キタサンブラックの血統や将来性は?菊花賞1着馬を徹底分析


キタサンブラックの将来性

結論から言うと、歴代の菊花賞馬より活躍する可能性は高い。

というのも、今年の菊花賞は長距離GIというより、中距離GIのようなものだったからだ。例年の菊花賞では3000mという距離への適性が求められる。だから中距離GIで遅れを取るようなタイプの馬が、淀の3000mでは活躍できていたのだ。

一方、キタサンブラックはどう解釈しても長距離血統でははない。おそらく2400m以下、レースぶりを見ると1800〜2200mあたりで活躍する可能性が十分にあると考えている。

そんな馬が力で菊花賞に出て押し切ってしまったのだから、今後に期待するなという方が無理な話だろう。

レース後の談話では、次走は有馬記念とのこと。古馬相手にどこまでやれるのか。「菊花賞馬」の称号を背負ってどんな走りを見せるのか、注目したい。

【関連記事】
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
エイシンヒカリと武豊騎手が毎日王冠を制覇!ディープ産駒2頭目の快挙とは?
イモータルはなぜサウジアラビアRCで負けたのか?敗因は血統にあり?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

ページ:
1 2

3


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る