カテゴリー:コラム

なぜキタサンブラックと武豊騎手は復活できたのか?天皇賞秋を勝てた5+1の根拠

(C)Yushi Machida‏

なぜキタサンブラックと武豊騎手は復活できたのか?天皇賞秋を勝てた5+1の根拠

現役最強馬と天才が作り上げた感動的なシナリオだった。

2017年10月29日、東京競馬場で天皇賞秋(GI/芝2000m)が行われ、1番人気のキタサンブラックが2番人気サトノクラウンとの叩き合いを制してGI6勝目を手にした。不良馬場の消耗戦となった中、底力を遺憾なく発揮した。そして、その鞍上には武豊騎手の姿があった。

しかし、なぜ宝塚記念で惨敗を喫したキタサンブラックは復活を遂げられたのか?

実は、彼の復活は事前に予見されていた。なぜなら、数々の根拠が復活の必然性を物語っていたからだ。


復活の5つの根拠

レース前、競馬TIMESでは「キタサンブラックと武豊騎手は天皇賞2017春秋連覇へ?復活する5つの根拠」と題し、特集記事を掲載した。

キタサンブラックと武豊騎手は天皇賞2017春秋連覇へ?復活する5つの根拠

それぞれの項目を抜粋して振り返っていくことにしよう。

期待① 2000m以下の抜群の安定感

まずは距離だ。キタサンブラックは天皇賞春を連覇するような馬だが、実は2000m以下のほうが安定して走っている。


2000m以下(4−1−1−0)
2000m以上(6−1−2−2)

2000m以下ではいまだに好走率100%。うち1勝はGI大阪杯だ。

これで2000m以下のレースは(5−1−1−0)。GI2勝、いまだに好走率は100%という圧倒的な成績を誇っている。

期待② 休み明けの好成績

休み明けの成績は……

(3−1−0−0)

うち1勝は大阪杯だ。しっかりと余力のある状態のほうが、この馬にとってはいいのだろう。

余力たっぷりだったため、不良馬場も問題なくこなすことができたわけだ。

期待③ 抜群の枠順〜自分のペースで競馬ができる〜

キャリアで惨敗を喫した宝塚記念と日本ダービーの共通点を探るとするなら、枠順だった。外枠に入って先行する際に脚を使ってしまう、あるいはうまく先行して自分のペースを築けなかったことが大敗の大きな原因だった。

これに関してはやや出負けしてあまり功を奏さなかったようにも見えるが、結果的に他馬が膨れて距離ロスをする中で内々を通ってスムーズにポジションを上げることができたのは大きな勝因の一つだったと言っていい。外枠であれば、できる芸当ではなかっただろう。

期待④ 馬場の悪化も問題なし

週末は台風の影響で雨になる可能性が高いようだが、馬場が悪化しても問題はないだろう。


前走の宝塚記念は馬場云々より自分の競馬をできなかったことが敗因だった。

馬格があってパワーがある、しかも血統的にも道悪が得意なブラックタイド産駒というだけあって(※詳細は道悪血統考察を参照)、馬場の悪化による影響を受けるとは考えづらい。むしろ、ライバルとなるディープインパクト産駒のほうがパフォーマンスを下げる可能性が高いだけに、キタサンブラックにとっては“恵みの雨”となるかもしれない(この馬の場合は恵まれなくても勝てる力を持っているが。)

道悪を全く苦にすることなく、2000mを駆け抜けてみせた。一方、期待されたリアルスティールやサトノアラジンといったディープインパクト産駒は馬券圏外に去った。

期待⑤ 要するに、何もかも条件は好転

ただでさえ上記したプラス要素があることに加え、今回は宝塚記念からの上げ幅が相当あることが予想される。

・天皇賞春の反動 → 休み明けで余力たっぷり
・過去10年で春古馬王道路線連覇はなし → 天皇賞秋を休み明けで勝つ実力馬は多数いる
・グランプリは3回走って勝利ゼロ → 実績のある東京GI、2000mGI
・叩き3戦目はパフォーマンスを落とす傾向に → 休み明け
・武豊騎手もグランプリは久しく勝っていない → 天皇賞秋5勝、昨年はJCを制覇

要するに「本来のキタサンブラック」が帰ってくる可能性は十分なのだ。

これだけのプラス要素があれば、キタサンブラックが復活してのも「必然」と言い切っていいいのではないだろうか?

天才・武豊の判断力

そして最後に、武豊騎手の経験と判断力を勝因に挙げずにはいられない。

スタートが失敗したことで必ずしもスムーズな競馬ではなかった。しかし、その中で慌てず騒がず、徐々にポジションを上げて4コーナーでは先頭に並びかける位置にまでポジションを上げた。この間、「進路をどこに取るか」「少しでも馬場のいいところはどこか」「いつ上がっていくか」など、様々な判断が求められる場面に直面していたはずだ。

それらのハードルをスマートに飛び越えて迎えた直線。馬場のいいところを通るために外へ外へキタサンブラックを導き、同時に最大のライバルであったサトノクラウンを(妨害のない絶妙な距離感で)牽制し、主導権を完全に握った。


まさに「人馬一体」という言葉がふさわしい、歴史的なレースだった。

残り2戦。キタサンブラックと武豊の伝説の続きは?

さて、残すところ、泣いても笑っても2戦となった。ジャパンカップと有馬記念で、キタサンブラックと武豊騎手はどんなレースを見せてくれるのか。

もうその勇姿を見られなくなる悲しさを胸に秘めつつ、競馬ファンが楽しみでやまない残り2戦となりそうだ。


馬単の買い方、長所と短所とは?ボックスとフォーメーションを徹底分析


馬券の買い方は競馬ファンにとって永遠のテーマです。

いい予想ができても、買い方を間違えれば嬉しい気持ちも半分になってしまいます。反対に予想が微妙だったとしても、うまい買い方をすれば大きな回収が期待できます。

単勝、複勝、ワイド、馬連、馬単、三連複、三連単と、それぞれの馬券の特性を知り、工夫を重ねることが大事になってくるでしょう。

今回は馬単について見ていきます。馬単に関する基礎的な知識、メリットとデメリット、効果的な買い方とは、どんなものなのでしょうか。


馬単とは?

馬単は1着馬と2着馬を、順番通りに当てることで的中となる馬券です。馬連との違いは、馬連が1、2着の順番がどちらでもいいのに対し、馬単は1、2着の順位を当てる必要があります。

例えば下記のようなレースがあったとします。

1着 1番 ウマタンファースト
2着 2番 ウマタンセカンド

この場合「馬単1番→2番」の馬券を持っていれば的中ですが、「馬単2番→1番」は不的中です。

馬連より的中率が低い分、馬単のほうが配当は高くなります。


馬単の歴代配当は?

馬単は1着と2着の馬を当てるというシンプルな馬券ですが、一撃100万円を超える大穴馬券が出現することもある、爆発力の高い券種です。

馬単歴代配当ベスト10

年月日回場払戻金
12006
09/09
3中京
1/3R
\1,498,660
22005
10/22
4東京
5/12R
\1,021,160
32010
11/20
6京都
5/7R
\906,220
42010
06/20
2福島
2/1R
\884,910
52012
11/25
5東京
8/9R
\717,850
62014
07/27
3中京
8/7R
\716,070
72006
01/07
1京都
2/2R
\710,670
82010
10/03
4中山
8/8R
\684,240
92005
07/09
3阪神
7/2R
\661,690
102008
03/16
2中山
6/12R
\655,240

馬単ボックスとは?

ボックスとは「選んだ馬の全ての組み合わせを買う」形式の馬券です。

「1着馬と2着馬を順番通り当てる」のが馬単ですが、「混戦でハッキリとはわからない」という場合にはボックス買いも有力な買い方です。なお、的中率は馬連と同じようになりますが、人気馬が1着に来ると配当は低くなり、人気薄が1着に来ると配当が高くなる、という特徴があります。

例)
馬単BOX 1・2・3・4

[的中となる組み合わせ]
1→2 1→3 1→4
2→1 2→3 2→4
3→1 3→2 3→4
4→1 4→2 4→3

馬単フォーメーションとは?

フォーメーションとは「1着、2着ともに、1頭以上選択してすべての組み合わせを買う」形式の馬券です。いわゆる流し馬券の延長戦上にある買い方と捉えるとわかりやすいでしょう。

例)
馬単フォーメーション 1・2→3・4・5

[的中となる組み合わせ]
1→3 1→4 1→5
2→3 2→4 2→5

馬単ボックスの点数は?

一見すると点数を把握するのがめんどくさそうな馬単ボックスですが、計算方法はシンプル。

≪A×(A−1)≫で、OKです。


例)
馬単5頭ボックス
5×(5−1)=20 合計20点

馬単フォーメーションの点数は?

馬単フォーメーションの場合、1着と2着に選択した馬が重複する場合とそうでない場合で計算方法が異なりますが、計算は簡単です。

1着馬と2着馬の重複が無い場合
≪1着馬A×2着馬B≫
1着馬と2着馬の重複がある場合
≪(1着馬A×2着馬B)−A≫で、OKです。

例)
馬単フォーメーション 1・2・3→1・2・3・4・5の場合
(3×5)−3=12 合計12点

馬単の的中率は?

馬単馬券は18頭立ての場合、的中確率は306分の1です。

2016年1年間の馬単平均配当が約1万1871円。

全通り購入した場合の回収率は59.2%です。

中央競馬の場合、馬単の控除率は75%。

控除率よりも全通り買った場合の回収率が低いということは、勝っている人が多数存在するということ。

的中率と回収率の関係から考えると、予想力さえあれば勝てる馬券と考えられます。


馬単ボックスのメリット

基本的には勝ち馬が予想出来ている時に、そこから流して買うのがセオリーと言われる馬単ですが、混戦レースなどではボックス買いで配当期待値を追うのも有力な選択肢です。

基本的に単勝の延長線上にある馬券なので、穴馬が激走して1着になれば、断然の1番人気が2着に入ったとしても万馬券が出現する場合が多々あります。

馬単ボックスのデメリット

似たような性質の馬連と比較して、購入点数が2倍になる馬単。ボックスの場合も同様です。

また、単純に不的中時のリスクが高くなる、というのがデメリットではあります。

ただ、結果的に馬連配当の2倍以上の払い戻しを受けられることも多くあるので、リスクよりもリターンを求める方にとってはそれほど大きなデメリットではないでしょう。

馬単フォーメーションのメリット

ある程度勝ち馬を予想できている場合、そこから複数に流すだけでいいので、ボックスと比較して購入点数を少なくおさえることができます。

最小限のリスクで大きなリターンを狙えるという観点からは非常に有力な買い方と言っても差し支えないでしょう。

馬単フォーメーションのデメリット

購入点数をおさえることが出来る反面、勝ち馬を当てる能力も問われます。

レース中にアクシデントや不利があって、予想した馬が2着に敗れてしまった場合、逆転候補以外の馬が勝ち馬になることも、よくあります。

そういった時に「ボックスにしておけば良かった」なんてハズレ方をしてしまうことがあるのは、デメリットと言えるかもしれません。

初心者におすすめの馬単ボックス活用法

大混戦の様相を呈しているレースや、有力馬はハッキリしているけど難解な一戦と言える状況では、馬単ボックスが有効です。

波乱の決着になれば万馬券の的中も当然ありえます。

堅めの決着になったとしても、5〜6頭程度のボックスであれば、手痛い負けを喰う事も少ないでしょう。

初心者におすすめの馬単フォーメーション活用法

まずはハッキリと勝ち馬が予想できる場合。この状況なら、相手に何頭か流して的中すれば、単勝を買うよりもお得になる場合が多いです。

次に、断然の1番人気馬が勝ち切れないタイプの場合。この場合は、その馬以外の相手を1着に記入して、1番人気馬を2着に固定することで利益の最大化を狙うことが可能です。


なぜ菊花賞で血統が重要なのか?過去の結果から導く根拠

(C)馬空-競馬写真館-

あなたも、一度は聞いたことがあるのではないだろうか?

「菊花賞では血統が重要」

そう、菊花賞は一年で最も出走各馬の血統に注目が集まるレースなのだ。普段は血統を気にしない人でも、菊花賞だけは血統表を見てしまう。そんな経験がある人も、周りに多いのではないだろうか。あるいはあなた自身が、「そんな経験のある人」かもしれない。

しかし、なぜ菊花賞では血統が大事と言われるのだろうか?

今回はそんな疑問に、迫っていくことにしよう。


血統に注目が集まるワケ

結論から言えば、菊花賞が「未来を予想するレース」だからだ。

一般的に競馬予想というのは「過去」にスポットライトが当たりやすい。

「前走の内容が良かった。今回は力が違う!」

「調教があまり良くなかったから、今回は買わないでおこう」


「前回、同じ条件を走ったときのタイムが良かったから適性があるはず!」

どんな予想を行うにしても「過去」と強く紐付いている。

しかし、菊花賞の場合は過去から結果を導くことが難しい。なぜなら、出走馬のただ1頭も、3000mという距離を経験したことがないからだ。

「2000mで強くても、3000mで強いとは限らない」

「調教ではよかったけど、3000mを走るとなると……?」

「京都でいくら強い勝ち方をしていても、3000mもスタミナがもつか分からない」

そんな考えが浮かんでくるのではないだろうか?

では、そういった疑問に答えを出すにはどうしたらいいか。考えた末に行き着く先が、血統というわけだ。

未来を予想することができる予想法

少し大げさな言い方をするとするなら、血統は「未来を予想することができる予想法」ということができる。

血統予想は、その血統が秘めたポテンシャルから、予想の結果を導く予想法である。だからこそ、過去の戦績が参考になりづらい菊花賞で真価を発揮するというわけだ。


例えば少し古い例を挙げるなら、菊花賞といえば「ダンスインザダークを買えばいいレース」だった。

—————————————————————
種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
—————————————————————
ダンスインザダーク 27.3% 45.5% 768 432 3- 2- 0- 6/11
—————————————————————

単勝回収率はなんと768%。半数近くの出走馬が激走し、とんでもない回収率を叩き出している。この傾向を見て「血統は関係ない」などということはできないだろう。

今年も血統に注目し、菊花賞に向いた血を持つ馬を探し当てることができれば、的中へ大きく近づいていくはずだ。


「菊花賞は強い馬が勝つ」は本当か?過去の歴史から紐解く名馬の条件

(C)sleep

皐月賞は速い馬が勝つ。

ダービーは運のいい馬が勝つ。

菊花賞は強い馬が勝つ。

競馬で昔から言われる格言だ。21世紀に入ってからはレース形態の変化から長距離レースの権威が落ちてきてしまっているものの、ここ最近は長距離GIが見直されつつある。

菊花賞で勝ったサトノダイヤモンドと、菊花賞および天皇賞春を制したキタサンブラックが現役最強馬争いを繰り広げているからだ。また、近年の菊花賞を勝ち馬を振り返っても同じことが言える。

トーホウジャッカルこそ、故障によって真価を発揮できなかったが、2013年の勝ち馬エピファネイアは後にジャパンカップを圧勝。2012年の勝ち馬ゴールドシップは有馬記念や宝塚記念を制してGI5勝を挙げた。

そして2011年の勝ち馬オルフェーヴルはクラシック3冠に加え、有馬記念(2回)と宝塚記念を制覇。そして凱旋門賞で2度2着になったことは、今なお記憶に新しい。

格言に修正を加えるなら?

近年の菊花賞の傾向を汲み取るとすれば、上記した格言には若干の修正が必要である。

菊花賞は「勝った馬が強い」とは必ずしも言い切れない。どの馬にとっても未知数の長距離戦ゆえに、フロックが起こってしまうことも稀にある。

だからこそ、こう表現してみてはどうだろうか。


「菊花賞は強い馬が“勝つべくして”勝つレース」

菊花賞では「3000mを走りきるスタミナ」と「軽い京都の芝コースで切れ負けしないスピード」が求められる。言ってみれば、極めて総合力が問われるレースなのだ。だからこそ、本当に強い馬が出てきた場合、その馬に抗うすべはない。

ディープインパクトも、オルフェーヴルも、ゴールドシップも、エピファネイアも、そしてサトノダイヤモンドも、圧倒的な一番人気に応えるべくして応えてきた。言ってみれば「必然の勝利」だったのだ。

さて、今年はどの馬が勝つのだろうか。その馬の将来には、さらなる栄光が待っているのだろうか。

そう思いを馳せる菊の舞台が、間もなくやってくる。


しくじらないで!競馬デートで起こりがちな3つの失敗とは?

(C)Yusuke Tsutaya

今まで「女性が教える『競馬場デートの誘い方』とは?JRAのCMを実践しよう!」、「競馬デートの“鉄板”とは?女性がオススメするのは「踏み切ってジャンプ」!?」と題し、競馬デートについてお伝えしてきました。

今回は実際にありがちな“失敗談”を見ていくことにしましょう。

レース以外にもレジャー施設として人気のある競馬場。楽しいはずの競馬デートが、レースに夢中になってしまって、いつのまにか……なんてならないか、気になりますよね。

高確率でしくじる行動、あるあるパターン3つをご紹介します。


予想に夢中で彼女を放ったらかしに…

競馬に慣れている彼女なら良いですが、初めて競馬場にくる女性は雰囲気に飲まれてしまうという人も少なくありません。

いろいろと彼に聞きたいことがあるのに、その彼がレース予想に夢中では、その後の雰囲気の回復が難しいかもしれません。

彼女の予想に「それはありえないよ」など罵倒したりするのはやめた方が良さそうです。

食べ過ぎ、飲み過ぎにも気をつけて

場内にはたくさんの出店がありますよね。見ているだけでお腹が減ってきてしまいますよね。中でも、時間がない中で片手で食べられるハンバーガー。とっても美味しいですが、服は汚れるわ、口は汚れるわ、美味しいのですが、食べるのが大変です。

無難に場内のレストランで済ませるのが良いでしょう。また当たり前の事ですが、お酒の飲みすぎには気をつけましょう!


前もって「●●●」と連絡を忘れずに

楽しみのデートの日、気合いを入れてヒールの高い靴を履く女性も多いです。ですが、ヒールで広い場内を歩き回るのは、時間が経過するにつれて苦痛なものです。これでは競馬どころではなくなってしまいます。

あらかじめ、「スニーカーやローヒールの靴で来てね」と伝えておくことで、「気が利く人」と女性からの印象もアップするでしょう。

自分の慣れた場所でも、気を抜かずに遊びましょう。

競馬場を「面白い」と思ってもらうために…

以上の3つ行動は周りでもよく聞くお話です。競馬デートにも、普通のデートにも通じる部分がありますね。

せっかく自分の良く知る場所でデートが出来るんですから、「やっぱり面白くないな」なんて思われてしまったら、非常にもったいないですよね。

相手への気遣いを忘れずに、楽しい時間を過ごせるように、配慮するのを忘れないようにしてみてくださいね。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る