シャドウアプローチはきっと強いよ?函館2歳Sまさかの除外も今後に注目したい理由

好走血統に合致

シャドウアプローチは血統面を見ても面白い存在だったと言えます。注目したいのは母父のフレンチデピュティです。

函館2歳Sでは早熟性の高いアメリカのダート血統を持つ馬が好走する傾向にあります。例えば昨年は父スタチューオブリバティ(ストームバード系)、父フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)、父ヨハネスブルグ(ストームバード系)の3頭で決着しました。

特に父フレンチデピュティだったタケデンタイガーは11番人気という超人気薄でした。

シャドウアプローチは母父がフレンチデピュティなので、好走できる可能性を秘めた血統と言えました。

しかも最近では近親のミュゼスルタンが新潟2歳ステークスを勝っています。2歳重賞にも縁がある血統というわけです。

高いパフォーマンスと過去の好走馬に共通する血統――。

返す返す、除外が悔やまれるところですね。

活躍の舞台は他にもあるはず

もっとも、函館2歳Sだけが彼の本領を発揮できる舞台ではないはずです。

たとえば札幌競馬場で8月下旬に行われるクローバー賞(芝1500m)、同場で9月上旬開催のすずらん賞(芝1200m)などが選択肢となるでしょう。

おそらく距離も1200mにこだわる必要はないはず。父のジャングルポケットはダービー馬なのでスタミナが豊富ですし、母母のマルカコマチは秋華賞で6着の実績を持っています。もう少し伸びても平気でしょう。

どんなレースを使うにしても、好勝負になるはず。今後の活躍に期待したいですね。

【関連記事】
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?将来性を探る
ゴールドシップは引退レースをのために壮大な前振りをしたに違いない
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?

おすすめの記事