カテゴリー:予想・考察

東京ジャンプステークス(2015)の勢力図を予想


東京ジャンプステークスが東京競馬場で6月27日に行われる。

中心となるのがエーシンホワイティだ。障害に転向してから9戦6勝2着3回と連帯率100%を誇る。現在3連勝中で、勢いそのままに障害重賞2勝目を狙う。これに対抗するのがオースミムーンだ。障害重賞4勝と、このメンバーでは明らかに実績上位だ。前走の障害OPを勝利し、初重賞制覇を目指すタマモプラネットの走りにも注目が集まる。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。


エーシンホワイティ(牡8)

障害に転向してからの活躍は目覚ましい。元々、平地においてもスプリント重賞のファルコンステークスを制したことがあるように、素晴らしいスピードの持ち主だ。飛越はお世辞にも上手とは言えないが、障害馬としては屈指のスピードを武器に、4連勝で障害重賞2勝目を飾れるか。

オースミムーン(牡6)

前走の中山大障害では馬体が減っていたせいもあってか5着に敗れたが、前々走の京都ジャンプステークスではスッとハナを奪うと、突き放して逃げ切る楽勝劇を演じた。このメンバーなら明らかに実績上位でだ。昨年1番人気に支持されながら7着に敗れたこのレースの雪辱を期す。

タマモプラネット(牡5)

前走の障害OPでは前半かなり飛ばしたにもかかわらず、終いも良い脚を使っていた。障害に転向してからまだ1年も経っておらず、キャリアは浅いが順調に力をつけてきた。阪神スプリングジャンプでは距離のせいかバテてしまったが、適距離と思われる今回の重賞の舞台で結果を残せるか。

ダノンゴールド(牡6)

ここ3走は敗れているものの全て上がり最速をマークしており、終いの脚は確かだ。今回は有力馬に先行馬が多く、序盤にある程度のポジションを確保できるかが鍵となりそう。3連勝以降は勝ち星に見放されているが、ここらで1発あってもおかしくなさそうだ。

他には、早くから障害に転向し、ここ最近グッと力をつけてきたウォンテッド(牡5)、中山グランドジャンプ2着のコスモソユーズ(牡7)辺りも圏内か。抽選対象だが、ソングオブウインドの半弟であるカウウェラも出られればおもしろい存在だ。

【関連記事】
宝塚記念(2015年)最終追い切り・調教診断!ゴールドシップらの状態を予想
トーホウジャッカルが宝塚記念で激走したら歴史的名馬になる可能性大?
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相


(C)arima0208

過去5年の宝塚記念で、4回馬券に絡んでいる牝馬。

ブエナビスタやジェンティルドンナという、牡馬を押しのけて一番人気になる名牝が出走していたという事実もありますが、昨年は9番人気のヴィルシーナが逃げ粘って波乱を演出しました。

今年は登録している5頭のうち、3頭がGⅠ馬。残り2頭もGⅠでの好走歴があるので、何が起こっても不思議ではありません。

それでは春のグランプリの鍵を握る、5頭の牝馬をチェックしていきましょう。

返す刀でゴールドシップら牡馬を斬る/ラキシス

今年の牝馬の中で、最も人気を集めそうなのがこの馬です。昨年の秋から4戦して、GⅠ1勝、GⅡ1勝2着1回という圧巻の成績。6着と掲示板を外した有馬記念も、タイムで見れば勝ち馬から0秒2と差はほとんどないため、十分評価に値します。

そして評価を確実なものにしたのが、前走の大阪杯です。

不良馬場をもろともせず、4コーナー11番手からキズナを上回る35秒9の末脚で突き抜けるという、牝馬とは思えないパフォーマンスを披露しました。

阪神は3戦2勝と相性の良い競馬場だったということもありますが、キズナを破ったのですから“本物”と判断していいでしょう。

ちなみに阪神コースは大阪杯で3勝目だったのですが、勝ったレースはすべて上がり最速をたたき出している点にも注目です。よほど仁川の芝が合っているということですね。

一気の距離延長で闘志を再点火/ヌーヴォレコルト

前走のヴィクトリアマイルは、一番人気ながら見せ場なく6着に終わりました。しかし今年初戦の中山記念では、2頭の皐月賞馬を向こうに回して混合重賞を勝っていることから、まだまだ見限ることはできません。

そもそも桜花賞3着からオークスで優勝と、距離延長して巻き返した実績の持ち主。今回も前走から600mも距離が延びますから、持ち前のスタミナが生きると考えられます。

またブエナビスタ、ジェンティルドンナといった先輩オークス馬も、4歳時の宝塚記念でそれぞれ2、3着と好走しているので、走りざかりの今こそ狙いたい一頭です。

【次のページヘ】デニムアンドルビーやディアデラマドレらの実力は?

ページ:

1

2

宝塚記念(2015年)1週前追い切り・調教診断!ラキシスらの状態は?

(C)arima0208

春のグランプリ、宝塚記念(GI/阪神芝内回り2200m)が6月28日に阪神競馬場で開催される。

3連覇を目指すゴールドシップ、キズナを破ったラキシス、ドバイ帰りのダービー馬ワンアンドオンリーら、GI馬たちが集結した。

最終追いきりの前に先週行われた1週前追いきりの様子を振り返っていこう。


ゴールドシップ|評価【7】
栗東│CW│良│7ハロン│一杯

昨年、一昨年に比べて量、質ともに全く劣らない内容となっている。頭が高いのはいつものことだけに、気にすることはない。前走の疲れも、これだけやっているのだからそれほど気にすることはないだろう。

ディアデラマドレ|評価【8】
栗東│CW│良│5ハロン│一杯

3頭併せで相手にはラキシスも。直線では前に2馬身ほど差があったが、ぐんぐん伸びていき、最後は1馬身ほどに詰め寄ってゴールとなった。ラスト1ハロンは11.8秒を計測していて内容は上々。最終追いきりでもいい動きを見せられれば圏内かもしれない。

トーセンスターダム|評価【8】
栗東│CW│不良│5ハロン│強め

併せ馬。時計は物足りなかったが、内容は上々。大きなフォームから力強く馬場を蹴りあげて鋭い伸びで相手をちぎってみせた。ゴールを過ぎてからも伸びていて、海外帰りの反動はなさそう。

トーホウジャッカル|評価【6.5】
栗東│坂路│良│4ハロン│一杯

約8カ月ぶりとなるため、乗り込みの量は多い。ただ動きはやはりまだ休み明けという感じ。使って良くなるタイプのため、まだズブさが目立つ。前への躍動感が足りないし、併せ馬も並べないまま1馬身遅れてしまった。最終追いきりで変わり身を見せない限り厳しいか。

ヌーヴォレコルト|評価【7】
美浦│南W│良│6ハロン│強め

時計的にはあまり特筆すべきものはない。ラストが13秒台というのも不満。ただ動きはよく、追ってからしっかりと伸びていた。体のバランスがよくないのは気になる。今週でびっしりと(時計も含めて)いい内容の追い切りを期待したい。

ラキシス|評価【8】
栗東│CW│良│5ハロン│一杯

ディアデラマドレらと3頭併せ。終始楽な手応えで隣の馬を見て走り、ステッキを入れてしっかりと伸びて半馬身先着。引き続き好調。

ワンアンドオンリー|評価【6】
栗東│坂路│良│4ハロン│一杯

併せ馬を行ったが、パートナーに後れを取った。しかも相手の鞍上はワンアンドオンリーが追い付いてくるのを待っていてこの内容。不満が残るため、最終追いきりで変わり身がほしい。

【関連記事】
トーホウジャッカルが宝塚記念で激走したら歴史的名馬になる可能性大?
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素

(C)masakin0712

こんなタイトルをつけておいてなんだが、ゴールドシップが3連覇を達成する可能性は高い。

宝塚記念で連覇を果たし、求められる要素が酷似している有馬記念で1度の制覇を含む3度の好走経験がある。適正に疑いの余地はなく、嫌える要素はない。「十中八九勝つ」と予想しても誰も疑わないはずだ。

ただし、今更ゴールドシップが買える理由をつらつら並べていっても面白くない。そういう記事を書いたら「バイエルンがブンデスで3連覇する!( ー`дー´)キリッ」とドヤ顔で言うくらい、周りから冷ややかな視線を送られるのは確実だろう。そんな勇気、僕にはない。

よって、これから不安要素を“こじつけ”ていきたい。言い切ろう。これから書くのは“こじつけ”だ。

とはいえ、競馬というのは案外“こじつけ”が正解だったりする。「まぁ買える要素しかないけど大外だから飛ぶんじゃね?」と半ば予想を放棄して買った時に限って単勝1.4倍の1番人気が12着になったりする。

ということで、「こじつけるのも競馬における大事な予想ファクターの一つ!」という強引な理論のもと、ゴールドシップの不安要素を探っていこう。


稀代の気分屋!走れる気分になるとは限らない

もう競馬ファンなら誰もが知っている。ゴールドシップは稀代の気分屋だ。

自分が走りたいと思えば走るし、「飽きたなぁ」「今日ダルいなぁ」と思えば走らない。ミュージックステーションのタトゥーばりに自分の部屋に閉じこもって出てこない。そんな時はオルフェーヴルという名のミッシェルガンエレファントが代わりに“伝説”を作ってくれるから競馬は面白いわけだが、兎にも角にもゴールドシップは気分屋で走らない時は走らない。

よって、いきなり理論をぶっ飛ばして恐縮だが「気分乗らなかったら走らないんじゃね?」という暴論が成り立ってしまう。

そう、気分が乗ると思えば1着固定で買えばいいし、乗らないと思ったら1円も買わなくていい。戦績を見てもそうだ。

(13−3−2−6)

2、3着が少なすぎる。勝つときは勝つし、勝たない時は馬券圏内にすら来ない。それがゴールドシップというタトゥー、じゃなかった、馬なのだ。

【次のページヘ】使い詰めの影響と長距離重賞連覇の余波って?

ページ:

1

2

(C)masakin0712

宝塚記念(GI/芝2200m)が阪神競馬場で6月28日に行われる。

注目はファン投票で1位となったゴールドシップだ。今年は天皇賞春を制し、GI6勝目を飾った。今回は史上初の同一GI競争3連覇がかる。産経大阪杯を勝った女王ラキシスも参戦。昨年のダービー馬ワンアンドオンリー、昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルも参戦するなど、今年も春のグランプリにふさわしい豪華なメンバーが集まった。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。


人気予想

1番人気 ゴールドシップ
2番人気 ラキシス
3番人気 ワンアンドオンリー
4番人気 ヌーヴォレコルト
5番人気 トーホウジャッカル

中穴人気…ラブリーデイ、トーセンスターダム、ディアデラマドレ、ションナンパンドラなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

出走予定馬一覧

馬名性齢
アドマイヤスピカ牡5
オーシャンブルー牡7
カレンミロティックセ7
ゴールドシップ牡6
ショウナンパンドラ牝4
ディアデラマドレ牝5
デニムアンドルビー牝5
トーセンスターダム牡4
トーホウジャッカル牡4
トウシンモンステラ牡5
ヌーヴォレコルト牝4
ネオブラックダイヤ牡7
ラキシス牝5
ラブリーデイ牡5
レッドデイヴィスセ7
ワンアンドオンリー牡4
ヴァンセンヌ牡6

【次のページヘ】中心となる有力馬は?宝塚記念の勢力図を予想!

ページ:

1

2

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る