(C)Ko-Mei

ザ・作戦勝ち。

4月7日に阪神競馬場で行われた阪神牝馬ステーウス(G2/芝1600 外回り)はミスパンテールの優勝に終わった。

ヴィクトリアマイルにつながっていく牝馬戦にはG1馬ソウルスターリング、アドマイヤリードレースなど楽しみなメンバーがそろったが、その展開は思わぬものとなった。ではそのレースを分析していきながら、ミスパンテールがレースを制したポイントやリスグラシューなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
カツジ松山騎手2
牡356(栗東)池添兼4
2
ミスパンテール横山典騎手4
牝454(栗東)昆8.4
3
レッドアヴァンセ北村友騎手11
牝554(栗東)音無55.6
4
リスグラシュー武豊騎手1
牝454(栗東)矢作2.4
5
アドマイヤリードMデムーロ騎手3
牝556(栗東)須貝6.6
6
ジュールポレール幸騎手5
牝554(栗東)西園12
7
ミエノサクシード福永騎手7
牝554(栗東)高橋亮31.5
8
ミリッサ岩田騎手9
牝454(栗東)石坂正44.9
9
エテルナミノル四位騎手12
牝554(栗東)本田68.7
10
○外ラビットラン川田騎手6
牝455(栗東)角居13
11
ソウルスターリングルメール騎手2
牝456(美浦)藤沢和3.6
12
デンコウアンジュ蛯名騎手10
牝554(栗東)荒川50.2
13
ワントゥワン藤岡佑騎手8
牝554(栗東)藤岡42.1
14
クインズミラーグロ藤岡康騎手13
牝654(栗東)野中125.8

払い戻し

単勝11840円4人気
複勝11
10
03
210円
660円
120円
3人気
9人気
1人気
枠連07 - 0712,230円28人気
馬連10 - 1116,680円35人気
ワイド10 - 11
03 - 11
03 - 10
4,200円
340円
1,430円
41人気
2人気
17人気
馬単11 → 1028,330円62人気
三連複03 - 10 - 118,660円30人気
三連単11 → 10 → 0382,760円240人気

レース分析

レースのラップを見てみよう。前半が49秒1、後半が45秒7という極端なスローペースとなった。結果的にもいったいったの決着で完全な前での決着となった。展開面での有利不利があまりにも大きな一戦だったと言える。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ミスパンテール

スローを見越してハナへ。特に鈴をつけられることもなく淡々と進め、直線一旦は並ばれたレッドアヴァンセを地力の差で差し返しそのままゴールに駆け込んだ。恵まれたとはいえ重賞3連勝。本番でも主演女優を務めるか?

2着 レッドアヴァンセ

先団の一角だったが途中から2番手へ。直線は一度並ぶところまで行ったがそこから前に出るまでには至らず。休み明けも以前は苦手としていた坂のあるコースも克服し成長が著しい。

3着 リスグラシュー

中団の内を進んだ。道中は動かず直線はソウルスターリングとミエノサクシードの間を割り急追。展開を考えればさほど悪い結果ではない。

4着 アドマイヤリード

中団の前目リスグラシューの一列前を進んだ。直線ではジューヌポレールとソウルスターリングの間を窺ったが狭くなり内に切り替えるロスがあった。56背負ってこの内容なら本番は面白い存在になる。

10着 ソウルスターリング

中団から道中で動き3番手まで進出。やや持って行かれた部分もあっただろうが、流れを考えればむしろよい位置取りだった。しかし直線はさっぱり伸びず上がりはメンバー中唯一33秒台で走れないという屈辱の敗戦。深刻なスランプか、はたまた早熟か?

まとめ

鮮やかに逃げ切ってみせたミスパンテール。何度目の横山典弘単騎逃げだろうか?

上がり勝負の競馬でもダイワメジャー産駒を勝たせてしまうように、この騎手が手の内に入れると本当に馬が一変する。期待を集めながら不本意な走りに終わった桜花賞からちょうど一年後、荒削りだった少女は随分と大人びていた。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事