カテゴリー:予想・考察・回顧

降級馬って本当に儲かるの?JRAのデータから見えた意外な真実とは…

(C) Yusuke Tsutaya

日本ダービーも終わり今週から夏競馬が始まる。夏競馬といえば2歳馬のデビューが楽しみではあるが、もう一つ気になるのが3歳馬と古馬の対戦である。条件戦では現級馬VS3歳馬VS4歳降級馬の戦いとなり、これが馬券選択の大きなファクターとなる。

降級とは4歳馬が夏季開催を迎えると収得賞金額が半額となるため、それまで上位のカテゴリーにしか出走できなかった4歳馬が1つ、もしくは2つ下のカテゴリーに出走できるようになることである。

そこで今回は2012年以降に行われたクラス再編後の条件戦(3歳以上500万・1000万・1600万)に出走した4歳降級馬について分析していく。

なお、今回のデータ集計期間は2012.6.2~2014.12.28である。また、データ内の降級馬とは“前走と比較してクラスが下がった馬”を示しているのだが、中には“収得賞金の関係で降級した馬”以外に“前走格上挑戦をして自己条件に戻ってきた馬”も含まれている。このあたりはデータ集計上の誤差と考えてご了承願いたい。


降級馬の前走クラス別成績

★クラス再編後の条件戦に出走した4歳降級馬の前走クラス別成績

1000万下(126-118-97-595)
勝率13.5% 複勝率36.4%
単勝回収値71 複勝回収値80

1600万下(38-36-28-167)
勝率14.1% 複勝率37.9%
単勝回収値71 複勝回収値88

OPEN特別(19-8-11-63)
勝率18.8% 複勝率37.6%
単勝回収値80 複勝回収値91

G3(12-7-9-30)
勝率20.7% 複勝率48.3%
単勝回収値109 複勝回収値114

G2(6-2-3-22)
勝率18.2% 複勝率33.3%
単勝回収値106 複勝回収値62

G1(3-2-0-8)
勝率23.1% 複勝率38.5%
単勝回収値53 複勝回収値66

4歳降級馬の前走クラスについて調べたところ、前走条件戦(1000万下・1600万下)に出走した馬は勝率・複勝率は水準以上だが、回収値が良くない。また前走OPENクラス以上に出走した馬は勝率が上がる。特にG2・G3の単勝回収値は100を超えるので、機械的に単勝を買ってもプラス収支になる計算である。

降級馬の今回クラス別成績

それでは前章で数値の良かった前走OPEN特別や重賞に出走した4歳降級馬の今回クラス別成績はどうなるのか調べてみた。

★前走OPEN特別や重賞に出走した4歳降級馬の今回クラス別成績

500万下(2-2-3-16)
勝率8.7% 複勝率30.4%
単勝回収値122 複勝回収値95

1000万下(9-5-3-41)
勝率15.5% 複勝率29.3%
単勝回収値71 複勝回収値57

1600万下(29-12-17-66)
勝率23.4% 複勝率46.8%
単勝回収値94 複勝回収値107

勝率・複勝率ベースで見ると、2階級以上下がった500万下・1000万下よりも、1階級下の1600万下に降級した馬の方が高いことが判明した。これは意外に思われる方も多いだろう。

そして2階級下がった1000万下の回収値が良くないので、これは注意したい。


イメージでは階級が下がるほど有利になると思われるが、実際はそうでもないということで結論付けたい。

降級馬の前走からの間隔

夏季開催に狙いを定めて出走してくる4歳降級馬を管理する厩舎の思惑を理解するため、前走からの間隔についても調べてみた。

★クラス再編後の条件戦に出走した4歳降級馬の前走からの間隔

連闘(1-0-0-1)
勝率50% 複勝率50%
単勝回収値140 複勝回収値70

2週(7-1-7-23)
勝率18.4% 複勝率39.5%
単勝回収値51 複勝回収値66

3週(22-15-15-76)
勝率17.2% 複勝率40.6%
単勝回収値58 複勝回収値86

4週(29-14-13-62)
勝率24.6% 複勝率47.5%
単勝回収値99 複勝回収値81

5~9週(55-47-45-192)
勝率16.2% 複勝率43.4%
単勝回収値82 複勝回収値91

10~25週(68-69-51-381)
勝率12% 複勝率33%
単勝回収値59 複勝回収値75

半年以上(22-27-17-150)
勝率10.2% 複勝率30.6%
単勝回収値98 複勝回収値97


もし厩舎関係者の立場で管理している馬が降級するとわかっていたら、余程の素質馬で賞金を加算したいという馬以外は、降級するまで出走を見送ると思う。だから連闘~9週の間隔の場合は、本来出走できる状態にあるのに降級するのを待って出走させたと考えられる。

そして間隔が10週以上開くと普通の休養明けと変わらないので、勝率・複勝率とも若干落ちる。ということは降級するまで待ったというより、何らかの理由(故障が完治するまで等)で出走できなかったと考えられる。

降級馬の狙い目

これまでデータを用いて4歳降級馬について分析してきたが、狙い目としてのポイントを挙げておく。

★回収値でみると前走条件戦(1000万下・1600万下)に出走した降級馬より、更に上のクラスであるOPEN特別・重賞に出走した降級馬の方が良い。

★前走OPEN特別や重賞に出走した降級馬は、1つ下の1600万下での成績が良い。逆に2つ下の1000万下では回収値が低くなる。

★降級馬の前走からの間隔としては9週までで、10週以上間隔が開くと勝率・複勝率が落ちるので注意。

これは以前に競馬関係者から聞いた事で、“競走馬というのは1勝することが凄く大変な事で、また降級馬というのは1つ多く勝っている馬なので、それだけ力が抜けていると思った方が良い”という話を聞いた。

ただ全ての降級馬が当てはまるというわけではないので、見極めが大切である。そして見極めるのに今回の記事を活用して頂けたらと思う。


なぜサトノラーゼンはダービーで激走したのか?人気薄馬の血統と戦績が示す根拠

(C)馬空-競馬写真館-

メンバー最速の上がりで追い込んできたサトノクラウンを、ハナ差抑えて2着を奪い取ったサトノラーゼン。日本ダービーを見ようと詰めかけた12万人を超える観衆をあっと言わせました。

1着とはいかずとも、単勝18.7倍、5番人気からの下克上は胸を張っていい成績です。

今回はサトノラーゼンの躍進の理由を探りつつ、秋の予習をしていきましょう。


ダービーを走るべくして走った血統

まずは改めて血統をチェックしてみましょう。

父ディープインパクトは説明不要の名種牡馬。産駒もここ3年で日本ダービーを2勝していて、「ダービー馬はダービー馬から」という格言を証明する活躍を見せています。

母の父インティカブはロベルトを祖父に持つ種牡馬。ロベルトは3頭の日本ダービー馬を輩出したブライアンズタイムの父です。

母の母の父カーリアンは97年の日本ダービー馬・フサイチコンコルドの父です。

このように、父・母系ともに日本ダービーに縁のある血統が凝縮されていることが分かります。今回の好走は、脈々と受け継がれる「日本ダービー縁の血統」が巻き起こしたものだったわけです。

レースを使われながら徐々に成長

昨年7月にデビューしたサトノラーゼンは、日本ダービーが10戦目。初勝利まで実に5戦を要し、ほぼ月に一度のペースでレースに使われていました。

同じように夏にデビューして皐月賞を制したイスラボニータでも日本ダービーは7戦目。サトノラーゼンの方が3レースも余計に使われていたので、消耗度合いが気になりましたが、もろともしませんでしたね。

ここで効いたのがロベルトの血です。

ナリタブライアン:ダービーが11戦目
サニーブライアン:ダービーが10戦目

ロベルトを祖父に持つ2頭のダービー馬は、レースを使われながら栄冠を手にしました。

ロベルト系で栄冠を手にした残りの1頭、タニノギムレットにしてもキャリア8戦目での勝利。しかも同馬は2歳12月から毎月出走し、NHKマイルカップからダービーという厳しいローテーションを歩んでいました。前述の2頭と同じく、底力がなければできない芸当といえます。

サトノラーゼンは惜しくも2着でしたが、キャリアをしっかりと積み重ねているところはロベルト系の名馬と瓜二つ。ダービーもフロックとは言えません。

ディープ産駒初の菊花賞馬となるか

一気に世代のトップランカーとなったサトノラーゼン、秋の動向が気になるところです。

血統面をさらに掘り下げると、母母父カーリアンと母父インティカブは凱旋門賞など欧州の2400m前後のGⅠで活躍する馬を送り出していることから、スタミナも一級品ということが分かります。

ディープインパクト産駒はマイルからクラシックディスタンスを得意にしています。3000m以上の重賞は未勝利。菊花賞では2着が最高となっています。しかし、ロベルトというスタミナの裏付けを持っているサトノラーゼンなら、ジンクスを打ち破れるかもしれません。

もしも菊花賞でドゥラメンテと再び相まみえることあったら……。3冠へ向けた最大のライバルになりそうですね。


【関連記事】
日本ダービーとオークス(2015年)の血統連動説は証明されたのか?
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


日本ダービーとオークス(2015年)の血統連動説は証明されたのか?

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は11万人を超える観客の前でドゥラメンテがクラシック2冠を達成した。

終わってみれば絶対能力の違い、現時点での完成度の高さでドゥラメンテが1強を証明した形となった。

今回は以前に紹介した仮説の回顧と、血統面を中心にドゥラメンテを分析していきたい。


オークスとダービーの血統連動説の証明

5月20日の記事で『オークスとダービーの血統連動説』を紹介させて頂いた。

●詳細→日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?

簡単に概要をまとめると、オークス好走馬の父の産駒がダービーでも連動して走っているという内容だった。これを踏まえると今年のオークスは……

1着 ミッキークイーン(父ディープインパクト)
2着 ルージュバック(父マンハッタンカフェ)
3着 クルミナル(父ディープインパクト)

だった。一方、ダービーはというと……

1着 ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)
2着 サトノラーゼン(父ディープインパクト)
3着 サトノクラウン(父マルジュ)

結果、サトノラーゼンが2着に入り、今年も血統連動説を証明することができた。

この仮説の良いところは、血統に詳しくない方でも競馬新聞さえあれば使えるということ。ニックスやクロスといった難しい部分を排除し、オークスの結果をみながら好走した種牡馬と同じ馬を自動的に抽出できる。

ぜひ、来年のダービーでも予想ファクターの一つとしてご一考頂きたい。

ドゥラメンテの血統・配合について

続いてドゥラメンテについて書いていこう。

ドゥラメンテ(牡3)
父キングカメハメハ(キングマンボ系)
母アドマイヤグルーヴ
母父サンデーサイレンス(サンデー系)

ドゥラメンテと同じ配合でダービーを好走したのは、11年3着のベルシャザール(キンカメ×サンデー)がいる。ただこの年は不良馬場で行われていた。後方から追い込んだオルフェーヴル(上がり34秒8)やウインバリアシオン(上がり34秒7)と違い、ベルシャザール(上がり36秒7)は道中5番手から粘りこんだ競馬だった。

同じ配合でもドゥラメンテとはキャラが違うわけだ。似ているのは10年にダービーを制したエイシンフラッシュ(父King’s Bestで同じキングマンボ系)である。両馬とも極上の切れ味を持っていて、瞬発力勝負を得意としている。

また曾祖母ダイナカール(オークス)、祖母エアグルーヴ(オークス・天皇賞秋)、母アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2連覇)といった名牝をみると、3歳だけでなく古馬になってからも成長が期待できる。

今までのレースで見せていた気性の悪さも、ミルコ・デムーロ騎手の手綱さばきや厩舎スタッフのケアによって影を潜めていた。

極上の切れ味に今後の成長力や気性面の改善を踏まえると、間違いなく日本競馬界の宝となる存在だろう。


【関連記事】
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?


(C)arima0208

宝塚記念の前哨戦である鳴尾記念(GIII/芝2000m)が6月6日に行われる。

主役は連覇を狙うエアソミュールだ。ここ4走で着外なしと安定感を誇る。中山金杯と京都記念を制し、今年になって充実ぶりを示すラブリーデイ、昨年のマイルチャンピオンシップ3着のグランデッツアも参戦。少頭数ながらハイレベルな戦いが予想される。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。


人気予想

1番人気 エアソミュール
2番人気 ラブリーデイ
3番人気 グランデッツァ
4番人気 トウケイヘイロー
5番人気 レッドデイヴィス

中穴人気…アズマシャトル、ダノンジェラート、メイショウナルトなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

エアソミュール(牡6)

昨年のこのレースを制し、毎日王冠でもスピルバーグを破った。GI馬が6頭揃った前走の産経大阪杯では不良馬場の影響もあってか3着に敗れたが、強豪相手にも実力が劣らないことを示した。GIIIのここなら力上位は明らかで、連覇は十分期待できる。

ラブリーデイ(牡5)

今年に入って中山金杯、京都記念と重賞を連勝。前走の天皇賞春、前々走の阪神大賞典では着外に沈んだが、敗因は距離が長すぎたことと相手関係が強力だったことだとはっきりしている。今回、得意の2000mに舞台が戻るのは大きな好材料で、ここなら勝負になりそうだ。

グランデッツア(牡6)

昨年のマイルチャンピオンシップ3着馬は安田記念ではなくこちらに登録。元々スプリングステークスを制した素質馬で、故障に泣かされた時期もあったが、近年は順調で、着実に実力をつけてきている。前走の都大路ステークスではエイシンヒカリの2着と調子も悪くなく、久々の重賞勝利を狙う。

トウケイヘイロー(牡6)

左前繋部浅屈腱炎のため休養していた同馬がこのレースで復帰する。一昨年にはこのレースを制してから重賞を3連勝した。久々の出走となるが調教でも良いタイムが出ていて体調面に不安はなさそうだ。武豊騎手とのコンビ再結成で復活の勝利を目指す。

他には、古豪レッドデイヴィス、2000mで2勝を挙げているアズマシャトル辺りも圏内か。

【関連記事】
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?


サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


大外一気、上がり1位の秀逸な末脚を繰り出したが、栄光にあと一歩届かなかった。

もっとも、サトノクラウンは屈辱の皐月賞6着から馬券圏内まで盛り返してきました。逆転とはいきませんでしたが、改めて力のあるところを証明したわけです。

なぜ皐月賞の惨敗から巻き返すことができたのか? その要因を探っていきましょう。


父からもらった芝2400mを走る力

ハナ差という、限りなく2着に近い3着となったサトノクラウン。父マルジュのクラシックディスタンス力が、ここぞという場面で発揮されたといえます。

父マルジュは日本では馴染みが薄い種牡馬ですが、現役時代はイギリスダービー(英GⅠ)で2着という実績を持っています。

詳しくは以下のコラムを参照していただきたいですが、やはり父系の血を色濃く受け継いでいたようです。

●詳細→ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠

複勝率100%! 改めて示した府中との相性の良さ

道中は後方から4、5番手でレースを進めましたが、皐月賞のような出遅れや不利はありませんでした。持っている力を遺憾なく発揮できれば、常に馬券圏内に来る力があるわけです。

ダービーでの上がり3ハロンのタイムは、ドゥラメンテを上回る33秒8で、堂々の1位でした。世代最高のレースで、世代で最高の末脚を繰り出したのです。

33秒台は、ダービーと同じ東京競馬場で行われた昨年の東京スポーツ杯と新馬戦(東京)でも計測していました。やはり東京競馬場はサトノクラウンにとって走りやすいコースなのです。

レースレコードに肉薄した高速決着に対応

2分23秒2。今年の勝ちタイムが、ダービーのレースレコードになりました。

サトノクラウンは、それに0.3秒遅れでゴール。勝ちタイムに関しても以前のコラムで触れていますが、この高速決着は、まさに願ってもない展開だったわけです。

●詳細→稍重でもこのタイム!? 特筆すべき走破時計

最初の1000mの通過が58秒8というハイペース。それに巻き込まれないよう後方でしっかりと脚を溜め、最速の上がりタイムで追い込む。

弥生賞の時は4番手から押し切っての勝利でしたが、後ろからでもレースをできる自在性は東スポ杯2歳Sですでに披露していました。立ち回りの上手さをいかし、タフなダービーを乗り切ることができたのです。

追いかけたくなる魅力が詰まったダービー

着順の目安でもある人気。サトノクラウンは3番人気でしたから、巻き返しという意味でも人気通り走れたという意味でも、3着は合格点でしょう。

逆転に至りませんでしたが、メンバー最速の上がりを繰り出して、皐月賞で0.7秒あったドゥラメンテとの着差を0.3秒まで縮めたことも評価できます。

何より、東京コースへの高い適正を示すことができたのが大きな収穫。まだ秋の路線は決まっていませんが、将来に期待したくなる一頭であることは間違いありません。

【関連記事】
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力



競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る