1番人気の好走率を知った上で判断する

では、具体的に1番人気の好走率ってどれくらいなのでしょうか?

2015年8月第1週終了時点での1番人気の成績を集計すると……

(571−393−247−777)
勝率29%
連対率49%
複勝率61%

こんな感じになっています。

1番人気といっても1.2倍もいれば5倍もいます。ただデータとしてならして考えると、1番人気の勝率は約3割、連対率は約5割、複勝率は約6割。これは10年さかのぼってもほぼ変わっていません。

この数字だけ見ると「ほぼ好走するんだから毎回買った方がいいんじゃ?」と思うかもしれません。ただし、回収率はそれほど高くないんです。上記したデータの回収率を見てみると……

単勝回収値72
複勝回収値81

ご覧のとおり、ベタ買いすると回収率は70〜80%程度に落ち着きます。お世辞にも高い数字とはいえませんよね?

じゃあ1番人気を嫌う要素を教えてよ!

ようやく本題です。具体的にどういった1番人気馬を嫌えばいいのか。

色々あって挙げていくとキリがないのですが、今回は単純なポイントを挙げてみましょう。

・1番人気の追い込み馬を本命にしてはいけない
・小回り内枠の1番人気差し追い込み馬を本命にしてはいけない

これだけです。(ただし少頭数のレースを除く)

1番人気になるような追い込み馬ってそもそも過剰人気になりやすいのです。

前走の勝ち方がハデだったり、「負けて強し」などど言われ届かない所から突っ込んできて3着、とか。次走人気になるのですね。「今度こそ」などどあおられて。

でも、よく考えてみて下さい。

「バカやろー◯◯(←騎手名)なんでそんな後ろにいるんだ!」ってこと、頻繁にあるんじゃありませんか? 一回もこんなことを考えたことがないとは言わせませんよ(笑)

【次のページヘ】本命にしてはいけない理由って?

おすすめの記事