桜花賞・オークス・秋華賞(2016年)JRAクラシック番付牝馬編/7月第3週
(C)T.T

秋華賞編

秋華賞は京都芝内回り2000mで行われる。桜花賞、オークスと打って変わって内回りコースで行われるため、瞬発力やスピードより持続力や立ち回りのうまさが求められる。

小回り適性の高い馬の巻き返しがありそうだ。

横綱 メジャープレゼンス
大関 エスティタート
関脇 ―
大関 ―
関脇 ―
小結 ―
前頭筆 ―

ここもまだ合いそうな馬はいない。これから、といったところだろう。

注目したいのはエスティタートが小回り向きかも?という点。父ドリームジャーニーは小回りコースと得意としていたため、父の器用さ、一瞬のキレを受け継いでいるとしたら、案外こちらのほうが合うかもしれない。

とはいえ、まだ未知数な部分が多い。次走のパフォーマンスに注目だ。

【関連記事】
JRAはセカオワやAKB48とコラボして競馬場でライブをやってもらった方がいい
ウザい自称競馬オタクを黙らせる4つの方法!“知識ひけらかし男”をやっつけろ
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事