キャンディバローズの血統や将来性は?ファンタジーS1着馬を徹底分析

(C)masakin0712
(C)masakin0712

ページ:

1

2

11月7日に京都競馬場で行われたファンタジーステークス(GII/芝1400m)でディープインパクト産駒のキャンディバローズ(牡2)が重賞初制覇を達成した。

まずまずのスタートから好位につけることに成功すると、直線ではしっかりと末脚を伸ばして1着でフィニッシュ。同じディープインパクト産駒のメジェルダ、ブランボヌールらをおさえて優勝した。

キャンディバローズの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

キャンディバローズは父ディープインパクト、母アフレタータ、その父タイキシャトルという血統。

ディープインパクト産駒は1400mを苦手としているが、ここでは馬券圏内を独占している。京都が得意なディープインパクト産駒に向いた展開、馬場だったということだろう。

また、同馬は種牡馬として、母系の良さを引き出すという特徴を持っている。母父のタイキシャトルは1200〜1600mで芝、ダート問わずに無類の強さを発揮した。このレースと同じ京都芝外回り1400mで行われるスワンステークスでも勝っている。

母のアフレタータはキャリア4勝のうち、2勝を3歳の2月までに挙げた。ある程度、早熟な馬だったということだ。

繁殖牝馬としては優秀な成績を残している。ファインチョイスは当レースで3着の実績があり、函館2歳ステークスで勝っている。アットウィルにしても2歳時にOPのクローバー賞を制覇。こちらも準OP馬と、そこそこしっかりと走っている。

要するにキャンディバローズは「京都が得意な父×ポテンシャルが高くて2歳戦に強い母系」という配合馬なのだ。ここでの勝利も納得といったところである。

【次のページヘ】キャンディバローズの将来性は?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る