ブランボヌールの血統や将来性は?函館2歳ステークス1着馬を徹底検証

今後の課題は?

今後はどの程度、走りの幅を広げられるかがポイントとなってくるだろう。

母のルシュクルは2歳でOPを勝ったが、重賞ではファルコンステークスで3着になったのみでGIでは勝負にならなかった。1400m以上だとファンタジーステークスで掲示板に載ったくらいで阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞は二桁着順に敗れている。

ただし、ルシュクルの父はサクラバクシンオーである一方、ブランボヌールの父はディープインパクトだ。サクラバクシンオーよりは距離の融通がきくと考えられる。

今後、徐々に距離を伸ばしていってマイル路線へいければ活躍の幅が広がるはずだ。

もっとも、函館2歳ステークスは早熟性が問われる重賞である。ここで勝ったということはある程度完成度の高い馬という見方ができる。完成度が高いということは、成長力に乏しいということ。

実際、過去の函館2歳Sの勝ち馬で3歳以降に活躍したのはマイルチャンピオンシップ2着の実績があるフィフスペトルくらい。なかなか古馬になってから活躍する馬は出てきていない。

よって、距離と成長力が課題となりそうだ。

【関連記事】
シュウジの血統や将来性は?中京2歳ステークス1着馬を徹底検証
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?

おすすめの記事