カテゴリー:予想・考察・回顧

函館記念(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望

(C)masakin0712

函館記念(GIII/芝2000m)が函館競馬場で7月19日に行われる。

中心となるのが重賞2勝のエアソミュールだ。近走の安定感は抜群で、馬券の軸にするならこの馬だろう。しかし昨年の覇者ラブイズブーシェも参戦。昨年のこのレースを勝って以来、不振が続いているが、洋芝適性の高さで復活を誓う。前走の新潟大賞典では惨敗したものの、重賞2度の2着の実績をもつデウスウルトも巻き返しを狙う。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。

人気予想

1番人気 エアソミュール
2番人気 マイネルミラノ
3番人気 レッドレイヴン
4番人気 デウスウルト
5番人気 ダービーフィズ

中穴人気……ラブイズブーシェ、ハギノハイブリッド、アーデントなど

※独自のアルゴリズムを元に算出しています

【次のページヘ】中心となる有力馬は?函館記念の勢力図を予想!

ページ:

1

2

七夕賞(2015年)血統と過去の傾向から導く注目馬って?

(C)T.T

今週は福島の夏の風物詩となっている第51回七夕賞が行われます。毎年荒れるこのレース、そしてレース名からか枠連7-7がよく売れるレースとして知られていますね(笑)。今年も登録馬を見て、「こら荒れるわ~」と声を出してしまったほどのメンバー構成となりました。

小回りの福島芝2000mらしく、パワーや持続力に優れた血統が過去に好走しています。過去の好走馬の血統を見ていると、七夕賞で好走する血統は2つに大別できるのかな、と思いました。

1つはロベルトやダンチヒやマルゼンスキー(ニジンスキー)などのアメリカのパワー血統です。小回りはパワーでゴリゴリとコーナーで加速していって押し切る競馬が出来る馬が強いです。メイショウナルトやタガノエルシコこれらはまさにそのタイプです。

もう1つはハイペリオン保有度が高い馬たちです。

ハイペリオンという馬はスタミナや持続力、底力に成長力もあり、何かこう、能力の土台になっているというイメージです。

今年のメンバーを見渡すと後者の馬が好走しそうだなと思いました。

過去このハイペリオン保有度が高く好走した代表的な馬を2頭紹介します。

まずは2013年の勝ち馬で、昨年もトップハンデで1番強い競馬をしていたマイネルラクリマ。父もダンチヒ系のチーフベアハートですからそれだけで推せるのですが、母ディアドロップスの影響が大きかったようです。

父はサンデーサイレンスなのですが、母母パイナップルスターという馬がハイペリオンだらけです。その父ニホンピロウイナーはスティールハート(母父ハイペリオン)産駒で母父も先述したチャイナロック(3代父ハイペリオン)。パイナップルスターの母父はノーザンテーストで、これもハイペリオン4×3で、パイナップルスターの母母サニースワップスもチャイナロックと同じハイペリオン×サンインローの組み合わせで、もうハイペリオンがたっぷり。

古馬になって本格化して小回りの七夕賞と新潟で行われたオールカマーを先行して押し切るのは当然といった血統でした。

そしてもう1頭は2012年3着のミキノバンジョー。ハナを切ればしぶとい個性派でしたが、これまたハイペリオン満点の血統。タガノエルシコと同じく父グラスワンダーというだけで狙えますが、注目したいのは母ニホンピロオリーブです。

父リヴリアはナリタタイシンの父として有名ですが、その母はキングジョージなどを制した名牝ダリア。ダリアは凱旋門賞馬でハイペリオン3×4のヴェイグリーノーブル産駒で合わせるとハイペリオン4×5×4となります。母母ニホンピロビッキーの父トウショウボーイはハイペリオン3×4で、母カデンザⅡはまたハイペリオン×サンインローの組み合わせの馬でした。

前置きが長くなりましたが、ここから七夕賞で血統的に面白そうな馬を3頭に絞って紹介していきます。

【次のページヘ】七夕賞で注目する3頭とは?

ページ:

1

2

プロキオンステークス(2015年)血統予想考察!リピーターレースと捉えていいのか?

(C)arima0208

プロキオンステークスといえば4年連続出走するアドマイヤロイヤルの取捨がポイントの1つとなる。

2012年から2着・1着・14着という結果を残しており、中京ダート1400mでは無視できない存在ではある。去年14着ではあるが、前走アハルテケステークス(東京ダート1600m)では差のない3着と復調気配を見せている。

そして去年の1・2着馬も出走予定なので、リピーターレースと捉えていいのかをこのレースの血統傾向とともにみていきたい。

プロキオンステークスの血統傾向

2014年 稍重
1着 ベストウォーリア
父 Majestic Warrior(シアトルスルー系)
母父 Mr.Greeley(ミスタープロスペクター系)

2着 キョウワダッフィー
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 ブライアンズタイム(ロベルト系)

3着 ガンジス
父 ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)
母父 Silver Deputy(ヴァイスリージェント系)

2013年 良
1着 アドマイヤロイヤル
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)

2着 セイクリムズン
父 エイシンサンディ(サンデーサイレンス系)
母父 サウスアトランテイツク(ミルリーフ系)

3着 ダノンカモン
父 シンボリクリスエス(ロベルト系)
母父 Ogygian(ダマスカス系)

2012年 良
1着 トシキャンディ
父 バブルガムフェロー(サンデーサイレンス系)
母父 Machiavellian(ミスタープロスペクター系)

2着 アドマイヤロイヤル
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母父 サンデーサイレンス(サンデーサイレンス系)

3着 ファリダット
父 Kingmambo(ミスタープロスペクター系)
母父 Sunday Silence(サンデーサイレンス系)

種牡馬の傾向としては、父ミスタープロスペクター系が4頭・父サンデーサイレンス系が3頭・サンデーサイレンス系と同じロイヤルチャージャーを含んでいる父ロベルト系が1頭なので、ミスタープロスペクター系とロイヤルチャージャーを含んだ系統(ロベルト・サンデーサイレンス)の2系統に注目である。

配合としては、父ミスタープロスペクター系の4頭ともにミスタープロスペクター系×ロイヤルチャージャーを含んだ系統(ロベルト・サンデーサイレンス)なので、この配合を重要視していく。

今年のプロキオンステークスの注目馬

★父ミスタープロスペクター系×母父ロイヤルチャージャーを含んだ系統

アドマイヤロイヤル(ミスプロ×サンデー)
キョウワダッフィー(ミスプロ×ロベルト)

結論としてはこのレースをリピーターレースとして捉え、過去の傾向からプロキオンステークス常連のアドマイヤロイヤルと去年2着のキョウワダッフィーの2頭を注目馬として挙げる。

【関連記事】
プロキオンステークス(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
レコンダイトの血統や今後は?目黒記念2着馬を徹底分析
ノンコノユメの血統や将来性は?ジャパンダートダービー1着馬を徹底分析
JRAはセカオワやAKB48とコラボして競馬場でライブをやってもらった方がいい
ウザい自称競馬オタクを黙らせる4つの方法!“知識ひけらかし男”をやっつけろ


ダンスディレクターやサドンストームの血統や将来性は?CBC賞2、3着馬を徹底分析

(C)T.T

7月5日に中京競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞(GⅢ/芝1200m)は、2番人気で初の1200m戦に挑んだウリウリが内から突き抜けて1着となった。

2、3着には後方から追い込んだダンスディレクターと、サドンストームが入った。

ダンスディレクターやサドンストームの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。なお、ウリウリの血統評価は以下を参照あれ。

●詳細→ウリウリの血統や将来性は?CBC賞1着馬を徹底分析

ダンスディレクターの血統評価は?

ダンスディレクターは父アルデバランⅡ、母マザーリーフ、その父サンデーサイレンスという血統。アルデバランⅡは現役時代、メトロポリタンS(ダート1600m)などGⅠ3勝含む米国ダート重賞を5勝したミスタープロスペクター系の種牡馬だ。芝重賞での2着経験に加え、フォアゴーH(ダート1400m)ではレコード勝ちを収めるなどスピードのある馬だった。

母系は名馬を数多く輩出していて、2代母スカラシップの全兄が93年のダービー馬ウイニングチケット。半兄ロイヤルタッチもラジオたんぱ杯3歳S(GⅢ)、きさらぎ賞(GⅢ)勝ち馬で、皐月賞、菊花賞2着がある名脇役だった。

さらに遡れば5代母スターロツチは60年のオークス、有馬記念を制した名牝。そこから枝分かれしていったファミリーにはマチカネタンホイザ(目黒記念など重賞4勝)、サクラユタカオー(天皇賞・秋など重賞3勝)、ハードバージ(皐月賞勝ち、ダービー2着)など。他にも重賞で活躍した近親馬がたくさんいる優秀な母系といえる。

持ち味の瞬発力と、直線スピードで追い込んでくるだけに割引材料と思われた道悪で好走できたのは成長の証しか。しかし、本質的には良馬場のスピード比べが得意なタイプ。トニービンの血を持ち、長く脚を使えるので直線の長いコースは合っている。

【次のページヘ】サドンストームの血統評価は?

ページ:

1

2

(C)Y.Noda

7月5日に中京競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞(GⅢ/芝1200m)は、2番人気で初の1200m戦に挑んだウリウリが、内から突き抜け1着。雨の影響で重くなった芝をもろともせず、ディープインパクト産駒として初のスプリント重賞勝ちをつかみとった。

ウリウリの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

ウリウリは父ディープインパクト、母ウィキウィキ、その父フレンチデピュティという血統。ディープインパクト産駒によるスプリント(1200m)重賞制覇は初めてで、これまでの最高着順は13年函館スプリントSのシュプリームギフト及び14年キーンランドCのレッドオーヴァルの2着だった。

ディープインパクト×母父フレンチデピュティという配合からは、昨年の秋華賞馬で先日の宝塚記念3着ショウナンパンドラ、13年弥生賞勝ち馬カミノタサハラなど活躍馬が出ている。また、今年のダービーに出走したポルトドートウィユなど、フレンチデピュティの仔クロフネとの配合も相性は良い。

ディープインパクト産駒は小柄に出てしまうことが多いという意味ではウリウリの母ウィキウィキが500キロを超える馬格のある牝馬だったことも良い材料だったといえる。

母母リアルナンバーは亜GⅠヒルベルトレレナ賞(ダート1600m)を制しており、その母ヌメラリアは亜1000ギニー(ダート1600m)勝ち馬。その他、近親にはアルゼンチンの重賞を制している馬が何頭もいて、アルゼンチンにおける名牝系の一つに数えられる。

ウリウリはそういったスピードあふれる母系に、フレンチデピュティという米国的な馬力血統も加えられた。そして母母リアルナンバーがリボーのクロスを持つなど欧州的な重厚さも兼ね備えている。ゆえに日本タイレコードが出た安土城Sのような高速決着にも、今回のようなタフな馬場にも対応できるのではないだろうか。

ロスのない競馬をした鞍上のファインプレーもあったが、距離不足が不安視されていたなかで前半からハイラップを刻んだレースでしっかり差しこんできたことは評価できる。同厩舎の先輩スプリンター・ストレイトガールを超えることができるか、期待したい。

【関連記事】
ノンコノユメの血統や将来性は?ジャパンダートダービー1着馬を徹底分析
ミュゼゴーストの血統や将来性は?ラジオNIKKEI賞2着馬を徹底分析
マルターズアポジーの血統や将来性は?ラジオNIKKEI賞3着馬を徹底分析
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
拝啓「競馬はギャンブルだから嫌い」と言って宝くじを買うあなたへ


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る