朝日杯FS2018の競馬予想分析!二桁人気激走馬の共通点とは?
(C)MAZIMICKEY

2018年12月16日、阪神競馬場で朝日杯FS(GⅠ/芝1600m)が行われる。ケイデンスコール、マイネルサーパス、グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ファンタジストらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は歴代の穴馬たちの共通点を探っていこう。朝日杯FSでは二桁人気馬の好走も珍しくない。

なぜ彼らは人気薄ながら激走することができたのか? その背景には朝日杯FSの舞台設定があった。


予想の基本戦略〜朝日杯の舞台設定〜

朝日杯FSは阪神芝外回り1600mで行われる。JRAの競馬場の中でも最も実力が問われるのが阪神競馬場であり、中でも外回りコースはポテンシャル勝負になりやすい。

実際、当コースで行われる重賞を勝った馬は後々も活躍する可能性が高い。

例えば阪神ジュベナイルフィリーズがそうだ。

阪神JFは桜花賞に直結するレースとして知られている。これは同じコースだからというわけではなく「強い馬が普通に走る」からこそ起こる現象だと考えられる。

改修後の女王たちを見てみると……

ウオッカ→歴史的名馬
トールポピー→オークス馬
ブエナビスタ→歴史的名馬
アパパネ→牝馬3冠馬
レーヴディソール→故障でGIは勝てなかったが、チューリップ賞は0.7秒差の完勝
レッドリヴェール→桜花賞2着
メジャーエンブレム→NHKマイルカップ馬
ソウルスターリング→オークス馬
ラッキーライラック→桜花賞2着、オークス3着

レーヴディソールやジョワドヴィーヴルのように故障でポテンシャルを発揮しきれなかった馬もいたが、多くの勝ち馬は後にGIで活躍している。

朝日杯にしても、上位入選馬は後に活躍することが多い。

クラリティスカイ→NHKマイルカップ馬
リオンディーズ→皐月賞、ダービー5着
エアスピネル→マイル戦線で活躍
ステルヴィオ→マイルCS馬
ダノンプレミアム→弥生賞馬、ダービー6着

要するに実力のある馬が走りやすい舞台設定になっているわけだ。

二桁人気馬たちの共通点

ここで人気薄ながら好走した馬の共通点を探っていこう。

過去4年の朝日杯で7番人気以下から好走したのは4頭。

アルマワイオリ ※二桁人気
シャドウアプローチ ※二桁人気
ボンセルヴィーソ ※二桁人気
モンドキャンノ

この馬たちには“ある共通点”があった。それは……

前走重賞で好走

という実績を持っていたのだ。

アルマワイオリ→デイリー杯2歳S4着
シャドウアプローチ→京王杯2歳S3着
ボンセルヴィーソ→デイリー杯2歳S2着
モンドキャンノ→京王杯2歳S1着

ご覧の通り、前走重賞で好走しながら過小評価されて人気を落としていた馬だったのだ。

しかし、重賞で勝負になっていたわけで、実力が劣っていたわけではなかった。だからこそ実力が問われる阪神芝外回りで好走することができたのだ。

ちなみに6番人気ながら1着になったサトノアレスは重賞出走歴こそなかったものの、未勝利→ベゴニア賞と連勝してここに臨んできた。

要するに、朝日杯で狙うべきなのは……

・重賞で好走
・新馬OR未勝利→500万を連勝
・当日5番人気以内

このいずれかに該当する馬ということになる。これが朝日杯の基本戦略と言っていいだろう。

おすすめの記事