(C)Y.Noda

武豊騎手は2015年7月19日終了時点で60勝を挙げて全国リーディング4位につけている。

全盛期に比べると「4位」という成績は物足りない響きかもしれない。ただし、ある側面から見ると現在の武豊騎手が全盛期並みの成績を残していることが分かる。

2010年の毎日杯で大けがを負い、一時は引退もささやかれるほど勝ち星に恵まれなかったところから確実に復調している。


強い馬を勝たせる武豊

武豊騎手といえば、「強い馬を勝たせる技術」に長けている。

よく「穴馬で馬券にならない=下手」という“暴論”があるが、強い馬と穴馬では求められる騎乗技術が異なる。武豊騎手の場合、デビューから強い馬に乗り続けてきたため、強い馬を勝たせる技術に長けている。

それは元ジョッキーの安藤勝己氏も認めるところだ。以前、番組で「能力のある馬に乗せたら抜群。強い馬に乗って勝つのは案外難しいんですけど、スタートや位置取りをミスしないし、3、4コーナーでいつの間にかちゃんと動ける位置にいて、スムーズに出してくる。強い馬を勝たせる技術は抜けている」と語っている。

よって、武豊騎手が復調したかどうかは「強い馬を勝たせているかどうか」で判断できる。

【次のページヘ】1番人気の武豊の成績はなんと……!?

回収率100%超へ!おすすめ

①競馬の基本原則が学べる教科書って?
②競馬で勝つための方程式とは?
▶▶▶超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

①読むと競馬力が上がるメルマガって?
②回収率100%超&信頼性の高い予想は?
▶▶▶超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事