カテゴリー:コラム

武豊騎手とメイショウ松本好雄オーナーの絆とは?データが示す奇妙奇天烈な復調の根拠

(C)smile

8月第3週終了時点で2015年のリーディング争いで6位につける武豊騎手。一時期の不振を脱し、再びトップジョッキーとして活躍するに至っている。

そんな天才を支えたのが“メイショウ”の松本好雄オーナーであることは競馬ファンなら誰もが知るところだろう。以前、社台グループとの関係性について取り上げたが、今回は武豊騎手とメイショウの“絆”を、データ的な観点から検証してみよう。

※関連記事→武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?

松本オーナーとは?

まずは松本好雄という人物を簡単に紐解いていこう。松本オーナーは1974年に日本中央競馬会に馬主登録して以降、競馬界に欠かすことができない個人馬主界の重鎮だ。

多くの個人オーナーが社台グループなどの大牧場から良血馬を大枚をはたいて購入する一方、松本オーナーはほとんどの所有馬を中小牧場から購入している。毎年50頭程度を購入するが、中には決して良血とはいえない安価な馬も含まれている。大レースを勝つことだけに主眼を置かず、中小牧場との“つながり”を大事にすることで、競馬界や生産界(特に日高)を縁の下から支えているのだ。

今では日本馬主協会連合会の名誉会長となり、競馬界で知らない人はいないほど影響力を持っている。

そんな松本オーナーは武豊騎手の父・武邦彦氏と親しく、幸四郎騎手も含めて家族ぐるみの付き合いをしているという。もともと“つながり”や“絆”を大切にする人柄だけに、昔から知っている武兄弟への思いは人一倍強いのだろう。だからこそ、2人の不遇の時期に手を差し伸べたのだ。

【次のページヘ】データで見る武豊騎手と松本オーナーの関係性って?

ページ:

1

2 3

吉田豊騎手の人気馬を侮るな!フリー転身が刺激に?驚異の好走率に着目せよ

(C)minafl

一時期は“東のユタカ”と呼ばれ関東随一のジョッキーと評されていた吉田豊騎手。

近年は外国人騎手や若手の台頭があってすっかり影の薄い存在になってしまった。2014年の全国リーディングでは29位。重賞制覇は昨年の青葉賞(ショウナンラグーン)まで遡らなければならない。

しかし、今年は息を吹き返しつつある。特に人気馬に乗った時、驚異的な好走率を記録しているのだ。

吉田豊騎手の変化

2015年に入って吉田豊騎手は一つの転機を迎えた。武豊騎手や福永祐一騎手らを筆頭に、一流騎手はフリーとして制約なく騎乗依頼を受けるのが一般的だ。

一方、吉田豊騎手は長年、厩舎所属を貫いてきた。騎手が厩舎に所属するメリットといえば……

・毎月一定額の給与が出る
・厩舎の管理馬に定期的に乗れる
・所属厩舎の人間と親しくなれる

などが挙げられる。もっとも、このメリットを最大限に生かせるのは若手騎手がほとんどだ。実績がない若手騎手は厩舎に所属することで経験を積むことができる。

一方、ある程度実績があるベテランになると、「自厩舎の馬以外に乗りにくくなる」というデメリットがある(自厩舎の馬に優先的に乗らなければいけないため)。吉田豊騎手ほどの実績があればいつでもフリーになれたが、彼は厩舎所属を貫いていた。結果、安定して騎乗できたが、騎乗馬に恵まれないという側面も否めなかった。

そんな吉田豊騎手がついにフリーに転身したのが今年3月から。(といっても大久保洋吉調教師の勇退に伴ったもので、自分からフリーになったわけではないが)

以降、特に人気馬に騎乗したときに確実に結果を残すようになっている。

【次のページヘ】人気馬騎乗時の驚異の好走率とは?

ページ:

1

2

アーセナルファンは競馬を見るべし!?グーナーならこの馬を青田買いしとけ


プレミアリーグが開幕して「今年こそ優勝を!」と意気込んでいたガナーズファンの諸君、ごきげんよう。一つ声をかけるとしたら「シーズンは始まったばかりだ、落ち込むな」ということだ。

むしろ、よかったですな。もう今シーズン、これ以上ひどい負けをすることは(ほとんど)ないはずだ。これから登っていく一方! 最高じゃないか。我がウエストハムといえば、開幕戦がクライマックスになってしまった。なんてこった。これから落ちる一方だ。まったく、ニヤニヤが止まらないぜ。

さて、開幕戦から今後の1年を悲観しだした諸君に朗報だ。

何もアーセナルを楽しめるのはエミレーツスタジアムだけではない。というのも、実は競馬の世界にも“アーセナル”の名を持つ者がいる。彼らを応援し、注目していくことはガナーズファンとしての義務であるはずだ。

マン・ユナイテッドのファンが全員、ロックオブジブラルタルを応援しているように(僕調べ)、キミたちも“競馬界のガナーズ”を後押ししてくれ。

この馬を青田買いせよ!

今、一番の注目株といえばアークアーセナルだろう。

父はGI5勝のダイワメジャー、近親に名スプリンターのデイジュールがいる血統で、セレクトセールで2160万円で取引された期待馬だ。

有馬記念勝ちのマツリダゴッホや“3冠牝馬”アパパネらを管理した一流トレーナー国枝栄調教師が管理する。現在2歳でデビュー前のため、実力は未知数だが、ガナーズファンは“青田買い”が大好きなはず。今から目をつけておいて損はないのではないだろうか?

ちなみに現2歳世代にはリヴァプールのホームスタジアムから取った「アンフィールド」という馬もいる。もしかしたら2頭がともに走る日がやってくるかもしれない。

(なお、馬名にアーセナルが入っているものの、由来はアメリカの人気バンド『At The Drive In』の曲名なので、あしからず。「アーセナル関係ないじゃん!」と思ったそこにキミ、堅いこと言うなや)

【次のページヘ】他にもワンサカいる競馬界のガナーズたちって?

ページ:

1

2

馬券は買い方!あなたは「買ってはいけない1番人気」がいることを知っていますか?


こんにちは。不定期で登場しておりますIKUです。

馬券買い方をメインに第1回、第2回と書かせていただきました。今日は馬券を買う上で「1番人気とどう付き合うか」に関してお話していきます。当たり前と言えば当たり前ですが、結構忘れがちなことなので。

年間の馬券の回収率をあげる上でとても重要なことですので、ご参考になれば幸いです。

今回のテーマは「本命にしてはいけない1番人気」。馬券の回収率を本気で上げようとするなら、本命にしてはいけない1番人気がいる。このことに関してお話を進めていこうと思います。

 

馬券高配当の条件は?

はじめに書いておくと、1番人気を本命にすることを否定しているわけではありません。ただし、1番人気というのは以下のような特性を持っています。

・好走率は高い
・基本的に高額配当は期待できない。

1番人気は強い馬が多いので、馬券圏内に入ってくる可能性は高い。一方、「この馬は強い」と思っている人の他に「1番人気だからなんとなく買おうかな」という票が入ることが多く、高額配当が期待できない、という面があります。

一方、馬連や3連系の馬券で高額配当、万馬券が発生する条件は……

A:人気薄の好走
B:1番人気の凡走

この2つが考えられます。A+Bが同時に起これば超高配当になっていきます。また、被った1番人気であればあるほど1番人気の馬が凡走すると配当期待値が一気に上がります。

ここで気づいたことがありませんか?

そうです。1番人気を本命(=軸馬)にしてしまうと、最初から高配当の要素Bを放棄してしまうことになります。よほどうまく買わない限り、高額配当を期待できないんですね。

【次のページヘ】1番人気の好走率と本命にしてはいけない人気馬って?

ページ:

1

2 3

武豊とディープインパクト産駒を刮目せよ!回収率100%を超える4つの条件とは?

(C)masakin0712

武豊騎手といえばディープインパクトディープインパクトといえば武豊――。

日本競馬の歴史に燦然と輝く“無敗の3冠”を達成した名コンビといえばこの人馬だ。武豊騎手は今も第一線で活躍し、ディープインパクトは種牡馬となって多くの活躍馬を輩出している。

今なお支持を集め、「武豊騎手×ディープインパクト産駒」が出走すれば「それだけで買う」というファンも少なくない。ただ、せっかく馬券を買うなら勝ちたい。では、「武豊×ディープインパクト産駒」で勝つ方法はあるのだろうか? 実は、ある。今回はその条件について書いていきたい。

なお、この統計は初年度産駒以降の芝のレースを対象とし、期待値の低い「初出走馬」、「6歳以上の高齢馬」はデータから除外する。

条件① 牝馬

まず意外に思われるかもしれないが、牡馬より牝馬の方が成績がいい。

全体(33−30−23−114)
勝率17%
複勝率43%
単勝回収値84
複勝回収値95

牝馬(11−14−4−38)
勝率17%
複勝率43%
単勝回収値107
複勝回収値120

牡馬(22−17−19−76)
勝率16%
複勝率43%
単勝回収値72
複勝回収値82

ご覧のとおり、好走率はほとんど変わらないものの、回収率の面で差が出てきている。

【次のページヘ】武豊×ディープ産駒の狙い目その②③とは?

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る