カテゴリー:予想・考察・回顧

【アルゼンチン共和国杯2015】傾向と対策!予想の参考になるデータを公開

(C)sleep

今週は東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(GII/芝2500m)が開催される。

今年はゴールドアクターやサトノノブレス、レコンダイトといったメンバーが出走を予定している。

では、どんな点がポイントとなるのだろうか? データを用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※同場開催のみが対象)

人気

1番人気(2- 1- 1- 6/ 10)
2番人気(3- 3- 1- 3/ 10)
3番人気(3- 1- 2- 4/ 10)
4番人気(0- 3- 0- 7/ 10)
5番人気(0- 0- 0- 10/ 10)
6~10人(1- 1- 6- 42/ 50)
11~人気(1- 1- 0- 69/ 71)

極端に人気薄は微妙。連対は人気サイドが入り、3着に人気薄が突っ込んでくるイメージ。

年齢

3歳(0- 0- 1- 4/ 5)
4歳(6- 4- 4- 28/ 42)
5歳(2- 4- 3- 36/ 45)
6歳(2- 2- 1- 37/ 42)
7歳以上(0- 0- 1- 36/ 37)

4歳馬の成績が◎。反対に3歳馬、7歳以上は微妙。

【次のページヘ】枠順や脚質の好走傾向は?

ページ:

1

2

ブラックスピネルの血統や将来性は?グランプリホースやダービー馬との共通点


10月31日に京都競馬場で行われた萩ステークス(OP/芝外回り1800m)でタニノギムレット産駒のブラックスピネル(牡2)が人気のスマートオーディンらをおさえて優勝した。

5頭立てで行われたレースだったが、極端にペースが緩むことはなく、淡々と流れた。道中、2番手につけたブラックスピネルは直線で前を行くノーブルマーズを捉えると、スマートオーディンらを抜かせることなくフィニッシュ。OP勝ちを果たした。

ブラックスピネルの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ブラックスピネルは父タニノギムレット、母モルガナイト、その父アグネスデジタルという血統。

モルガナイトは中央で4勝を挙げ、半弟のラブラドライトは今も現役で活躍している(こちらも4勝馬)。さらに母系をたどるとクリソライトやアロンダイト、リアファルといった活躍馬の名前もある。母系の血統レベルはまずまず高いわけだ。

父のタニノギムレットはウオッカという大物を輩出したものの、牡馬の産駒はGI未勝利と、苦しい立場に立たされている。最近ではハギノハイブリッドやメドウラークといった楽しみな馬たちが出てきているが、GI云々というレベルには達していない。

そんな中で現れたブラックスピネルには大きな期待がかかるところだ。

というのも、今までのキャリア3戦でなかなかのパフォーマンスを示し、その将来が期待されるからだ。

【次のページヘ】キャリアが示す歴代GI馬との共通点とは?

ページ:

1

2 3

アルビアーノの血統や将来性は?スワンS1着馬を徹底分析

(C)T.T

10月31日に京都競馬場で行われたスワンステークス(GII/芝外回り1400m)でハーランズホリデイ産駒のアルビアーノ(牝3)が古馬を一蹴した。

2番人気に指示されると、スタートから中団で競馬を進める。直線では先行馬たちが潰れる中で末脚を伸ばし、追いすがるフィエロやオメガヴェンデッタを退けて1着入線。フラワーカップに続き、重賞2勝目を挙げた。

アルビアーノの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

アルビアーノは父ハーランズホリデイ、母アンティクス、その父アンブライドルドという血統。

ハーランズホリデーは日本でもすっかり馴染み深いストームキャット系。母方は北米三冠馬アファームドが配されている。2002年のフロリダダービーなどGI2勝を挙げ、ドバイワールドカップで2着になった実績を持っている。

母のアンティクスは未出走ながら兄弟にArch、Acoma、Festival of LightといったGI、重賞ウィナーがいる良血馬。近親に阪神3歳牝馬ステークスの勝ち馬ヤマニンパラダイスやダートのオープン馬キズマらがいて、血統レベルは高いレベルにある。

ハーランズホリデイは主に中距離のダートで活躍した。ストームキャットの系統は日本だとダートや短距離で力を発揮する傾向にあるため、前走のマイル戦からの距離短縮がハマったと考えられる。

今後もこの路線で力を発揮していくことだろう。

【次のページヘ】アルビアーノが行くべき路線とは?

ページ:

1

2

デンコウアンジュの血統や将来性は?アルテミスS1着馬を徹底分析

(C)Ko-mei

10月31日に東京競馬場で行われたアルテミスステークス(GIII/芝1600m)でメイショウサムソン産駒のデンコウアンジュ(牝2)が重賞初制覇を果たした。

前走からマイナス18キロという大幅な馬体減が心配されたが、道中後方から競馬を進めると直線で鋭い末脚を伸ばして他馬を一閃。上がり3ハロン33秒3を記録し、ゴール板を1着で駆け抜けた。

デンコウアンジュの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

デンコウアンジュは父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、その父マリエンバードという血統。

2冠馬メイショウサムソンにとって嬉しい産駒の重賞初制覇となった。

2歳の牝馬重賞ウィナーは極めて珍しい血統をしている。まず、メイショウサムソン自体が父オペラハウス×母父ダンシングブレーヴというノーザンダンサーの血が濃い配合だった。加えてデンコウアンジュの場合、母父がニジンスキー系のマリエンバード。またしてもノーザンダンサーの血が色濃く入っている。

ノーザンダンサーの4+5×5という配合で、3代以内に流れる4つの血筋のうち、3つがノーザンダンサーという血統構成になっている。ちなみにダンシングブレーヴとマリエンバードは凱旋門賞馬、オペラハウスは凱旋門賞2着。

サンデーサイレンス系全盛期の時代に、これだけ凱旋門賞血統で固められている馬も珍しい。日本馬というより欧州にいそうな血統である。

そんな血統の馬がマイルの重賞を勝てた要因は何だったのだろうか?

【次のページヘ】デンコウアンジュが重賞を勝てた理由とは?

ページ:

1

2 3

ラブリーデイの血統や勝因は?天皇賞秋1着馬を徹底分析

(C) Yusuke Tsutaya

11月1日に東京競馬場で行われた天皇賞秋(芝2000m)でキングカメハメハ産駒のラブリーデイ(牡5)が秋古馬3冠の1冠目を手にした。

1番人気に支持されたラブリーデイはスタートから好位につけると、抜群の手応えで直線へ。ライバルたちを引き寄せて満を持して追い出すと、直線半ばでセーフティーリードをつけて他を圧倒。着差以上の力をつけてGI2勝目を挙げた。

ラブリーデイの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ラブリーデイは父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、その父ダンスインザダークという血統。

血統の詳細に関しては鳴尾記念の際に書いた記事から抜粋する。

ラブリーデイの母系を遡ると、5代母ペルースポートから多くの活躍馬が輩出されていて、ある特徴を見出すことができる。それは小回り(内回り)中距離重賞への適性の高さだ。

以下は一族の内回り中距離重賞好走例 ※1人気以下の着順は除外 ※2中京は改修前、朝日チャレンジCは当時内回り2000m

インティライミ 06年中日新聞杯2着、07年金鯱賞3着、07年朝日チャレンジC1着、08年宝塚記念11人気3着
スマートギア 10年金鯱賞3着、12年小倉大賞典10人気2着
ワンモアチャッター 05年小倉記念2着、05年朝日チャレンジC1着、08年中京記念14人気4着
アロマティコ 12年秋華賞3着、14年クイーンS2着
サンバレンティン 06年福島記念1着、07年七夕賞1着
フォルテベリーニ 06年福島記念2着、07年中京記念3着
オーバーザウォール 98年福島記念1着
スピークリーズン 89年函館記念1着

ご覧の通り、直線の短い小回り、内回りコースの重賞に非常に高い適性を持つ母系なのだ。

上記したようにラブリーデイの母系は本質的に小回り向きと言える。

そんな中、直線が長い天皇賞秋を圧勝したということは、個体としての能力が他を圧倒していたと考える以外にない。

今年は3000m以上のレースを除くと6戦6勝。完全に本格化し、中距離路線のエースに成長を遂げたといっていいはずだ。

【次のページヘ】ラブリーデイの勝因と強みとは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る