カテゴリー:予想・考察・回顧

ダービー卿CT2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C) Horse Race Photo Studio

2018年3月31日、中山競馬場でダービー卿CT(GⅢ/芝1600m)が行われる。安田記念を見据えてグレーターロンドン、レッドアンシェル、マルターズアポジーなどが出走を予定している。

波乱含みのレースでもあり伏兵の台頭にも注意が必要なレースだ。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年(阪神で開催された2011年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
15ダイワメジャーロックオブジブラルタル
21Encosta de LagoRedoute’s Choice
32ステイゴールドDynaformer
15ハーツクライブライアンズタイム
24ローエングリンサンデーサイレンス
32ディープインパクトStorm Cat
11スクリーンヒーローカーネギー
24キングカメハメハスペシャルウィーク
39クロフネサンデーサイレンス
14ダイワメジャーGrindstone
29マイネルラヴファルブラヴ
38ウォーエンブレムサンデーサイレンス
15ゴールドヘイローミルジョージ
21ダイワメジャーLaw Society
32ジャングルポケットサンデーサイレンス
13マンハッタンカフェジェネラス
210Red Ransomサンデーサイレンス
37ネオユニヴァースノーザンテースト
17エアジハードトニービン
24ムタファーウエクパークリージェント
35マーベラスサンデートニービン
11ゴールドアリュールマルゼンスキー
27ムタファーウエクパークリージェント
312マヤノトップガンDanzig
14フレンチデピュティサンデーサイレンス
29DynaformerHero’s Honor
316ダンスインザダークハウスバスター

解析・分析:注目血統は?

2015年を除いて近年はサンデーサイレンス系種牡馬産駒から勝ち馬が出ている。特にダイワメジャーは近5年で2勝の他に2着馬もおり、今年も注目したい。その他にディープインパクト・ステイゴールド・ハーツクライなど今年も産駒が出走を予定している。サンデーサイレンス系以外ではニアークティック系種牡馬とミスタープロスペクター系種牡馬、またサンデー系と同じロイヤルチャージャー系ではスクリーンヒーロー産駒のモーリスの活躍もあり、今年はいずれの系統の馬も出走を予定している。

ニアークティック系・ミスタープロスペクター系種牡馬に注目すると

2016年 ロゴタイプ(母父サンデーサイレンス)
2015年 クラリティシチー(母父スペシャルウィーク)
インパルスヒーロー(母父サンデーサイレンス)
2014年 インプロヴァイス(母父サンデーサイレンス)

といった母父サンデー系種牡馬の馬が近年好走する傾向にある。今年の該当馬としては2015年の2着馬のクラリティシチーやクラリティスカイとなり、波乱の立役者となりうるか注目してみたい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ディープインパクト29-23-22-15912.4%31.8%
ハーツクライ7-8-3-817.1%18.2%
Encosta de Lago2-1-0-150.0%75.0%
キングカメハメハ17-22-12-1259.7%29.0%
クロフネ5-4-7-636.3%20.3%
スクリーンヒーロー5-1-1-3711.4%15.9%
ダイワメジャー20-18-23-1698.7%26.5%
アドマイヤムーン9-10-2-858.5%19.8%
ハービンジャー8-10-7-3912.5%39.1%
マツリダゴッホ8-8-9-966.6%20.7%
ステイゴールド12-15-7-1237.6%21.7%
ゴスホークケン1-0-0-420.0%20.0%
マンハッタンカフェ12-5-11-6912.4%28.9%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

近年好走馬を出しているディープインパクト、キングカメハメハ、ダイワメジャーの成績が優れているのが分かる。マンハッタンカフェもこれらに匹敵する成績を残しており、レッドアンシェルの好走に期待したい。

また、出走頭数の少ない種牡馬の中ではハービンジャーがディープインパクトを上回る成績を残している。ヒーズインラブやテオドールが出走を予定しており、近3年で連対馬を出しているニアークティック系種牡馬としても注目の存在だ。


ドバイターフ2018の競馬予想分析…ネオリアリズムを占う3つの考察点

(C) Allen Choi

香港に次ぐ2ヶ国目のGⅠ制覇となるか――。

2018年3月31日、メイダン競馬場でドバイターフ(GⅠ/芝1800m)が行われる。近年は積極的に海外遠征を繰り返し昨年QE2世Cで念願のGⅠを制した、今年はドバイ競争に初参戦となり2ヶ国目のGⅠ制覇を狙うのがネオリアリズムだ。同馬も7歳となり、またこれまでとは異なるドバイ遠征で実力が発揮できるか懸念される点もある。

今回はネオリアリズムの本レース好走に向けた3つの考察点を挙げていく。


期待① モレイラ騎手の継続騎乗

今回もモレイラ騎手が継続騎乗する点は何よりも心強いだろう。昨年はヴィブロスを同レース優勝に導いており、同馬のQE2世C時も同騎手の功績である。これまで1着1回、3着1回(いずれもシャティン競馬場)の成績で今回が3度目の騎乗となる。十分に同馬の癖を把握していると思い、今回も能力を引き出してくれるに違いない。

ポイント① メイダン競馬場への適正

同馬はこれまで7つの競馬場で走ってきたが、メイダン競馬場は初めてである。これまでも何頭もの日本馬が優勝してきたコースだけに同じ日本馬として心配はないと思われるが、同馬のケースはどうであろうか。まず、メイダン競馬場の芝コースは日本の野芝に近いバミューダグラスがベースに用いられている。これに加えてペレニアルライグラス(洋芝)を使用しており、こちらは札幌・函館競馬場などでも使われている品種である。

同馬は日本の軽い馬場への適応もさることながら、札幌競馬場での戦績は3戦全勝であり洋芝適性も十分にあると考えられる。また、GⅠ優勝実績のあるシャティン競馬場もメイダン競馬場と全く同じ芝の組み合わせである。

初コースとなる同馬であるが少なくとも芝適正の面では問題なさそうだ。あとは気候を含めたドバイの環境に適応できるかという点だろう。

ポイント② 年齢

3歳時より走ってきた同馬も今年で7歳となる。年齢面での衰えという不安がよぎるだろう。若い時期から勝ち星を重ねてきたが、重賞戦線で活躍し始めたのが5歳夏の札幌記念からである。それ以降は重賞のみを使われてきており(3-0-2-2)(勝率42.9%、複勝率71.4%)という成績で、着外の2戦は距離不足の香港マイル(初海外遠征)と香港帰りからの初戦でかつ不良馬場であった昨年の秋の天皇賞である。これらを除けば近2年の成績は非常に充実した内容であり、衰えるにはまだまだ早いといった印象を受ける。4・5歳馬が主に活躍している同レースであるが、昨年の春の勢いを再びこのレースでみせてもらいたいものだ。

まとめ

いかがであっただろうか。ネオリアリズムは7歳という年齢を考慮するとこれまでの同レースの傾向からは厳しい戦いになる可能性が高い。しかし、コース適性は騎手などプラス材料も多々あり、好走も十分に期待できる。あとはいかにドバイの環境に馴染んで、当日能力を発揮できるかにかかっている。是非共、現地での追い切りと当日の気配にも注目して検討をしていただきたい。


大阪杯2018の競馬予想分析…スワーヴリチャードが克服すべき3つの不安要素

(C)Ko-Mei

悲願の戴冠なるか――。

2018年4月1日、阪神競馬場で大阪杯(GⅠ/芝2000m)が行われる。復活を期するサトノダイヤモンド、皐月賞以来の勝利が欲しいアルアイン、マイルチャンピオンシップに続いて勝利を目指すペルシアンナイトなどが参戦を予定している。その中で大きな期待を背負わされるのがスワーヴリチャードだ。

前走の金鯱賞は鮮やかな差し切り勝ちを見せ、前哨戦を見事に飾った。しかもライバルは大阪杯が今年初戦であったり、前哨戦で負けていたりする。普通に考えればスワーヴリチャードにとってこれ以上ない状況で本番を迎えるのだが、スワーヴリチャードにはいくつかの不安要素がある。しかも以前から露呈しており、なかなか克服されないようなものがいくつかある。本当にここで勝負になるのか、今一度確認しておきたい。

例えばスワーヴリチャードは阪神コースで結果を残している。これだけを見れば克服できると思いがちだが、新馬戦の相手や未勝利戦で負かした馬たちのその後を見ると1勝止まりの馬や勝ち切れない馬が多い。段違いの差で弱点をカバーし切れたが、大阪杯はGⅠ、しかも今年は有力馬が非常に多い。コース実績はあくまでも参考とした上で、スワーヴリチャードが抱える不安要素にスポットを当てる。


不安要素① 右回りへの対応

スワーヴリチャードの実績を見ると、左回りでは共同通信杯、アルゼンチン共和国杯、金鯱賞と勝ち、ダービーは2着と申し分ない。しかし右回りになると頼りない結果が続く。有馬記念の時に言われていたことは手前をスムーズに替えられないという弱点だ。

有馬記念では加速する際に手前を替えられず、斜行につながったことも問題視されている。陣営はこれまでにその克服に向けてあの手この手の策を講じた。有馬記念ではそのことが報じられ、右回りでも対応ができると期待が集まったが結局その癖は改善されていなかった。

もちろん考え方を変えて、皐月賞の時より克服できていたのではないかという見方もできる。キタサンブラックやシュヴァルグランを相手に健闘しただけで単に力負けとも見える。それでも手前をスムーズに替えられないのは明らかな弱点だ。少頭数ならカバーできるかもしれないが、フルゲートになる可能性もあるレースである。しかも金鯱賞を鮮やかに買ったことを加味すればマークされて当然であることも認識しないといけない。手前を替える練習は調教の中でも意識して行われているはずだが、果たしてそれがどう出るか。

不安要素② 内回り2000メートルへの対応

大阪杯の舞台は阪神競馬場の内回りで行われる。外回りコースは馬の実力が問われ、多少外を回しても挽回できるようなコースだ。ところが内回りコースは直線の距離が短くなる。実に120メートル程度短く350メートルほどだ。中山競馬場の直線は310メートルなので40メートルぐらい伸びただけである。

スワーヴリチャードにとって中山競馬場が苦手なのはもはや明らかだが、阪神競馬場でも同じようなものではないか。左回りで鮮やかに勝ち切る馬が右回りではその鮮やかさがない。阪神競馬場の外回りコースなら話も変わってくる。直線が長い分、ペースは落ち着き、直線勝負でレースは進むからだ。内回りは違う。なんとか逃げ込もう、うまく回ってこようという意識を持つ騎手は増え、直線勝負の意識は低い。2017年のダービーも直線勝負になったから2着になれた。そのあたりが不安要素である。

不安要素③ 位置取りの不安

阪神競馬場の内回りコースでは位置取りが重要だ。だいたい先頭から5番手あたりで競馬をしておきたい。後ろ過ぎては差し届かない。いくら末脚に自信がある馬でもGⅠでしかも直線が短い中で差し切ることは簡単なことではない。だからこそ、前目につけてレースをしたい。金鯱賞ではそれができたスワーヴリチャードは本番でそれができれば最高だが、時折スタートで後手を踏む。

有馬記念がその典型だった。スタートで後手を踏み後方でレースをしたが、キタサンブラックのペースはまさに楽をして花道を歩ませてあげようというような逃げ。これではどうしようもない。直線が長いとそこまで極端な位置でなければまだ何とかなるが、直線が短いコースでは前でレースをすることが絶対に大事だ。スタートがうまくいくかどうかは分からないが、出遅れを喫する可能性も考えないといけない。

まとめ

同じ週にドバイ国際競走があることを考慮すれば、シュヴァルグランなどGⅠ馬が多く参戦し、想像以上に豪華メンバーが揃った。こうしたレースで重要なことは1つのミスをしたら勝てないことである。キタサンブラックのように抜けた馬がいれば別だが、今回のように実力伯仲の状況では1つのミスが命取りだ。スワーヴリチャードがこの中でも十分勝負になる馬であることは間違いなく揺るぎない。

それは事実であるが、右回りでの不安はなかなか払拭できない。金鯱賞での勝利があまりにも鮮やかすぎて、それがさらに不安をかき立てる。手前をスムーズに替えられるかが重要だが、そこまでを見通すことは難しい。調教している側もそれは同じであろう。コメントでは、克服できると強気に出るだろうが、そのコメントを鵜呑みにせず、ミスをしても勝てる力量を持つかどうかで考えるのがいいだろう。GⅠのタイトルはそう簡単につかめるものではない。弱点を克服してこそつかめるものなのだ。


ドバイワールドカップ2018の競馬予想分析…現役最強外国馬牝馬への4つの期待

(C)TG4

2018年3月31日、ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップ(GI/ダート2000m)が行われる。ウエストコースト、タリスマニック、ムブタヒージ、サンダースノー、アウォーディー、フォーエバーアンブライドルドらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

アメリカの6歳牝馬フォーエバーアンブライドルドは、パーソナルエンスンS、ブリーダーズCディスタフとダートGⅠを連勝中。今回も勝てば牝馬として史上初のドバイワールドC制覇となるが、その可能性は十分にありそうだ。その期待値に迫っていく。


期待① アメリカの現役No.1牝馬

父がアンブライルズソング、母がレモンズフォーエバー、全姉がアンブライドルドフォーエバー……。フォーエバーアンブライドルドという馬名は、何とも安易に付けられたような印象を受けるが、その実力は本物だ。

3歳時のケンタッキーオークスは11着と歯が立たなかったが、徐々に力を付けて同年11月に重賞ウイナーの仲間入りを果たすと、4歳となって4月のアップルブラッサムH(ダート1700m)でGⅠ初制覇。ベルデームS(ダート1800m)でGⅠタイトルをもう1つで重ねて臨んだ同年のブリーダーズCディスタフ(ダート1800m)では、ビホルダー(GⅠ11勝)、ソングバード(GⅠ9勝)という歴史的名牝2頭に次ぐ3着に入った。

5歳シーズンの昨年はさらにパワーアップし、8月のパーソナルエンスンS(ダート1800m)では、GⅠ10勝目を狙った前述のソングバードを最後方から差し切って優勝。前年の雪辱を期して臨んだブリーダーズCディスタフでは、前走と一転して直線入り口で先頭に立つ積極的なレースぶりを見せると、同年のケンタッキーオークスからGⅠ3連勝中だったエイブルタスマンの追撃を寄せ付けず、GⅠ4勝目を飾った。

アメリカの年度代表馬を決めるエクリプス賞の最優秀ダート古牝馬に輝き、その実力はアメリカの現役牝馬でNo.1。アメリカでNo.1ということはすなわち、ダートの世界No.1牝馬と言えるだろう。

国際レーティングは119ポンド。セックスアローワンスで牝馬は4ポンド加算されるため123ポンドとなり、出走馬の中で124ポンドのウエストコーストに次ぐ高い数値を与えられている。牡馬との対戦は初めてになるが、今までに戦ってきた相手を考えれば、牡馬相手に格負けすることはなさそうだ。

期待② 好調を維持

今回は、ブリーダーズCディスタフ以来4か月ぶりになるが、もともと鉄砲が利くタイプ。左前肢球節の骨片除去手術を経て7か月ぶりだった昨年6月のフルールドリスH(米GⅡ、ダート1800m)も何なく快勝したように、休み明けはマイナスにならない。

3月15日にアメリカ・フェアグラウンズ競馬場のダートコースで4F59.6秒の一番時計をマークしたように、依然好調を維持しているとみていい。

期待③ ミスタープロスペクターのクロス

ドバイワールドCはミスタープロスペクター系が圧倒的に強い。昨年の1着アロゲート、2着ガンランナーはともにミスタープロスペクター系で、2015年2着、2016年1着のカリフォルニアクロームも母の父がミスタープロスペクター系。ダートでの施行に戻った2015年から、連対馬6頭は全て父が母の父がミスタープロスペクター系なのだ。

さらに、過去3年の優勝馬はいずれもミスタープロスペクターのクロスを持っていた(2015年プリンスビショップは4×4、2016年カリフォルニアクロームは4×3、2017年アロゲートは4×4)。今年、同じようにミスタープロスペクターのクロスを持っているのがフォーエバーアンブライドルド。しかも、父がアンブライドルズソングで4×4のクロスという点は、アロゲートと全く同じだ。

母レモンズフォーエバーはケンタッキーオークスの優勝馬で、全姉アンブライドルドフォーエバーもGⅠ馬。世界中の強豪が集まった今回のメンバーに入っても、底力は全く引けを取らない。

期待④ 鞍上は世界的名手

騎乗するマイク・スミス騎手は、通算5000勝以上を挙げ、既にアメリカ競馬の殿堂入りを果たしている世界的な名手。ゼニヤッタ、アゼリ、スカイビューティー、ホーリーブル、スキップアウェイ、オーサムアゲインなど幾多の名馬に騎乗し、数多くのビッグレースを制している。ドバイワールドCも昨年、アロゲートで制覇。アンブライドルズソングの主戦も務めた。

加えて、今回最有力視されているウエストコーストのGⅠ2勝時でともに手綱を取っていた。最大のライバルを熟知している点は、何とも頼もしい。昨年のブリーダーズCクラシックでアロゲートに騎乗するためにウエストコーストの鞍上をカステリャーノ騎手に譲ったが、今回はフォーエバーアンブライドルドを自ら選択して臨む。

まとめ

今年のドバイワールドCは、戦績でも下馬評でもウエストコーストが頭ひとつ抜けた存在と言える。そんな中、ペガサスワールドCでウエストコーストに逆転不可能とも思える決定的な差をつけられたガンナヴェラ、ダート初挑戦となるタリスマニック、アメリカの一線級との対戦歴がないノースアメリカといった他の人気馬より、フォーエバーアンブライドルドは大きな可能性を秘めている。


ドバイシーマクラシック2018の競馬予想分析…レイデオロの勝算は?

(C)Yushi Machida

海外GⅠ制覇なるか――。

2018年3月31日、メイダン競馬場でドバイシーマクラシック(GⅠ/芝2400m)が行われる。過去に様々な日本馬が挑戦しており、GⅡ時代にはステイゴールドが、2014年にはジェンティルドンナが勝利しており他にも様々な馬達が好走しており日本においても馴染み深いレースとなっている。今年は日本馬が3頭出走する予定であり、しかも3頭ともGⅠホースとなれば強力な海外馬がいても期待が高まることだろう。

今回注目するのは昨年のダービー馬レイデオロだ。ジャパンCではキタサンブラックに先着する2着となるなどその実力は疑いようもない。前走の京都記念では敗れてしまったものの休み明け、突然の乗り替わりなどを考えれば悲観する内容ではないだろう。今回は叩いた上積み、ルメール騎手に戻るなどプラス材料も多く、海外GⅠ勝利の期待が高まる。

ダービー馬レイデオロは世界を制することが出来るのか? 過去8年のデータからその可能性に迫っていこう。


データ① 性別

過去8年のデータを見ると牝馬の好走率が非常に高い。性別別の成績を見ていこう。

性別着別度数勝率連対率複勝率
牡・セン馬5- 5- 7- 60/776.5%13.0%22.1%
牝馬3- 3- 1- 7/1421.4%42.9%50.0%

集計期間:2010年~2017年

牝馬の成績がずば抜けて高いことがわかるだろう。反対に牡馬のほうは牝馬との力量の差を考えると物足りないと言える。混合、遠征という条件を考えると牝馬を出走させて来る陣営は勝ち負けする自信がある馬を送り込んでくるということなのだろう。そう考えれば納得できる結果であり牝馬を無視することは出来ない。

データ② 4角位置取り

メイダン競馬場に開催が変更になってからは4コーナーの位置取りが非常に重要となった。4角の位置取り別の成績を見ていこう。

4角位置取り着別度数勝率連対率複勝率
先頭2- 0- 1- 5/825.0%25.0%37.5%
2~5番手5- 6- 3- 18/3215.6%34.4%43.8%
6~9番手1- 2- 4- 23/303.3%10.0%23.3%
10番手以下0- 0- 0- 20/200.0%0.0%0.0%

集計期間:2010年~2017年

4角先頭の勝率が一番良い。ただし逃げ馬の全て着外であり、これは全て早め先頭に立った馬の成績である。逃げ、追込などの極端な脚質は切って問題ない。勝つための条件は好位でレースが出来る馬、もしくは早めに動いていける馬である。レイデオロ&ルメール騎手のコンビにはピッタリのデータだ。

データ③ 系統

過去8年の勝ち馬の父を見るとシングスピール、タイガーヒル、モンジュー、アザムールなどのノーザンダンサー系が4勝をあげており、連対率、複勝率を見てもノーザンダンサー系がトップとなっている。次いで良いのは、ディープインパクト、ハーツクライ、スペシャルウィークなどのサンデーサイレンス系であり、その次はドバウィ、キングカメハメハなどのミスタープロスペクター系の好走率が高い。キングカメハメハを父に持つレイデオロにもチャンスはあると言えるだろう。更に言えばキングカメハメハにもノーザンダンサーの血が流れている。

まとめ

いかがだっただろうか? 今回が初の海外遠征、長距離輸送と不安な面は確かにあるが、血統のバックボーン、位置取りなど勝つための材料は揃っている。気になるのは牝馬の好走率の高さだろうか?案外ライバルは近くに居るのかもしれない。

いずれにせよ充分期待は出来るのは間違いないだろう。レイデオロの海外GⅠ制覇、日本馬3頭による上位独占も夢ではないのかも知れない。遠く離れたドバイの地から嬉しい知らせが届くのを楽しみに待とう。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る