(C)T.T

菊花賞編

菊花賞は京都芝外回り3200mで行われる。3000mという長丁場のため、走破するためにはスタミナが必要だ。ただ、京都は馬場が軽いため、ズブズブのステイヤー血統だとキレ負けする傾向にある。

スピードとスタミナのバランスがとれた馬が高く評価できるわけだ。

横綱 ポルトフォイユ
大関 レッドヴェルサス
関脇 ―
大関 ―
関脇 ―
小結 ―
前頭筆 ―

2歳夏の段階で菊花賞というのはなかなか難しいが、成長力があるポルトフォイユなら争いに食い込めそう。

重たい血統の馬は晩成傾向にあるため、なかなかこの時期に台頭してくることない。ただ2012年の菊花賞馬ゴールドシップと同3着のユウキソルジャーは7月デビュー、11年の1、2着、オルフェーヴルとウインバリアシオン、13年2着のサトノノブレスは8月デビューだ。

この時期に重たい血統の馬が勝ち名乗りを上げるようなら、面白いかもしれない。

【関連記事】
JRAはセカオワやAKB48とコラボして競馬場でライブをやってもらった方がいい
ウザい自称競馬オタクを黙らせる4つの方法!“知識ひけらかし男”をやっつけろ
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事