桜花賞・オークス・秋華賞(2016年)JRAクラシック番付牝馬編/7月第3週
(C)T.T

オークス編

オークスは東京芝2400mで行われる。桜花賞から距離は一気に800m伸びる。ただ、桜花賞とオークスは牡馬クラシック(皐月賞→日本ダービー)に比べて直結しやすい。

事実、どちらもディープインパクトやキングカメハメハの産駒が活躍している。今年もクルミナルが両方のレースで好走した。

桜花賞で好走できて、距離延長に対応できるような血統馬を評価する。

横綱 シャクンタラー
大関 エスティタート
関脇 メジャーエンブレム
大関 アドマイヤリード ←NEW!!
関脇 デアリングエッジ
小結 リリカルホワイト
前頭筆 ―

ここではシャクンタラーが一番手だ。父ゼンノロブロイが唯一輩出したGI馬はオークス馬のサンテミリオン。桜花賞では切れ味が足りないのと、仕上がりの面で不安がある。狙うならオークスだろう。ノースフライトの全妹だけに、東京は合っている。

以下、桜花賞のほうが向きそうな馬たちを一応ランク入りさせたが、ここはまだ有力な馬が出てきていない。今後、才能ある馬の登場に期待だ。

【次のページヘ】秋華賞編!桜花賞やオークスとの違いって?

おすすめの記事