カテゴリー:回顧

エテルナミノルの勝因、マキシマムドパリの敗因とは?愛知杯2018の回顧

(C)Arappa

8度目の挑戦で遂にその扉を開いた。

1月13日に中京競馬場で行われた愛知杯(牝馬限定/G3/芝2000)ではエテルナミノルが優勝を収めた。レースを分析していきながらエテルナミノルがレースを制したポイントやマキシマムドパリなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

2018年 1月13日(土) 1回中京1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第55回愛知杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際) 芝 2000m 18頭立

馬名性齢
エテルナミノル牝56
レイホーロマンス牝511
マキシマムドパリ牝61
リカビトス牝43
メイズオブオナー牝45
シャルール牝616
ワンブレスアウェイ牝58
ハッピーユニバンス牝615
アンドリエッテ牝612
10キンショーユキヒメ牝54
11ギモーヴ牝57
12ゲッカコウ牝510
13クィーンチャーム牝617
14ブラックオニキス牝414
15ロッカフラベイビー牝618
16クインズミラーグロ牝69
17タニノアーバンシー牝52
コパノマリーン牝513

LAP 12.2-11.3-12.1-12.3-12.4-12.6-12.1-11.8-11.3-12.0
通過 35.6-47.9-60.3-72.9  上り 72.2-59.8-47.2-35.1  平均 1F:12.01 / 3F:36.03

払い戻し

単勝  10 \1160
複勝  10 \380 / 8 \610 / 7 \180
枠連  4-5 \1000 (2)
馬連  08-10 \13120 (53)
ワイド 08-10 \4130 (56)/ 07-10 \1100 (7)/ 07-08 \1820 (20)
馬単  10-08 \22260 (89)
3連複 07-08-10 \16650 (49/816)
3連単 10-08-07 \121160 (393/4896)

レース分析

レースのラップを見ると前半に比べて後半がコンマ5秒速い。大きな差ではなくほぼ平均ペースだったと言えるだろう。展開の有利不利は大きくなかっただろうが、この日の馬場状態は良の発表にしては力がいる様相でパワーを問われた部分はありそうだ。この条件は各馬にどのような影響を与えたのだろうか?順を追って見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 エテルナミノル

道中は中団の前目に位置した。その位置で折り合い良く脚を溜めると直線手前から徐々に進出し、先行したワンブレスアウェイを目標に直線早めに勝負をかけた。その結果早めに抜け出す形となり、最後は詰められたがなんとかしのぎ切って先頭でゴールイン。8回目の挑戦でようやく重賞のタイトルを手に入れた。パワーの生きる馬場でエンパイアメーカーの血も生きた部分もあるだろうが、それ以上に強い相手に挑戦し続けた経験がここで実を結んだ。

2着 レイホーロマンス

格上挑戦だったが見事に連対。後方からの競馬だったが、直線でうまくマキシマムドパリの内に併せ込めたことが大きかった。ここからハンデ差を生かしてぐいぐいと伸びた。ハービンジャー向きの馬場も良かったのだろう。上手く運べた感はあるが末脚には見どころがあり引き続き期待できる。

3着 マキシマムドパリ

トップハンデ56が厳しかった印象だ。去年と同じようなレースぶりで差し切りを狙ったが去年は53キロで再現はならず。中団より前目からじわじわ伸びるような戦法のほうが良さが生きるタイプでもう一列前で進めていればどうだったか。1コーナーで微妙に不利を受けたのも不運だった。

4着 リカビトス

後方を進み直線は中からインで差し込む形。途中までは捌きが上手くいき前を伺う脚色だったが、内に進路を移したあたりから脚色が衰えた。決め手は秀逸なので思い切った競馬をしてほしかったがやや消化不良。溜めに溜める形でもう一度見てみたい。

5着 メイズオブオナー

好発を決め道中は中団のインを追走。しかし直線を向くまでに徐々に位置取りを悪くし、最後は進路を探しながらの追い出しでかなりロスが多かった。ハーツクライ産駒はこんなストレスのかかるレース運びではまず弾けない。ラストの脚を見る限りもっとやれて良かったレースだ。

10着 キンショーユキヒメ

出負け気味だったが中団には位置できた。しかし最初のスタンド前だけで2度も前が塞がるような場面があり終始走りにくそうだった印象。鞍上と手が合わない可能性が高い。馬体増以上にチグハグなレースぶりが目に付いた。

17着 タニノアーバンシー

過剰に人気だったきらいはあるがそれにしても負けすぎ。スタートが悪かった割には位置が取れたが仕掛けられて全く反応できず。軽ハンデでの惨敗に言い訳できる部分は少なく自己条件からやり直しが賢明だろう。

まとめ

外差しが台頭する展開をものともせず、強気の競馬で力強く押し切ったエテルナミノルの走りは高く評価されべきだ。微妙なマイル適性から目標をどこに定めるか迷うところはあるだろうが、今後にも期待が高まる。フミノイマージンにレーヌミノルにと本田厩舎は牝馬での活躍が目立つ。テイエムオーシャンの、そしてカワカミプリンセスの背中を知る師がこの馬をどう仕上げていくのか楽しみに見守りたい。

文=櫻井秀幸


アーモンドアイの勝因、ファストアプローチの敗因とは?シンザン記念2018の回顧

(C)Yushi Machida

キレ味するどい大外一気でもがく牡馬たちを切り裂いた。

1月8日に京都競馬場で行われたシンザン記念(G3/芝1600外回り)ではアーモンドアイが見事に先頭でゴール板を駆け抜けた。レースを分析していきながらアーモンドアイがレースを制したポイントやファストアプローチ、カフジバンガードなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

2018年 1月 8日(祝) 1回京都3日 天候 : 雨  馬場状態 : 稍重
【11R】 第52回日刊スポーツ賞シンザン記念
3歳・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・外 1600m 11頭立

馬名S性齢
アーモンドアイ牝31
ツヅミモン牝37
カシアス牡34
ファストアプローチ牡32
カフジバンガード牡33
スターリーステージ牝35
ベルガド牡310
プリュス牝36
ブランモンストル牡38
10ヒシコスマー牡39
11マイネルエメ牡311

LAP 12.2-11.1-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5
通過 35.7-49.0-61.8-73.9  上り 73.8-61.4-48.1-35.3  平均 1F:12.14 / 3F:36.41

払い戻し

単勝  3 \290
複勝  3 \150 / 7 \330 / 11 \210
枠連  3-6 \1680 (9)
馬連  03-07 \2620 (12)
ワイド 03-07 \980 (14)/ 03-11 \630 (6)/ 07-11 \1650 (19)
馬単  03-07 \3100 (12)
3連複 03-07-11 \6980 (26/165)
3連単 03-07-11 \26730 (97/990)

レース分析

レースのラップを見ると前半の4ハロンが後半に比べてコンマ9秒遅い。特に3ハロン目では前の1ハロンに比べて1,3秒ラップが落ち、続く4ハロン目はそこからさらにコンマ9秒遅いラップを刻んでいる。このように前半がスローペースの展開で比較的前の馬に有利な流れでレースは進んだ。だが重い馬場に遅いペースでも大きく折り合いを欠く馬や流れに乗れない馬はおらず、この時期の3歳戦にしては成熟したメンバーが揃っていたと言えるだろう。では各馬について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 アーモンドアイ

この馬に関しては戦前予想分析の記事も担当したが、そこでも書いたようにレースセンスという面ではまだまだ成長の余地がある。それを示すようにスタート一息で道中は後方から。

しかし勝負所からの動きが軽快で促されつつではあったが進出の勢い差が他馬とは歴然。そのまま直線も一頭だけ違う脚を使い楽々と差し切り勝ち。上がりは唯一の34秒台でそれも半ば。決して展開が向いたわけではなく、この結果は純粋な能力の差。超大物牝馬出現だ。

2着 ツヅミモン

道中は番手を追走。直線で逃げるカシアスを捉えしぶとく連対。厩舎の看板ホースであるリリーノーブルと共に大舞台を目指すことになるだろう。浅いキャリアでの好走は立派で更なる成長に期待がかかるが、同時に勝ち馬との差も現状では大きい。母カタマチボタンもその母タヤスブルームも重賞戦線で活躍した確かな牝系だ。

3着 カシアス

スタートを決めハナへ。ペースを落とすことにも成功し力は出し切っている。斤量差もあったがマイルではここが限界にも見える悲喜交交の3着と言ったところか。距離短縮での本領発揮に期待。

4着 ファストアプローチ

この馬もスタートが決まらず中団後ろ目からのレースに。枠なりの競馬となり直線も内を狙ったが、さして伸びるシーンはなし。入着はしたが勝ち馬からは5馬身近く離されており好走とは言いづらい。相手なりなところもあるか。

5着 カフジバンガード

最後の脚は見どころがあった。直線は中から内に進路を切り替えるシーンがあり、それがなければファストアプローチには先着していた可能性もある。久々の右回りも気にならなかった。まだまだ成長は必要だがこのクラスでも通用の素質はある。

6着 スターリーステージ

中団の追走から伸びきれず。道中の行きっぷりもイマイチでこのクラスでやっていくにはパワーアップが必要。全兄ミッキーアイルとは違い未勝利脱出にも時間がかかったように良くなってくるのはまだ先なタイプかもしれない。

まとめ

絶好調の勝負服と鞍上の勢いにも後押しされ、初となる関西への遠征も道悪馬場も、ものともせず素晴らしい勝利を収めたアーモンドアイ。そのぱっちりとした瞳には仁川の桜がはっきりと映ったように思えた。

文=櫻井秀幸


(C)Ko-Mei

女王への階段を駆け上がるか――。

1月7日、中山競馬場で行われたフェアリーS(G3/芝 1600m)は、直線で早めに先頭に立った2番人気プリモシーンの勝利で幕を閉じた。2着には後方から押し上げてきたスカーレットカラー、クビ差の3着にはさらに後ろから追い込んできたレッドベルローズが入った。

1番人気のテトラドラクマは枠に泣いたか、人気に応えることができず6着、3番人気トロワゼトワルは5着に終わった。

荒れる重賞、3歳牝馬の女王を目指す一戦は、1番人気が掲示板にも入らない結果となった。プリモシーンの勝因、テトラドラマの敗因はどこにあったのか。


結果・着順

2018年 1月 7日(日) 1回中山2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第34回フェアリーS
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(国際)(特指) 芝 1600m 16頭立

馬名性齢
プリモシーン牝32
スカーレットカラー牝36
レッドベルローズ牝37
ハトホル牝314
トロワゼトワル牝33
テトラドラクマ牝31
ライレローズ牝34
グランドピルエット牝38
ジョブックコメン牝310
10レネット牝312
11デュッセルドルフ牝39
12サヤカチャン牝35
13ジーナスイート牝311
14シスル牝315
15アントルシャ牝313
16フィルハーモニー牝316

LAP 12.5-11.5-11.9-12.1-11.6-11.6-11.6-11.8
通過 35.9-48.0-59.6-71.2  上り 70.6-58.7-46.6-35.0  平均 1F:11.82 / 3F:35.47

払い戻し

単勝  14 \460
複勝  14 \190 / 10 \310 / 13 \410
枠連  5-7 \1750 (10)
馬連  10-14 \3230 (14)
ワイド 10-14 \1170 (14)/ 13-14 \1100 (13)/ 10-13 \2420 (31)
馬単  14-10 \5150 (20)
3連複 10-13-14 \10370 (34/560)
3連単 14-10-13 \46640 (157/3360)

出走馬勝因、敗因、次走への展望

レースラップは以下の通りである。

12.5-11.5-11.9-12.1-11.6-11.6-11.6-11.8(35.9-35.0)

1着 プリモシーン

まずまずのスタートでゲートから出て、サヤカチャンに続く形で中団に位置を取った。前に折り合いを欠いている馬が見られる中、いいポジションでリズムよくレースを運ぶことができた。

外で蓋をしていたフィルハーモニーが捲って行ったことで、プリモシーンにスペースができた。この強引な捲りのおかげで前が早めに流れ、その恩恵を受けたのが今回の勝ち馬だった。

外を通したことでテトラドラクマの進出を妨げることができたのも戸崎騎手のいい判断だっただろう。

フェアリーSは展開が向いた形で、桜花賞を狙うのであればさらなる成長が必要なことは間違いない。春までにレベルアップ望めないと桜の女王は難しい。

2着 スカーレットカラー

隣の11番シスルが絶好のスタートを切ったのに対し、やや出負けする形でゲートを出た。後方4番手で2角に入り、3角で外からじわじわ位置を上げて行った。

直線ではプリモシーンと併せるような競馬で先頭を狙うも、後方から大外を回った分か、勝ち馬と比べて伸びを欠いた。レッドベルローズの追撃をクビ差退け2着に入った。

もう少しロスなく道中運ぶことができれば面白い馬である。マイナス8kgだったことも考えれば、一度放牧に出して春の成長に期待したい。

3着 レッドベルローズ

スタート後ダッシュが付かず後方からの競馬を余儀なくされた。道中ではプリモシーンの後ろに付けて進んだ。早い段階でジョッキーから追い出されたが、反応がいまいち、最後は良い脚を使って伸びてきた。

ダッシュが付かず後方からの競馬となってしまったことが痛かった。賞金加算とはならず、クラシック戦に向けて余裕のあるローテーションを組むことはできなくなったが、実力があるのは証明できた。

馬の気性にも難しさが感じられ、その点を修正できればまだまだ復活は可能ではないか。

4着 ハトホル

やや出負けしたスタートから控えて後方からの競馬となった。内枠を生かしてロスなく道中運んで行った。直線では最内から大外まで出して追った。


最後は良い脚で伸びてきての4着。後ろが有利な展開だったため、この結果が実力を完全に反映しているとは考えにくい。やや強引に外に持ち出したため、もう少しスムースに出していければもっと際どい結果になったかもしれない。

5着 トロワゼトワル

トロワゼトワルは大きな出遅れが目立ち、最高峰からの競馬となった。600mを切ったあたりでじわじわと進出を始め、直線は大外から追い上げて行った。

上がり最速だったものの、前半の位置が後ろすぎたこともあり、勝ち馬には話されてしまった。この馬は出遅れの影響が大きかった。さらに後ろから追い込んだハトホルよりも着順を落としてしまった。まだ見限るのは早いが、勝ち切るのに苦しむタイプか。

6着 テトラドラクマ

1番人気を背負ってのレースだったが、終わってみれば6着と、人気裏切る形となった。外枠だったこともあるが、スムースさを欠くような場面が随所に見られた。

外から最低限前目を取って道中進んだが、フィルハーモニーの捲りやその後のプリモシーンの進出によって外に蓋をされた。それによって直線でスムースに加速することができなかったことも敗因の1つか。

スローの持久力戦は向かないか。この馬もクラシックへゆとりのあるローテーションは取れなくなったが、まだまだチャンスはある。再チャレンジに期待したい。


ブラックムーンの勝因とレッドアンシェルの敗因は?京都金杯2018の回顧

(C)Yushi Machida

鮮やかな大外一気でうれしい重賞初勝利を挙げた。

1月6日に京都競馬場で行われた京都金杯(G3/芝1600外回り)はブラックムーンの優勝に終わった。レースを分析していきながらブラックムーンがレースを制したポイントやレッドアンシェル、ラビットランなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

2018年 1月 6日(土) 1回京都1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第56回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝・外 1600m 13頭立

馬名性齢
ブラックムーン牡64
クルーガー牡63
レッドアンシェル牡41
ダノンメジャー牡66
ストーミーシー牡58
カラクレナイ牝411
キョウヘイ牡47
ラビットラン牝42
マサハヤドリーム牡613
10アメリカズカップ牡49
11スズカデヴィアス牡712
12マイネルアウラート牡710
13ウインガニオン牡65

LAP 12.2-10.6-11.4-12.6-12.4-12.1-11.4-11.6
通過 34.2-46.8-59.2-71.3  上り 71.5-60.1-47.5-35.1  平均 1F:11.79 / 3F:35.36

払い戻し

単勝  9 \640
複勝  9 \190 / 13 \180 / 7 \130
枠連  6-8 \1020 (4)
馬連  09-13 \2000 (5)
ワイド 09-13 \640 (5)/ 07-09 \410 (3)/ 07-13 \380 (2)
馬単  09-13 \3610 (12)
3連複 07-09-13 \1720 (3/286)
3連単 09-13-07 \11480 (20/1716)

レース分析

レースのラップを見ると前半の4ハロンが後半に比べてコンマ7秒速くなっている。ただこのクラスのマイル戦では、このラップはとりわけハイペースと言うほどのものではない。ペース的には前の組にもチャンスがあって然るべき展開だったが、実際はペースが緩んだところでうまく進出した組が上位に来ている。機動力や騎手の手腕が問われたレースだったと感じられた。では各馬について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ブラックムーン

道中は最後方から。ただ残り3ハロンあたりからペースが上がる前にうまく進出した。直線を向いた段階では中団どころかもう先団を伺う位置。直線もあっさりと勝負を決めた。嵌った時は相変わらず強烈で、昨年のマイルチャンピオンシップでも17番人気・大外ぶん回しながら6着まで差してきたように京都外回りも得意。鞍上武豊の見事な手綱さばきも後押しし快勝を収めた。

2着 クルーガー

直線間を縫って最後に何とか連を確保。この差なので(勝ち馬よりコンマ5キロ重かったが)ハンデならもっと際どかっただろう。直線は出したかったであろう外の位置を勝ち馬に取られてしまい、中を突く事となった。スムースなら頭まであった可能性も十分ある。ひとまず賞金加算には成功したし、実力も十分に見せたがやや消化不良なレース。

3着 レッドアンシェル

スタートでやや後手を踏みその後もフラついていたあたりは乗り替わりの影響を大きく感じた。決め手が生きる展開になった事も不運。力負けと言うかキレ負け。安定感のある馬だが決め手がある馬に今回のようにやられる事は今後もありそうだ。

4着ダノンメジャー

正攻法の競馬で大いに見せ場を作った。他の先行勢が壊滅状態の中健闘の4着。逃げると直線フワっとするところがあるので今回のような競馬が最適だ。

5着ストーミーシー

最後の脚はかなりの物だったがあそこまで位置取りが悪いと届かない。ハンデ差も考えると重賞で勝ち負けするにはまだまだパワーアップが必要。

8着 ラビットラン

遠征からの中2週の影響もあったか本来の脚を使えず。またレースの組み立ても外目から差すほうが合っている。

13着 ウインガニオン

直線狭くなるシーンもあったがそれにしても全く抵抗できず。暑い時期の左回りで見直し。

まとめ

ここまで7つもの勝ち星を挙げ、重賞でも何度も人気に推されていたブラックムーン。手が届きそうで届かなかった待望のタイトルを遂に手に入れた姿は、今年の大いなる飛躍を予感させるのに十二分だった。

文=櫻井秀幸


セダブリランテスの勝因とウインブライトの敗因は?中山金杯2018の回顧

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

1番人気に応えての重賞2勝目――。

2018年1月6日、中山競馬場で中山金杯(G3/芝 2000m)が行われた。1番人気に推されたセダブリランテスがウインブライトをクビ差で交わして見事優勝した。

2着には2番人気のウインブライト、3着には中団後方から凄い勢いで強襲したストレンジクォークが入った。

接戦をものにしたセダブリランテスはなぜ勝てたのか?また、クビ差敗れたウインブライト、3番人気に推されながらも5着に終わったダイワキャグニーの敗因はどこにあったのか考察していこう。


結果・着順

2018年 1月 6日(土) 1回中山1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第67回日刊スポーツ賞中山金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)[指定] 芝 2000m 17頭立

馬名S性齢
セダブリランテス牡41
ウインブライト牡42
ストレンジクォーク牡610
ブラックバゴ牡64
ダイワキャグニー牡43
トーセンマタコイヤ牡79
デニムアンドルビー牝86
ケントオー牡614
ショウナンマルシェセ715
10カデナ牡45
11マイネルミラノ牡812
12アウトライアーズ牡47
13タイセイサミット牡513
14レアリスタ牡68
15フェルメッツァ牡711
16パリカラノテガミ牡717
17ジョルジュサンク牡516

LAP 12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2
通過 36.5-48.8-61.5-72.8  上り 71.0-58.3-47.0-35.3  平均 1F:11.98 / 3F:35.94

払い戻し

単勝  6 \250
複勝  6 \130 / 1 \170 / 11 \540
枠連  1-3 \540 (1)
馬連  01-06 \680 (1)
ワイド 01-06 \310 (1)/ 06-11 \1380 (13)/ 01-11 \1750 (19)
馬単  06-01 \1100 (1)
3連複 01-06-11 \5270 (13/680)
3連単 06-01-11 \18170 (38/4080)

出走馬勝因、敗因、次走への展望

レースラップは以下の通りである。

12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2(36.3-35.3)

1着 セダブリランテス

スタートを決めて前へ出て行った。ハナを切ったトーセンマタコイヤの後ろに付けて道中運んだ。1000m通過付近で逃げを打つことのできなかったマイネルミラノが追い上げて先頭に立ったため、3番手に下がった。

直線で追い出されると、久々の影響か反応がいまいちだったが、先に先頭に立ったウインブライトを捕らえてクビ差勝利を収めた。内でロスなく運び、完璧とも言える競馬をしたウインブライトを負かしたところを見ると力があるのは明確。

もう少し距離延長でも力が発揮できそうだ。

2着 ウインブライト

まずまずのスタートを切ったが、前に行く馬がいたためトーセンマタコイヤ、セダブリランテスに続いて3番手内に位置を取った。道中内でロスなく運ぶことができ、完璧に近い競馬ができたのではないか。

直線では少し外に出して逃げ馬を捕らえ先頭に立った。そのまま優勝かと思われたが、あと一歩のところでセダブリランテスに捕まり2着入線となった。

斤量が勝ち馬より1kg重かったことが原因か。冬場でプラス10kg、まだまだ良化の余地はある。完成は来秋か、期待が持てる競馬だった。

3着 ストレンジクォーク

若干出負け気味のスタートから内に進路を取った。中団で道中レースを運び、直線では外に出して前を行く馬を追いかけた。

結果は勝ち馬と0.1秒差の3着に終わった。ペースが早かった訳ではないにも関わらず、いい脚を使って差してきたことは評価に値する。スタートをもっと決めることができれば頭まであっただろう。

明けて6歳、ここで重賞馬券内に入ったことは大きく、晩成ながらここから上がって行けるか。この馬の2000m複勝率は驚異的な数字であり、注目してみるのも面白い。

4着 ブラックバゴ

まずまずのスタートから抑えて後方2番手からレースを運んだ。1000m通過付近で最後方のデニムアンドルビーが内から進出を開始した。

4角で外を回ったブラックバゴは、直線でもさらに外に出して懸命に追い込んだ。上がり最速だったが展開が向かなかったこともあってクビ差及ばず4着に敗れた。


マイネルミラノがハナを切れずここまでペースが上がらないのは予想外だったが、レースの上がりが35.3、ブラックバゴの上がりは33.8。これは騎手の位置取りが後ろ過ぎたか。展開が向かなかったが、力があることは十分示せたのではないか。

5着 ダイワキャグニー

やはり不安要素であった右回り、弥生賞ほどではないものの現状府中で買うのがベストか。またイレ込みも激しかった。

スタート前のゲート内でも頭を振っていたが、まずまずのスタートを切って中団に位置を取った。4角では外を回して前を追った。

弥生賞のように手応えが感じられないわけではなく、それなりに伸びてはいたが勝ち馬には届かず5着に終わった。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る