ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?

(C)sleep

“3度目の正直”ということわざはゴールドシップのためにあった――。

少なくとも5月3日、淀の3200mに魅了された競馬ファンはそう考えたはずだ。

過去2回の天皇賞春では人気に支持されながら期待を裏切った。今回に関しても「2度あることは……」という声が少なからず聞こえていた。そんな中で何が起こったか、結果はご存知だろう。

なぜ“芦毛の怪物”は天皇賞春を制すことができたのか? 今回は“3度目の正直”の背景にある真相に迫ってみたい。

春の天皇賞2連敗の原因

今回の勝因を紐解く上で、過去2回の敗因に触れなければならない。過去2回の敗因は、この2つだと考えられる。

・速い上がりが求められるレース質
・京都の高速馬場

ゴールドシップは脚が遅い。33秒の上がりを求められるレースになると、どうしてもキレ負けしてしまう。過去2回の天皇賞春は高速馬場の中、上がりが求められるレース質になった。これでは出番は訪れない。

しかし、今回勝てたということは問題を克服できたということだ。どんなレースぶりだったのか、振り返ってみよう。

ロングスパートに隠された“思惑”

ゲート入りに苦労したゴールドシップはスタートで行き脚がつかず、最後方から競馬を進めた。いつもならこのまま最後方に待機し、最終コーナーでまくる競馬をしたはずだ。

しかし、鞍上の横山典弘騎手が動いたのは向こう正面だった。

例年、二周目の向こう正面というのはペースが緩む。最後の直線で余力を残しておかなければならないため、ここで動いたら普通は持たない。騎手としては「なんとかパートナーを抑えたい」という心理がはたらく。だから、積極的な競馬をする馬が少なく、落ち着いたペースになりやすい。

ただここでゴールドシップの敗因を思い出してみよう。

・速い上がりが求められるレース質
・京都の高速馬場

高速馬場はどうにもならないとして、問題は一つ目。速い上がりを求められるレース質になったらゴールドシップが負けるのは目に見えていた。勝つためには何かをしなければならない――。横山典弘騎手はそう考えた末、向こう正面からのロングスパートを選択したのだろう。

結果、レースは動いた。

最後方のゴールドシップが一気に押し上げたことで全体のペースは上がった。昨年のレースラップは残り1400m付近から「12秒9―12秒9―12秒3」と推移していたが、今年は「12秒3―12秒5―12秒」と、速くなっている。馬場差があるとはいえ、全体のラップを比較しても今年は明らかによどみがない。

向こう正面からペースが乱れて速くなるというのは、各馬が脚を溜めるタイミングを失ったことを意味する。直線の末脚に懸けていた“脚の速い馬”たちは、瞬発力を使う前にガス欠に陥ってしまった。

脚は遅いがスタミナのあるゴールドシップは向こう正面からレースを支配し、自身が得意とする底力勝負に持ち込んだわけだ。

上位に来たスタミナ自慢たち

いかに凄まじいスタミナ比べだったかは、上位に入った馬たちの血統を見れば容易に想像ができる。

ゴールドシップは言わずもがな。

※おすすめ記事→驚異のスタミナ!ステイゴールド産駒のJRA長距離GI勝率が11年以降60%に

2着のフェイムゲームはステイゴールドの近親で、母父アレミロードはスタミナ豊富なセントサイモン系。母母父ディクタスはナリタトップロードやヒシミラクルを生んだサッカーボーイの父だ。

3着のカレンミロティックはフェイムゲームと同じハーツクライ産駒。そして5着のネオブラックダイヤは母父エリシオ、母母父トニービンという“凱旋門賞血統”を詰め込んだ馬だった。

力が劣る人気薄がこれだけ上位に来ているのだから、スタミナ比べになったことに疑いの余地はない。ゴールドシップは自分の得意なフィールドを自ら作り上げ、天皇盾をつかむことに成功したのだ。

黄金コンビの航海は続く

まとめると、ゴールドシップと横山典弘騎手は自分たちの弱点を克服するため、ロングスパートという仕掛けを打った。横山騎手にとってゴールドシップの力を信じなければ、できなかった策だったのではないだろうか?

パートナーの能力を完全に把握して勝つために最善を尽くした横山典弘騎手、そして向こう正面から鞍上の“檄”に応えて3度目の正直を果たしたゴールドシップは、どちらも見事という他なかったのである。

次走に予定されている宝塚記念では3連覇がかかる。気まぐれだがやる時はやる愛すべき騎手と“芦毛の怪物”がどんな走りを見せるのか。「天才×天才」という黄金コンビの航海は続く。

おすすめコラム

キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない



JIN

JIN競馬TIMES編集長

投稿者プロフィール

東京都生まれ。スポーツ系出版社に入社してWEBや雑誌制作に携わった後、フリーランスに。2010年に開設した公式サイト『JIN競馬』でコラムや予想を執筆。2013年に『当たり馬券がザクザク!! サンデー系馬キャラ分析のツボ』を上梓。公式メールマガジンや株式会社マイナビの『競馬予想グランプリ』でプロ予想家として予想を提供中。公式サイト: http://jinkeiba.com/

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る