(C)MAZIMICKEY

2018年3月24日、中山競馬場で日経賞(GⅡ/芝2500m)が行われる。大阪杯や春の天皇賞の前哨戦として香港ヴァース帰りのキセキやトーセンバジルが出走を予定している。過去に何度も大波乱が起きているレースでもあり伏兵馬の存在も見逃せない。

今年は重賞実績馬がその実力を示すか、それとも伏兵が現れるか。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年(阪神コースで開催した2011年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
14マンハッタンカフェシングスピール
27ドリームジャーニーシルバーチャーム
36アドマイヤドンサンデーサイレンス
12スクリーンヒーローキョウワアリシバ
21ネオユニヴァースDixieland Band
34ディープインパクトエルコンドルパサー
14アドマイヤドンサンデーサイレンス
25ハーツクライStorm Bird
36マーベラスサンデーダンシングブレーヴ
11ハーツクライStorm Bird
210マーベラスサンデーダンシングブレーヴ
33ディープインパクトティンバーカントリー
11ステイゴールドデインヒル
29ハーツクライCapote
37マヤノトップガンサンデーサイレンス
112ニューイングランドダンシングブレーヴ
22ハーツクライStorm Bird
31ルーラーシップトニービン
16チーフベアハートサッカーボーイ
24サンデーサイレンスノーザンテースト
37オペラハウスダンシングブレーヴ
14アドマイヤベガEl Gran Senor
27チーフベアハートサッカーボーイ
33シンボリクリスエスラストタイクーン
11サンデーサイレンスBel Bolide
23ティンバーカントリーJava Gold
32ドリームウェルトニービン

解析・分析:注目血統は?

近年はロイヤルチャージャー系の種牡馬が中心に活躍している。ロベルト系も含まれるがやはりヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系)が主であり、今年の出走予定馬と照らし合わせるとステイゴールド、ハーツクライ、ディープインパクト産駒が好成績を残しているのがわかる。

ロイヤルチャージャー系以外ではミスタープロスペクター系が少数ながら絡んでおり、今回人気を集めそうなキセキがロイヤルチャージャー系産駒に対抗しうる存在となるか注目したい。二アークティック系種牡馬は2012年以降は苦戦傾向にあり、ハービンジャー産駒のトーセンバジルで久々に巻き返しとなるか。

母系では

2017年 シャケトラ(母父シングスピール)
2016年 サウンズオブアース(母父Dixieland Band)
2015年 ウインバリアシオン(母父Storm Bird)
ホッコーブレーヴ(母父ダンシングブレーヴ)
2014年 ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
2013年 フェノーメノ(母父デインヒル)
2012年 ウインバリアシオン
2010年 エアシェイディ(母父ノーザンテースト)
トーセンクラウン(母父ダンシングブレーヴ)

といった母父に二アークティック系種牡馬を持つサンデー系産駒の活躍が目立つ。今年も該当する馬が複数いるが、なかでも複数絡んでいるウインバリアシオンと同様に母父ニアークティック系×母母父ダマスカス系のソールインパクトに注目してみたい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
アグネスタキオン0-0-0-30.0%0.0%
ネオユニヴァース2-3-2-1210.5%36.8%
ナカヤマフェスタ0-0-0-00.0%0.0%
ルーラーシップ0-0-0-10.0%0.0%
ゴールドアリュール0-0-0-50.0%0.0%
キングカメハメハ3-5-5-405.7%24.5%
ステイゴールド12-9-10-6013.2%34.1%
ディープインパクト4-2-5-407.8%21.6%
ハーツクライ6-7-4-3810.9%30.9%
ハービンジャー2-0-1-720.0%30.0%
ジャングルポケット0-0-4-220.0%15.4%
ダイワメジャー1-1-0-810.0%20.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

過去に当レースでも優勝馬や好走馬を出しているステイゴールド・ハーツクライ・ネオユニヴァースの安定した成績が目立つ。ディープインパクト産駒はこの条件ではやや見劣りする成績である。

出走頭数の少ない種牡馬ではハービンジャー産駒も比較的安定した成績を残しており、トーセンバジルの走りにも注目してみたい。

キセキが出走を予定するルーラーシップの成績は1戦のみの成績であり、種牡馬成績の優劣は度外視して考える方が良いだろう。

おすすめの記事