日本ダービー・皐月賞・菊花賞(2016年)JRAクラシック番付牡馬編/7月第3週


(C)T.T

2016年のクラシックを目指す馬たちの戦いが始まった。日本ダービーが終わり、6月から2歳戦がスタート。すでにクラシックで活躍できそうな良血馬がデビューしている。

『競馬TIMES』では“クラシック番付”という形で若駒たちの動向を追跡し、どの馬が台頭してくるのか予想していく。

なお、ダービー、皐月賞、菊花賞では求められる要素が違うため、それぞれで必要になる能力に応じたランキングを作成した。今後、定期的にランキングを発表していくのでお楽しみに。


日本ダービー編

日本ダービーは東京芝2400mで開催される。“競馬の祭典”で求められる能力はなんといってもスピードと瞬発力だ。

また「ダービー馬はダービー馬から」の格言があるように、ディープインパクトやキングカメハメハといった“クラシック血統”が強調できる。地味な血統の馬はどんなに良血でも、ここではマイナス評価となる。

横綱 ポルトフォイユ
大関 プロディガルサン
関脇 ロスカボス
大関 タニセンビクトリー ←NEW!!
関脇 レッドヴェルサス
小結 ―
前頭筆 ―

ニューエントリーはタニセンビクトリー。

福島の夏の新馬戦で芝1800mとしては史上最速のタイムを記録。パフォーマンス自体も秀逸で、能力が高いのは間違いなさそう。

血統的にもテイエムオペラオー、ステラウインドらの近親で、スケール感は悪くない。


直線が長い東京より小回りのほうが合いそうなタイプのためダービーでは伏兵までの評価だが、将来が楽しみな1頭と言えそうだ。

●詳細→タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?血統から素質馬の将来性を探る

ポルトフォイユは今年の日本ダービーに出走したポルトドートウィユの全弟。父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、母母エアグルーヴ、母母母ダイナカールという超良血馬だ。

デビュー戦はレッドヴェルサスを寄せ付けずに5馬身差の快勝を収めた。成長力のある血統だけに、これから力をつけていけばダービーに十分に届くはずだ。

●詳細→ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る

プロディガルサンは今年の皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティールの全弟。デビュー戦の内容はまずまずだった。将来性は折り紙つきなだけに、成長が期待される。

●詳細→超良血馬プロディガルサンが新馬戦を快勝!

マンハッタンカフェやダービーフィズ、クレスコグランドの近親のロスカボスも期待の1頭。デビュー戦は超スローペースを差しきり、素質を示した。重賞級のアストラエンブレムを抑えた点も評価が高い。

【次のページヘ】皐月賞編!ダービーとの違いが明らかに!

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る