(C)arima0208

2018年3月24日、阪神競馬場で毎日杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。皐月賞前最後の前哨戦であり、昨年はアルアインがここをステップに皐月賞を制した。今年は残りの出走枠を賭けてゆりかもめ賞を圧勝したブラストワンピースが出走を予定している。その他にもシャルドネゴールドやギベオンなどの素質馬もおり見逃せない一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12ディープインパクトEssence of Dubai
21ディープインパクトRedoute's Choice
37ルーラーシップディープインパクト
11ダノンシャンティAlzao
24ハーツクライSwain
32ダイワメジャーエンドスウィープ
17スクリーンヒーローエルコンドルパサー
23キングカメハメハエリシオ
31ディープインパクトエルコンドルパサー
15ブラックタイドグラスワンダー
23BelgraviaSiphon
34ディープインッパクトクロフネ
11ディープインパクトStorm Cat
26ダイワメジャーフレンチデピュティ
33マンハッタンカフェMiswaki
11ディープインパクトノーザンテースト
23ディープインパクトフレンチデピュティ
37ディープインパクトLycius
12アグネスタキオントニービン
24ディープインパクトトニービン
31ディープインパクトCarleon
13フジキセキMark of Esteem
25キングカメハメハサンデーサイレンス
32アグネスタキオンサンダーガルチ
11アドマイヤボスヘクタープロテクター
212キングカメハメハサンデーサイレンス
32シンボリクリスエスHighest Honor
16アグネスタキオンChief's Crown
21アグネスタキオンカーネギー
311Seeking the GoldEl Prade

解析・分析:注目血統は?

2011年以降は半数がディープインパクト産駒という圧倒的な成績を残しているのがわかる。その他でもダイワメジャーやハーツクライ、ブラックタイドといったサンデーサイレンス系で占められている。ミスタプロスペクター系も少数絡んでいるがニアークティック系が苦戦傾向にある。

活躍が目立つディープインパクト産駒の傾向としては

2017年 サトノアーサー(母父Redoute's Choice)
2014年 ステファノス(母父クロフネ)
2013年 キズナ(母父Storm Cat)
2012年 ヒストリカル(母父ノーザンテースト)
マウントシャスタ(母父フレンチデピュティ)
2011年 トーセンレーヴ(母父Caerleon)

といった母父ニアークティック系種牡馬の子が活躍している。今年の出走予定馬であるギベオンも傾向としては合致しており、好走に期待を持てそうだ。

少数のケースながら父キングカメハメハでの好走傾向としては

2017年 キセキ(母父ディープインパクト)
2010年 ミッキードリーム(母父サンデーサイレンス)
2009年 ゴールデンチケット(母父サンデーサイレンス)

といった母父サンデー系種牡馬との相性が良い。今年はユーキャンスマイルとウォーターパルフェが該当しており、激走なるか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ13-16-19-1267.5%27.6%
ステイゴールド6-8-7-1054.8%16.7%
ルーラーシップ2-5-3-295.1%25.6%
ディープインパクト66-45-45-24116.6%39.3%
ブラックタイド7-2-3-4412.5%21.4%
ハービンジャー12-10-10-8710.1%26.9%
ゼンノロブロイ4-6-9-644.8%22.9%
キングカメハメハ20-22-17-13610.3%30.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

昨年アルアインで当レースを制したディープインパクトが優れた成績を残しているのがわかる。キングカメハメハもこれに次ぐ成績を残しているが、ハービンジャーも同等の成績を残している点は見逃せないだろう。今年はブラストワンピースとノストラダムスの2頭が出走を予定しており注目したい。

出走頭数の少ない種牡馬ではルーラーシップも比較的安定した成績を残している。

おすすめの記事