アーモンドアイの勝因、ラッキーライラックの敗因は?桜花賞2018回顧


(C)Ko-Mei

離れたところからマーク差し。

4月8日に阪神競馬場で行われた桜花賞(G1/芝1600 外回り)はアーモンドアイの優勝に終わった。

一頭だけ違う手ごたえ、違う脚色で追い込んできた東の刺客がまさかの圧勝劇。遂に2018クラシックの幕が開いた。レースを分析していきながらアーモンドアイがレースを制したポイントやラッキーライラックなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
アーモンドアイルメール騎手2
牝355(美浦)国枝3.9
2
ラッキーライラック石橋脩騎手1
牝355(栗東)松永幹1.8
3
リリーノーブル川田騎手3
牝355(栗東)藤岡7.4
4
トーセンブレス柴田善騎手8
牝355(美浦)加藤征42.1
5
マウレア武豊騎手4
牝355(美浦)手塚13.5
6
リバティハイツ北村友騎手10
牝355(栗東)高野62.3
7
レッドサクヤ松山騎手12
牝355(栗東)藤原英70.4
8
スカーレットカラー岩田騎手15
牝355(栗東)高橋亮193.3
9
ツヅミモン秋山騎手16
牝355(栗東)藤岡277.7
10
プリモシーン戸崎圭騎手6
牝355(美浦)木村23.4
11
アンコールプリュ藤岡康騎手9
牝355(栗東)友道45.4
12
フィニフティ福永騎手5
牝355(栗東)藤原英20.1
13
デルニエオール池添騎手13
牝355(栗東)池江71.4
14
ハーレムライン大野騎手11
牝355(美浦)田中清66.2
15
レッドレグナントMデムーロ騎手7
牝355(美浦)大竹24.2
16
コーディエライト和田騎手17
牝355(栗東)佐々木341
17
アンヴァル藤岡佑騎手14
牝355(栗東)藤岡124.8

払い戻し

単勝13390円2人気
複勝13
01
09
140円
110円
140円
3人気
1人気
2人気
枠連01 – 07380円1人気
馬連01 – 13480円1人気
ワイド01 – 13
09 – 13
01 – 09
230円
430円
230円
1人気
3人気
2人気
馬単13 → 01990円3人気
三連複01 – 09 – 13830円1人気
三連単13 → 01 → 093,780円4人気

レース分析

まずラップを見てみると、前半が46秒6、後半が46秒5という完全な平均ペース。とはいえ2F目の10秒7はかなり速く、中盤緩むもラスト3Fはまた高速。

このように出入りが激しくなったので前の組にとって楽ではなかったように思えた。では各馬を振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 アーモンドアイ

道中は後方を追走し、直線は大外に持ち出されたがまだ前との距離はあった。しかし手ごたえは楽で、追い出される爆発的に前との差を詰めた。

そこからは前を捕まえ着差以上の完勝。展開的にラッキーライラックより向いた部分はあったがそれにしても休み明けでこの内容は出色で潜在能力の高さを見せつけた。

2着 ラッキーライラック

先団でレースを進め早めに前を捕まえに行く横綱相撲。しかし大外を強襲した勝馬には抵抗すらできなかった。

包まれる可能性のある枠だったこと、前の組が早々に沈んだことなど不利な要因が重なった事は否めず責められる内容ではないが、勝ち馬の強さだけが目立った一戦となってしまったのは事実。

3着 リリーーノブル

中団から枠なりの競馬。直線も真ん中から追い上げを図ったがジリジリとしか伸びずここまで。

結果的には前を残し、後ろからも差された形となっており、甘い部分は残っている。総合力は高いが決め手には欠ける。

4着 トーセンブレス

いつもよりはやや位置を取れたがそれでも後方より。直線はフィニフティを押しのけ実績馬の意地を見せたが勝ち負けはまでは届かず。これでG1は連続4着。上位と差はあるが堅実な実力派。

5着 マウレア

中団のやや後ろから。直線は外目から前に迫りたかったがイマイチ弾けず。トーセンブレス同様ジュベナイルフィリーズに続いて掲示板に載ったが、物足りなさは残る。関東に戻って枠に恵まれれば。

12着 フィニフティ

後方の位置取りでトーセンブレスの外目から。直線もこの外に居たが前述の通り寄られて戦意喪失。浅いキャリアの小型馬には厳しい戦いとなった。

まとめ

上がりだけで絶対されていたラッキーライラックに1秒3もの差をつけ余裕を持って差し切ってみせたアーモンドアイの未来はとてつもなく明るい。

母フサイチパンドラの影響が色濃く出たか、初戦からスケールが大きいとも緩慢とも言えるような走りを見せていた姿に距離延長の不安はない。

その瞳には府中が、そしてまだぼんやりとではあろうが淀の直線が映ったようにすら思えた。

文=櫻井秀幸


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る