヤングマンパワー 514
レッドファルクス 474
ロゴタイプ 498
ロジチャリス 560
ロンギングダンサー 484

最終的な馬体重は当日になってみないと分からないが、現時点で480キロ未満なのは……

アンビシャス
グレーターロンドン
トーキングドラム
レッドファルクス

ここではアンビシャス、グレーターロンドン、レッドファルクスといった人気馬が消える。ただし、どの馬も470キロ台のため、馬体増で出走してきた場合は消し項目該当馬とはならないため、注意しよう。

ポイント4 距離延長馬は消し!

安田記念は非常にタフなレースで、スタミナ、体力が問われる。

そうなると、どうしても短距離馬は厳しい戦いを強いられることになる。

馬名 前走距離
アンビシャス 2000
イスラボニータ 1600
エアスピネル 1600
クラレント 1400
グレーターロンドン 1600
コンテントメント 1600
サトノアラジン 1400
サンライズメジャー 1600
ステファノス 2000
ディサイファ 2000
トーキングドラム 1400
ビューティーオンリー 1600
ブラックスピネル 1600
ヤングマンパワー 1600
レッドファルクス 1400
ロゴタイプ 1800
ロジチャリス 1600
ロンギングダンサー 1800

前走、マイル未満の距離を走っていたのは……

クラレント
サトノアラジン
トーキングドラム
レッドファルクス

ここでもレッドファルクスはアウト。またサトノアラジンも消えることに。

ポイント5 父サンデーサイレンス系は消し!

安田記念はスタートからゴールまで息を入れる暇がない。これは瞬発力勝負を得意とするサンデーサイレンス系(ディープインパクト産駒を除く)にとって好ましい展開だとはいえない。

息を入れる暇がないというのは、直線で弾けるための体力を温存できなくなるということだ。結果、直線で鋭い脚を使えずに勝ちきれない、というケースが目立つ。

反対に父非サンデーサイレンス系の馬たちにとっては絶好の展開になる。普段は瞬発力で負けていても、安田記念で問われるのはタフさだからだ。

馬名
アンビシャス ディープインパクト
イスラボニータ フジキセキ
エアスピネル キングカメハメハ
クラレント ダンスインザダーク
グレーターロンドン ディープインパクト
コンテントメント Hussonet
サトノアラジン ディープインパクト
サンライズメジャー ダイワメジャー
ステファノス ディープインパクト
ディサイファ ディープインパクト
トーキングドラム キングカメハメハ
ビューティーオンリー Holy Roman Emperor
ブラックスピネル タニノギムレット
ヤングマンパワー スニッツェル
レッドファルクス スウェプトOB
ロゴタイプ ローエングリン
ロジチャリス ダイワメジャー
ロンギングダンサー シンボリクリスエス

父サンデーサイレンス系は……

イスラボニータ
クラレント
サンライズメジャー
ロジチャリス

ここでは皐月賞以来のGI制覇を目指すイスラボニータが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

エアスピネル
ステファノス ※馬体重をクリアしない可能性あり
ブラックスピネル
ヤングマンパワー

この4頭が、今回の激走馬候補となった。なお……

アンビシャス
グレーターロンドン

この2頭も馬体重を480キロ台に乗せてくれば、クリアとなる。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


鳴尾記念2017の予想オッズは?過去5年のデータ傾向を徹底分析

(C) Meteorshoweryn

2017年6月3日、阪神競馬場で鳴尾記念(GⅢ/芝2000m)が行われる。

近年ではフルゲート割れが多い当レース。今年も登録段階で12頭立て以下が確定しており、例年通りの少頭数。少頭数ながらも過去5年の3連単平均配当は102,360円と高額だ。配当妙味も見込める傾向にある一戦といえる。

出走馬のおさらいとともに、予想のポイント(過去の傾向、データ、血統、人気、枠順など)を考察していこう。

出走予定馬・登録馬

2017年 6月 3日(土) 3回阪神1日目 12頭 [仮想出馬表]
【11R】  第70回鳴尾記念
3歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝2000m・内 (A)

馬名 性齢 斤量
サイモンラムセス 牡7 56
スズカデヴィアス 牡6 56
ステイインシアトル 牡6 56
スピリッツミノル 牡5 56
スマートレイアー 牝7 54
デニムアンドルビー 牝7 54
バンドワゴン 牡6 56
マイネルフロスト 牡6 56
ミュゼエイリアン セ5 56
ラストインパクト 牡7 56
レッドソロモン 牡5 56
ロンギングダンサー 牡8 56

想定・予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 スマートレイアー 2.4
2 バンドワゴン 3.2
3 スズカデヴィアス 7.5
4 ステイインシアトル 8.3
5 デニムアンドルビー 9.1
6 ラストインパクト 10.8
7 マイネルフロスト 12.4
8 レッドソロモン 27
9 ミュゼエイリアン 35.8
10 スピリッツミノル 40.7
11 ロンギングダンサー 263.6
12 サイモンラムセス 497.4

過去5年好走馬

着順 馬名 性齢 斤量
サトノノブレス 牡6 56
ステファノス 牡5 56
プランスペスカ 牡6 56
ラブリーデイ 牡5 57
マジェスティハーツ 牡5 56
アズマシャトル 牡4 56
エアソミュール 牡5 56
アドマイヤタイシ 牡7 56
フラガラッハ 牡7 56
トウケイヘイロー 牡4 56
エクスペディション 牡6 56
ダノンバラード 牡5 57
トゥザグローリー 牡5 57
ショウナンマイティ 牡4 57
トーセンラー 牡4 56

データ考察

過去5年のデータを抽出して傾向を探っていく(2012年から施行時期・距離が変更となっているため)。なお、週中には注目のデータをピックアップし、激走馬を導き出す考察を行っていく。そちらのチェックも見逃さないようにしよう!

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 20.0% 40.0% 78 62
2番人気 40.0% 60.0% 156 98
3番人気 20.0% 40.0% 76 70
4番人気 0.0% 20.0% 0 48
5番人気 0.0% 20.0% 0 42
6番人気 20.0% 20.0% 232 80
7番人気 0.0% 20.0% 0 156
8番人気 0.0% 20.0% 0 128
9番人気 0.0% 20.0% 0 76
10番人気 0.0% 20.0% 0 136
11番人気 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0.0% 50.0% 0 1380
14番人気 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気
18番人気

勝ち馬は5番人気以内。フルゲートになることは多くなく、比較的少頭数で行われてきたことを踏まえると、やや荒れやすい傾向にあると捉えるべきかもしれない。

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
3歳
4歳 14.3% 57.1% 165 140
5歳 27.3% 54.5% 106 137
6歳 5.3% 15.8% 20 194
7歳 0.0% 13.3% 0 70
8歳 0.0% 0.0% 0 0

基本的に4歳と5歳馬の成績が良い。単複いずれの回収値もプラスに出ていることからも、中心になるのはこの両世代と考えるのが無難か。

斤量別集計

斤量 勝率 複勝率 単回値 複回値
~49kg
49.5~51kg
51.5~53kg
53.5~55kg
55.5~57kg 8.1% 24.2% 43 116
57.5~59kg 0.0% 0.0% 0 0
59.5~

別定戦ということもあって、軽い馬というのは存在しないが、57.5キロ以上を背負う馬は不利と考えたほうがよさそう。

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg
400~419kg
420~439kg 0.0% 100.0% 0 210
440~459kg 0.0% 20.0% 0 156
460~479kg 0.0% 15.4% 0 241
480~499kg 13.6% 36.4% 88 116
500~519kg 6.3% 12.5% 23 24
520~539kg 16.7% 16.7% 63 25
540~

馬体重が軽いほど、回収値が高い傾向にあるのは注目すべき点。通常、軽い馬には不利な傾向が出やすいのが日本の競馬だが、その傾向と逆のトレンドになっているのは面白いところ。

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 0.0% 0.0% 0 0
2枠 0.0% 33.3% 0 573
3枠 14.3% 14.3% 54 21
4枠 0.0% 28.6% 0 62
5枠 12.5% 25.0% 145 147
6枠 0.0% 22.2% 0 94
7枠 0.0% 30.0% 0 67
8枠 30.0% 30.0% 117 51

馬番別集計

馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番 0.0% 0.0% 0 0
2番 0.0% 40.0% 0 688
3番 20.0% 20.0% 76 30
4番 0.0% 20.0% 0 48
5番 0.0% 0.0% 0 0
6番 0.0% 40.0% 0 170
7番 0.0% 20.0% 0 40
8番 0.0% 20.0% 0 26
9番 0.0% 20.0% 0 156
10番 60.0% 80.0% 388 222
11番 25.0% 25.0% 97 45
12番 0.0% 33.3% 0 53
13番 0.0% 0.0% 0 0
14番 0.0% 0.0% 0 0
15番 0.0% 0.0% 0 0
16番 0.0% 0.0% 0 0
17番
18番

目立つところでは1番枠の不振。阪神の内回りコース、それも開幕週ということを踏まえると内が有利になりそうなものだが、このレースに関してはそうはならないようだ。

脚質上り別集計

脚質上り 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 14.3% 14.3% 165 57
平地・先行 13.3% 26.7% 50 59
平地・中団 9.1% 31.8% 35 204
平地・後方 0.0% 15.8% 0 76
平地・マクリ
3F 1位 16.7% 66.7% 65 271
3F 2位 50.0% 75.0% 195 122
3F 3位 0.0% 28.6% 0 145
3F ~5位 10.0% 50.0% 38 370
3F 6位~ 2.9% 2.9% 33 11

中団以降につける馬の複勝圏内好走確率が高く出ているように、このレースでは、差・追込馬に注目する必要がありそう。

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週 0.0% 0.0% 0 0
3週 6.7% 20.0% 77 253
4週 0.0% 21.4% 0 59
5~ 9週 13.3% 26.7% 52 76
10~25週 16.7% 41.7% 64 122
半年以上 0.0% 0.0% 0 0
初出走他
不明・他
明け2戦 0.0% 11.1% 0 34
明け3戦 0.0% 12.5% 0 16
明け4戦 12.5% 50.0% 145 501
明け5戦 0.0% 0.0% 0 0
明け6~ 15.4% 23.1% 60 77

基本的には中3週のローテがベスト。順調に使われてきた組が有利ということだろう。シンプルに、トラブルなく調整出来ている組がよさそうだ。

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 25.0% 25.0% 290 100
平地・先行 9.5% 14.3% 37 35
平地・中団 4.5% 36.4% 17 257
平地・後方 7.1% 14.3% 27 20
平地・マクリ 0.0% 0.0% 0 0
3F 1位 0.0% 33.3% 0 43
3F 2位 0.0% 0.0% 0 0
3F 3位 0.0% 20.0% 0 552
3F ~5位 0.0% 20.0% 0 132
3F 6位~ 12.2% 24.4% 66 70

前走で逃げている馬か、中団以降に控える競馬をしてきた馬が好調。

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 8.2% 23.0% 44 116
昇級戦 0.0% 0.0% 0 0
降級戦
新馬
未勝利
500万下
1000万下
1600万下 0.0% 0.0% 0 0
OPEN特別 0.0% 10.0% 0 170
G3 0.0% 20.0% 0 80
G2 16.7% 33.3% 107 96
G1 66.7% 66.7% 260 110

単純に前走の格は素直に評価して良さそう。上がり馬にとってはやや不利なデータか。

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 0.0% 23.1% 0 69
±200以内 4.0% 22.0% 15 126
±400以内 3.6% 19.6% 13 112
±600以内 4.9% 21.3% 31 113
今回延長 12.5% 25.0% 80 204
今回短縮 15.4% 23.1% 60 40

好走率に差はないものの、回収値ベースで考えると距離延長組に有利な数値が出ている。穴をねらうなら今回延長組か。

前走レース名別集計

前走レース名 勝率 複勝率 単回値 複回値
天皇賞春G1 100.0% 100.0% 390 165
中山記念G2 100.0% 100.0% 385 165
京王杯スG2 100.0% 100.0% 1160 400
新潟大賞HG3 0.0% 21.4% 0 59
産経大阪G2 0.0% 28.6% 0 115
都大路S 0.0% 14.3% 0 242
小倉大賞HG3 0.0% 50.0% 0 390
香港CG1 0.0% 100.0% 0 160
日経賞G2 0.0% 33.3% 0 66
平安SG3 0.0% 0.0% 0 0
マイラーG2 0.0% 0.0% 0 0
京都記念G2 0.0% 0.0% 0 0
メトロポH 0.0% 0.0% 0 0
メイSH 0.0% 0.0% 0 0
有馬記念G1 0.0% 0.0% 0 0
福島民報 0.0% 0.0% 0 0
大阪―ハH 0.0% 0.0% 0 0
新潟記念HG3 0.0% 0.0% 0 0
小倉記念HG3 0.0% 0.0% 0 0
札幌記念G2 0.0% 0.0% 0 0
烏丸SH1600 0.0% 0.0% 0 0
ダービーHG3 0.0% 0.0% 0 0

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る