カテゴリー:予想・考察・回顧

ストレイトガールがヴィクトリアマイルを勝てた4つの理由とは?

(C) Yusuke Tsutaya

悲願のGI初制覇で“春の女王”に――。

5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)をストレイトガール(牝6)が制した。実に6度目の挑戦でGIを初めて射止めたフジキセキ産駒は、どうして勝つことができたのか?

5番人気ながら頂点に輝いた彼女が勝てた理由を探っていこう。


理由① 断然の実績

まず単純に実績が断然だった。今回、上位人気だった馬たちの実績を振り替えてみると……

ヌーヴォレコルト
オークス1着
秋華賞、エリザベス女王杯2着
桜花賞3着

ディアデラマドレ
エリザベス女王杯3着

レッドリヴェール
阪神ジュベナイルフィリーズ1着
桜花賞2着

カフェブリリアント
阪神牝馬ステークス1着

上位人気3頭はGI実績を持っていた。しかし、どれも牝馬限定戦だった。カフェブリリアントに至ってはGI出走歴がなく、重賞実績はGIIのみ。

一方、ストレイトガールは……


ストレイトガール
スプリンターズステークス2着
高松宮記念、香港スプリント、ヴィクトリアマイル3着

ご覧のとおり、勝利実績こそなかったが、牡馬相手のGIで馬券に絡んでいた。その上でヴィクトリアマイルで3着になっている。牡馬混合のGIで馬券に絡める力を持っていて、ヴィクトリアマイルへの適性もあった。実績がスプリントレースに偏っていたことから5番人気にとどまったが、実績を考えると“過小評価”だったというわけだ。

理由② 府中マイル血統

ヴィクトリアマイル3着の実績があったように、府中のマイル戦で強調できる血統だった。

父のフジキセキはヴィクトリアマイルの覇者エイジアンウインズやNHKマイルカップの覇者ダノンシャンティを輩出している。特にエイジアンウインズは“女傑”ウオッカを破ったほど。能力の高さは断然ウオッカが上だったことを考えると(相手の状態が悪かったにせよ)いかに適正の高さで上回ったかが分かる。

また母父のタイキシャトルも府中のマイルGI安田記念の覇者だ。つまり、“府中マイル血統”の血が騒いだわけである。

【次のページへ】残り2つの勝因は機能性と枠順?

ページ:

1

2

(C)Minafl

今年の3歳女王を決める優駿牝馬(GI/芝2400m)が5月24日に行われる。

樫の女王戴冠に最も近いのは桜花賞馬レッツゴードンキだ。2冠目指して突き進めるか。これに対し、きさらぎ賞で牡馬の素質馬を一蹴したルージュバック、さらには桜花賞2着のクルミナルらが待ったをかける。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。


人気予想

1番人気 ルージュバック
2番人気 クルミナル
3番人気 レッツゴードンキ
4番人気 ミッキークイーン
5番人気 クイーンズリング

中穴人気…コンテッサトゥーレ、アンドリエッテ、ココロノアイ、キャットコイン、シングウィズジョイなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

【次のページヘ】勢力図を考察!レッツゴードンキやルージュバックら有力馬の評価は?

ページ:

1

2

ヴィクトリアマイル(2015年)の傾向と対策!予想のポイントは?

(C)minafl

ヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)が5月17日、東京競馬場で行われる。春の女王決定戦の予想のポイントはどこにあるのだろうか?

人気

人気着別度数
1番人気3- 2- 0- 4/ 9
2番人気2- 0- 0- 7/ 9
3番人気0- 2- 2- 5/ 9
4番人気1- 0- 2- 6/ 9
5番人気1- 0- 1- 7/ 9
6番人気0- 0- 1- 8/ 9
7番人気0- 1- 1- 7/ 9
8番人気0- 1- 1- 7/ 9
9番人気0- 1- 0- 8/ 9
10~人気2- 2- 1- 75/ 80

集計期間:2006. 5.14 ~ 2014. 5.18

牝馬限定の重賞だけあって、堅い決着にはなりにくい。昨年は11番人気のヴィルシーナが勝利している。


血統

着順種牡馬母父馬
ディープインパクトMachiavellian
スズカマンボグラスワンダー
フジキセキタイキシャトル
ディープインパクトMachiavellian
クロフネサンデーサイレンス
テレグノシスサンデーサイレンス
クロフネサンデーサイレンス
ディープインパクトBertolini
ディープインパクトMarju
キングカメハメハSalt Lake
スペシャルウィークCaerleon
キングカメハメハTejano Run
スペシャルウィークCaerleon
アグネスタキオンA.P. Indy
タニノギムレットAlzao

集計期間:2006. 5.14 ~ 2014. 5.18

先週のNHKマイルカップと同じようにサンデーサイレンスの血を持つ馬がほとんど。父サンデー系でないキングカメハメハ、クロフネ、タニノギムレット、テレグノシスはすべてNHKマイルカップの覇者。東京のマイルと関わりが深い血統が来ている。

ローテーション

前走レース名着別度数
阪神牝馬G22- 4- 2-45/53
マイラーG22- 0- 1- 8/11
中山牝馬HG31- 1- 2-10/14
産経大阪G21- 1- 0- 1/ 3
DDFG11- 1- 0- 0/ 2
ダービーHG31- 0- 1- 3/ 5
DSCG11- 0- 0- 1/ 2
福島牝馬G30- 1- 1-36/38
DWCG10- 1- 0- 1/ 2
高松宮記G10- 0- 1- 3/ 4
卯月SH16000- 0- 1- 0/ 1

集計期間:2006. 5.14 ~ 2014. 5.18

数では阪神牝馬ステークス組。しかし、マイラーズカップや産経大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーなど、牡馬相手に戦ってきた馬たちの期待値が高い。

展開

十中八九、ケイアイエレガントが逃げるだろう。他には何が何でも行きたい馬がいないため、ペースはそこそこ落ち着くのではないか。あまり後ろからいく馬だと差し届かない可能性があるので注意。

枠順

枠番着別度数
1枠1- 2- 5-10/18
2枠1- 2- 1-14/18
3枠2- 0- 0-16/18
4枠0- 1- 0-17/18
5枠0- 1- 1-16/18
6枠3- 0- 0-15/18
7枠1- 1- 1-23/26
8枠1- 2- 1-23/27

集計期間:2006. 5.14 ~ 2014. 5.18


1、2枠の成績がいい。外枠がだめなわけではないが、穴馬は内枠から出る傾向にある。

騎手(コース成績)

騎手勝率複勝率
北村宏司15.5%43.3%
戸崎圭太16.0%27.2%
福永祐一20.9%48.8%
内田博幸11.4%31.4%
岩田康誠15.6%46.9%
吉田豊8.5%21.3%
浜中俊10.5%42.1%
M.デム50.0%50.0%
田中勝春2.0%38.8%
川田将雅10.0%30.0%

集計期間:2012. 1.28 ~ 2015. 5.10

※独自のルールで集計しています

北村宏司騎手の成績がいい。先週のNHKマイルカップでは惜しくも4着だった。他には福永祐一騎手、岩田康誠騎手、浜中俊騎手の関西勢が◎。ミルコ・デムーロ騎手にも注意が必要だ。

【関連記事】
ヴィクトリアマイル(2015年)予想の参考になる記事をまとめました


ヴィクトリアマイルを馬主の観点から考察!社台グループの層が薄い理由とは?

(C)arima0208

今年のヴィクトリアマイルは馬主的な観点から見ても面白いレースといえるかもしれない。というのも、競馬界で絶対的な強さを誇る社台グループの層が薄く、非社台系の馬たちにチャンスが巡ってきそうだからだ。

クラシックを中心にGIタイトルを軒並み奪う社台グループに一矢報いることができるかもしれない。その勢力図と、社台系の馬たちの層が薄い理由に迫っていこう。


社台VS非社台の構図

ヴィクトリアマイルに出走する社台系の馬は7頭。社台ファーム生産馬が3頭、ノーザンファーム生産馬が2頭、そして白老ファーム生産馬が2頭という図式である。

原礼子氏所有のヌーヴォレコルトが社台ファームの“大将格”だ。一方、ノーザンファームはエリザベス女王杯3着のディアデラマドレを送り出してきた。この2頭が1、2番人気に支持される見込みとなっている。

しかしながら彼女たちに続くのは非社台の馬たちだと見られる。昨年の1番人気、スマートレイアーは大岡徹氏の所有馬で生産は岡田スタッド。阪神牝馬ステークスを制して優先出走権を得たカフェブリリアントはタイヘイ牧場の生産馬。同じく優先出走権を持つ馬スイートサルサはシンボリ牧場の生産馬である。

他にも昨年2着のGI3勝馬メイショウマンボや同3着のストレイトガールはいずれも非社台系の馬だ。

1、2番人気が社台系とはいえ、これだけ有力な非社台馬が名を連ねるなら、一矢報いる可能性は十分にあるといえる。

【次のページヘ】社台勢の層が薄い2つの理由とは?

ページ:

1

2

日本ダービー(2015年)の出走予定馬と展望!皐月賞組対ディープインパクト産駒


いよいよ今年も日本ダービーが迫ってきた。すべてのホースマンの夢、日本ダービー制覇。競馬に関わるすべての人にとっては、特別なレースがやってくる。

トライアルレースがすべて終了し、出走馬の全容が見えてきた。今年はどんな馬が出走してくるのか?

5月31日に控える“競馬の祭典”に向けて、出走メンバーを確認していこう。


優先出走権組

皐月賞(上位4頭)

ドゥラメンテ
リアルスティール
キタサンブラック
ブライトエンブレム(※故障により回避)

青葉賞(上位2頭)

レーヴミストラル
タンタアレグリア

プリンシパルステークス(上位1頭)

アンビシャス


賞金順

サトノクラウン(4600万円)
サトノラーゼン(3500万円)
ポルトドートウィユ(2700万円)
ベルラップ(2500万円)
ミュゼエイリアン(2250万円)
グァンチャーレ(2250万円) ※未定
タガノエスプレッソ(2200万円)
コメート(2200万円)
ミュゼスルタン(1900万円) ※未定
アンビシャス(1900万円)
スピリッツミノル(1900万円)
ダノンメジャー(1850万円)

―――ボーダーライン―――

コスモナインボール(1700万円)
アヴニールマルシェ(1650万円)
アダムスブリッジ(1400万円)

※クラリティスカイやゴールデンバローズ、シャイニングレイら、短距離やダート路線を選択してダービーに出走する見込みが薄い馬や故障した馬は除外

優先出走権

日本ダービーの優先出走権は7枚。まずは皐月賞4着以内。そしてダービートライアル青葉賞2着以内。そしてプリシンパルステークスの勝ち馬に与えられる。残りの11枠は賞金順で決まる。

中心は皐月賞組

中心となるのが皐月賞の上位馬たちだ。ドゥラメンテは皐月賞を圧巻のパフォーマンスで制覇。「ダービー当確」、「2冠濃厚」と称されるにふさわしい内容で、好勝負が期待できる。同2着のリアルスティールは福永祐一騎手がダービー初制覇を目論むパートナーだ。共同通信杯ではドゥラメンテを負かしている。得意の東京で巻き返しを測る。

NHKマイルカップを見れば皐月賞組のレベルの高さは明らかであるだけに、皐月賞上位馬からダービー馬が誕生する可能性は高いといえるだろう。

別路線組からはダービー馬を2頭輩出しているディープインパクトの産駒、サトノラーゼンやポルトドートウィユ、アンビシャスらがどこまで迫れるか。

5月13日の時点でグァンチャーレやミュゼスルタンらの動向は流動的となっている。ボーダーライン上にいる馬たちが出走できるのか否か、注目が集まる。

おすすめコラム

ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
ポルトドートウィユと武豊騎手をつなぐ“絆”!日本ダービーへ必勝体制
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
サトノラーゼンの血統・将来性は?京都新聞杯の覇者を徹底分析



Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る