(C)minafl

ディープインパクト産駒のレガッタ(牡3)が引退したことが分かった。7月23日の時点で登録が抹消されている。

レガッタは2014年11月、京都芝外回り1800mで行われた新馬戦でデビュー。福永祐一騎手を背に快勝を収めた。しかし、きさらぎ賞で4番人気に、若葉ステークスで3番人気に支持されたが、いずれも馬券に絡むことができなかった。その後、詳細は明かされていないが登録が抹消となっている。

レガッタは父ディープインパクトに加え、母がGI3勝のスイープトウショウという良血馬。近親にはトウショウフリーク、トウショウカズンといった活躍馬がいる。

偉大な母を持つこともあって将来が期待されていたが、無念の登録抹消となってしまった。

【関連記事】
シャドウアプローチはきっと強いよ?今後に注目したい理由
ダービーフィズの血統や将来性は?函館記念1着馬を徹底分析
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?

おすすめの記事