(C)T.T

皐月賞編

皐月賞は中山芝2000mで行われる。クラシック第1戦は小回りの中山で行われるため、瞬発力より器用さや立ち回りのうまさが求められる。ダービーよりややマイナー血統が台頭するレースのため、コテコテのクラシック血統はややマイナスになる。

横綱 プロディガルサン
大関 アストラエンブレム
関脇 レッドヴェルサス
大関 ヒプノティスト
関脇 ポルトフォイユ
小結 ―
前頭筆 ―

ここではプロディガルサンを上に取りたい。そこまで合うとは思わないが、事実としてリアルスティールが皐月賞2着になっている。ポテンシャルとしては悪くないはず。

ダービーでは厳しそうなアストラエンブレムも皐月賞なら面白そう。父ダイワメジャー、母ブラックエンブレムという良血馬。半兄は弥生賞2着、皐月賞4着のブライトエンブレムだ。ダイワメジャー産駒のため、立ち回りはうまいはず。ダービーは距離の壁に直面しそうで、皐月賞やNHKマイルカップのほうが向きそうだ。

ヒプノティストもクロフネ産駒ということでダービーは厳しそう。今年の皐月賞で同じクロフネ産駒のクラリティスカイが5着に粘り込んだように、中山なら可能性はありそうだ。

●詳細→ヒプノティストの血統や将来性は?新馬戦勝ちのクロフネ産駒を徹底分析

【次のページヘ】菊花賞編!ダービーや皐月賞との違いって?

おすすめの記事