イスラボニータの血統や次走、将来性は?マイラーズC制覇と安田記念


(C)はねひろ

4月23日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)は、2番人気のフジキセキ産駒イスラボニータ(牡6)が直線で抜け出して1番人気のエアスピネル(牡4)らをおさえて勝利を収めた。

イスラボニータの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

フジキセキ
イスラコジーン
母の父Cozzene
母の母IslaMujeres
性別
馬齢6 歳
生年月日2011年5月21日
毛色黒鹿毛
馬主(有)社台レースホース
調教師栗田博憲(美浦)
生産牧場(有)社台コーポレーション白老ファーム
産地浦河町
馬名意味美しい島(西)

血統評価は?

フジキセキ産駒は京都の重賞でいい成績を残している。

イスラボニータ自身、マイルチャンピオンシップで2、3着の実績がある。同じ舞台でサダムパテックがマイルチャンピオンシップをGIを勝っているし、イスラボニータにとって、まずまず合った舞台だったと言える。

フジキセキ産駒の京都重賞における成績を見てみると……

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
フジキセキ11.8%32.4%87103

集計期間:2010. 1. 5 ~ 2016.11.20

こういった具合に。

もっとも、今回は血統に加えてクリストフ・ルメール騎手のアシストが大きかった。

マイラーズC2017結果・動画│イスラボニータが優勝!勝因、敗因は?


ここで触れたように、今回のマイラーズカップはかなりのスローペースだった。開幕週だったこともあり、馬場は内が有利。加えてスローペースとなると、内、先行馬が圧倒的に有利なレースだったといえる。

イスラボニータは大外11番枠だった。普通なら外外を回してしまい、直線で内の馬に足元をすくわれているところだった。

しかし、ルメール騎手は向こう正面でうまいポジション取りをすると、コーナーではラチ沿いから1、2頭目の位置を確保した。全くロスすることなく、競馬を進めることができたわけだ。

なかなか勝ちきれない馬だったが、血統があったことに加えて騎手のアシストもあったことで、久々の勝利を勝ち取ることができたのだ。

次走は?

次の目標は、当然のことながら安田記念になるだろう。

絶対王者のモーリスが引退した今、十分にチャンスがあると考えられる。

ただし、安田記念はもともとサンデーサイレンス系の馬が苦手としているレースだ。例えば過去の実績を見てみると……

馬名性齢着順人気
イスラボニータ牡54
ロサギガンティア牡55
サダムパテック牡617
サダムパテック牡5138
サダムパテック牡41
クレバートウショウ牡58
フジサイレンス牡61616
フジサイレンス牡51618
オースミコスモ牝41517
ダイタクリーヴァ牡5178

集計期間:2002. 6. 2 ~ 2016. 6. 5

ご覧の通り、勝ち星どころか、3着以内に入ることすらできていない。そもそもフジキセキ産駒の出走が10頭しかない、というのも驚くべきことだろう。あまりこの舞台に向いていない、というのが容易に想像できる。

果たしてイスラボニータは安田記念を勝ち取ることができるのか? 現時点では簡単な戦いにはならなさそうだ。



この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る