カテゴリー:回顧

キンシャサノキセキ産駒シュウジの血統や将来性は?中京2歳ステークス1着馬を徹底検証


7月25日に中京競馬場で行われた中京2歳ステークス(OP/芝1600m)で圧倒的1番人気に支持されたキンシャサノキセキ産駒のシュウジ(牡2)が期待に応える圧勝を見せた。

シュウジの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

シュウジは父キンシャサノキセキ、母カストリア、その父キングマンボという血統。

カストリアはシュウジ以外にスプリント路線で活躍したツルマルレオンを輩出。またしてもOP馬、重賞戦線で活躍できるレベルの馬を出したことになる。

シュウジは面白い血統構成をしている。まず父キンシャサノキセキは母父がリボーの系統のプレザントコロニー。ちなみにフジキセキも母父がリボー系のため、リボー(セントサイモン)の血を色濃く持っている。

さらに母父はキングマンボ、母母父がシルヴァーホークでロベルトの血まで入っている。

セントサイモン、キングマンボ、シルヴァーホークといえばタフな馬場やスタミナが必要なシチュエーションが大得意な代表的な血統である。

一見、キンシャサノキセキ産駒ということで軽そうに見えるが、実はかなり重たい血統といえるのだ。言い換えると底力があって大舞台でも活躍できるタイプと言える。

そもそもこの時期の中京マイルは暑くて馬場状態がよくないため、2歳の若駒にとって酷だ。そこで圧勝したのだから相当底力を秘めている可能性がある。

今後の路線は?

さすがにキンシャサノキセキ産駒ということで2000m以上になると厳しいだろうが、マイル以下なら高いレベルでも活躍できそう。

特に年末に行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI/阪神芝外回り1600m)は大目標の一つになるはずだ。好走するために底力が問われる阪神のマイルだが、この血統なら問題なくこなせそう。

将来的にはスプリント路線が主戦場になるだろうが、3歳ならマイル〜2000mでも勝負になるだろう。重賞戦線でも活躍できるか、まずは見守りたいところだ。

【関連記事】
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


日本ダービー・皐月賞・菊花賞(2016年)JRAクラシック番付牡馬編/7月第3週

(C)T.T

2016年のクラシックを目指す馬たちの戦いが始まった。日本ダービーが終わり、6月から2歳戦がスタート。すでにクラシックで活躍できそうな良血馬がデビューしている。

『競馬TIMES』では“クラシック番付”という形で若駒たちの動向を追跡し、どの馬が台頭してくるのか予想していく。

なお、ダービー、皐月賞、菊花賞では求められる要素が違うため、それぞれで必要になる能力に応じたランキングを作成した。今後、定期的にランキングを発表していくのでお楽しみに。

日本ダービー編

日本ダービーは東京芝2400mで開催される。“競馬の祭典”で求められる能力はなんといってもスピードと瞬発力だ。

また「ダービー馬はダービー馬から」の格言があるように、ディープインパクトキングカメハメハといった“クラシック血統”が強調できる。地味な血統の馬はどんなに良血でも、ここではマイナス評価となる。

横綱 ポルトフォイユ
大関 プロディガルサン
関脇 ロスカボス
大関 タニセンビクトリー ←NEW!!
関脇 レッドヴェルサス
小結 ―
前頭筆 ―

ニューエントリーはタニセンビクトリー。

福島の夏の新馬戦で芝1800mとしては史上最速のタイムを記録。パフォーマンス自体も秀逸で、能力が高いのは間違いなさそう。

血統的にもテイエムオペラオー、ステラウインドらの近親で、スケール感は悪くない。

直線が長い東京より小回りのほうが合いそうなタイプのためダービーでは伏兵までの評価だが、将来が楽しみな1頭と言えそうだ。

●詳細→タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?血統から素質馬の将来性を探る

ポルトフォイユは今年の日本ダービーに出走したポルトドートウィユの全弟。父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、母母エアグルーヴ、母母母ダイナカールという超良血馬だ。

デビュー戦はレッドヴェルサスを寄せ付けずに5馬身差の快勝を収めた。成長力のある血統だけに、これから力をつけていけばダービーに十分に届くはずだ。

●詳細→ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る

プロディガルサンは今年の皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティールの全弟。デビュー戦の内容はまずまずだった。将来性は折り紙つきなだけに、成長が期待される。

●詳細→超良血馬プロディガルサンが新馬戦を快勝!

マンハッタンカフェやダービーフィズ、クレスコグランドの近親のロスカボスも期待の1頭。デビュー戦は超スローペースを差しきり、素質を示した。重賞級のアストラエンブレムを抑えた点も評価が高い。

【次のページヘ】皐月賞編!ダービーとの違いが明らかに!

ページ:

1

2 3

桜花賞・オークス・秋華賞(2016年)JRAクラシック番付牝馬編/7月第3週

(C)T.T

2016年のクラシックを目指す馬たちの戦いが始まった。日本ダービーが終わり、6月から2歳戦がスタート。すでに牝馬のクラシックで活躍できそうな良血馬がデビューしている。

『競馬TIMES』では“クラシック番付”という形で若駒たちの動向を追跡し、どの馬が台頭してくるのか予想していく。

なお、桜花賞、オークス、秋華賞では求められる要素が違うため、それぞれで必要になる能力に応じたランキングを作成した。今後、定期的にランキングを発表していくのでお楽しみに。

桜花賞編

桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる。とにかく当コースは総合力が求められ、特にスピードと底力がないと乗り切ることができない。

ディープインパクト産駒の“庭”であり、キングカメハメハ産駒などのクラシック血統が力を発揮する。とにかくベタな血統で、瞬発力と底力を持つ馬を上位評価していく。

横綱 エスティタート
大関 メジャーエンブレム
関脇 デアリングエッジ
大関 アドマイヤリード ←NEW!!
関脇 リリカルホワイト
小結 シャクンタラー
前頭筆 ―

新馬戦で3着となりながら前回のランキングでランク付けしたデアリングエッジが順調に未勝利を突破した。

父はNHKマイルカップの覇者で桜花賞馬アパパネ、レッツゴードンキらを輩出したキングカメハメハ、母は桜花賞3着、NHKマイルカップ2着のデアリングハートという桜花賞に縁のある血統をしている。

パフォーマンス自体はそれほど高くないが、血統レベルの高さでどこまで成長を遂げるか。

新たにデビューした馬の中ではアドマイヤリードが光った。シルバーステート、オーバーカムといった素質馬が集まる新馬戦で豪快な差しきり勝ちを収めた。完全にスローの瞬発力勝負だったため、ペースが流れた時にどうか。また、馬体重が400キロを切るため、ここからの成長が期待される。

一番の素質馬はエスティタートか。兄弟にフラガラッハやイリュミナンスを持つ良血馬はデビュー戦を快勝。パフォーマンスはまずまず高かった。父ドリームジャーニーがどこまでやるかは未知数であるものの、期待を持てる1頭だ。

●詳細→エスティタートの血統や将来性は?武豊騎手でデビュー勝ちの素質馬を徹底分析

メジャーエンブレムは新馬戦で牡馬を一蹴。スローペースを前々で押し切った内容はあまり評価できないが、伸びしろはありそう。

リリカルホワイトはオークス3着のアイスフォーリスの妹。父がステイゴールドからダイワメジャーに変わったことで短距離寄りにシフトしていると考えられる。狙うならオークスより桜花賞か。

【次のページヘ】オークス編!桜花賞との違いは?

ページ:

1

2 3

ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析

(C)minafl

7月19日に函館競馬場で行われた函館記念(GIII/芝2000m)は、3番人気のジャングルポケット産駒ダービーフィズ(牡5)がハギノハイブリッドとの叩き合いを制して重賞初制覇を達成した。

ダービーフィズの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

ダービーフィズは父ジャングルポケット、母マンハッタンフィズ、その父サンデーサイレンスという血統。

母マンハッタンフィズは繁殖牝馬として大変優秀で、コロンバスサークル、アプリコットフィズ、クレスコグランド、シャンボールフィズと活躍馬ばかりが名を連ねる。

というのも、マンハッタンフィズはマンハッタンカフェの全姉であり、ビワハイジと同じ一族(=ブエナビスタ、アドマイヤオーラ、アドマイヤジャパンらの近親)という超良血ファミリーの出身なのだ。産駒が活躍馬ばかりというのも頷ける。

重賞レベルで活躍しても何ら不思議のない血統構成と言える。

また、スタミナが求められる函館記念に合った血統とも判断できる。ジャングルポケットは菊花賞馬オーケンブルースリや天皇賞春馬ジャガーメイルらを輩出、その父トニービンは凱旋門賞馬というスタミナ血統なのだ。さらにダービーフィズの場合、母母父にアイルランドダービー馬のローソサエティが入っている。母父サンデーサイレンスが重さを緩和させているとはいえ、欧州中距離GIの血が満載のタフな血統なのだ。

全姉のアプリコットフィズが札幌競馬場で行われたクイーンステークスを勝ったことも適性の高さを示している。

スタミナ満点、洋芝適性も問題なしという、函館記念に打ってつけの血統というわけだ。

【次のページへ】ダービーフィズの将来性は?

ページ:

1

2

タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?血統から素質馬の将来性を探る


7月18日に福島競馬場で行われた2歳未勝利(芝1800m)で圧倒的1番人気のタニセンビクトリー(牡2)が圧勝した。

中団から競馬を進めたタニセンビクトリーは抜群の手応えのまま、向こう正面で先頭に。そのまま3、4コーナーを楽な手応えで回ると、直線では後続を一気に引き離してゴール。最後の100mは馬なりという圧巻の内容で初勝利を挙げた。

このパフォーマンスは過去の新馬、未勝利戦を振り返ってもとてもレベルが高いものだった。むしろ、過去に例を見ない素晴らしい走りだったといえる。

いかに素晴らしい走りだったのか。過去の例を挙げて考察していこう。

秀逸なタイム

何より時計の面でとても強調できる。

タニセンビクトリーの走破タイムは1分48秒5だった。この時期の2歳戦、しかも馬場がタフなこの時期に1分48秒台を叩きだすのは簡単ではない。

7Rの3歳未勝利はハイペースになったため0.3秒ほど速い時計が出た。ただし、タニセンビクトリーはラストを流していたため、しっかりと追っていれば同じようなタイムが出たと考えられる。

また、最終12Rの3歳500万条件は1着のタイムが1分48秒8。タニセンビクトリーのタイムのほうが速かった。

さらに今年の2歳戦を振り返ってみると、芝1800mの最速タイムは7月4日にネコダンサーが記録した1分49秒4。このタイムを1秒近く上回っている。

当日や今年の2歳戦と比較すると、1分48秒5が秀逸なタイムだったことが伺える。

福島夏史上最速タイム

さらに歴史を振り返ってみよう。

夏に行われる福島芝1800mの2歳戦という括りで見ると、1分48秒台を記録したのはなんと今回が初めて。

それどころか、この条件では1分49秒台を記録したことも過去に2回しかない。

1回は前述のとおり、ネコダンサーの未勝利戦。そしてもう1回は昨年、コメートが記録した1分49秒2だ。コメートが後にホープフルステークスで2着となり、日本ダービーで掲示板に載ったのは記憶に新しい。

同世代との横の比較、さらに歴史という縦の比較で考えてもパフォーマンスはなかなかのもの。今回の走りを見る限り、「重賞級」と判断してよさそうだ。

【次のページへ】タニセンビクトリーの血統評価は?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る